芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

都市伝説

都市伝説 伝染病とフリーメイソン

投稿日:2015年12月5日 更新日:

sponsoredlink


伝染病とフリーメイソンとの関連性…、予言者の予言と重なるのは何故?!

昨日から続いて、未来からの警告シリーズ。しかも今回で第9回目になるんですが…。

結構、皆さんも都市伝説って聞いて、何を連想されますか?私は実を言うと…、

東京とか大阪とか、海外だとニューヨークとかワシントンとか、

そういう世界的に有名な都市の伝説のこととかって

思っていましたよね。恥ずかしながら…(;^ω^)

しかし、色々と調べていくと…、意外にもこんなに興味深い事なんだなぁ~と分かってきました。

しかも、これから先(未来)との関連性も十分にあるということ、

しかもあの友愛団体「フリーメイソン」「イルミナティ」

などが関係している事と、色々な「文明」などとの、

関連性もあるということが分かってきた感じですかね?!

さて、今回はタイトルにもありますが、「伝染病と、

フリーメイソンと予言者」について書いてみたいと思います。

 

人口削減計画とフリーメイソンと予言者の関連が…?!

2014年までにアフリカ大陸などで伝染病の「エボラ熱」という伝染病が大流行しましたよね。

2015年に入りだいぶ落ち着いてきた感じみたいですけど、

なぜこんな時代になって(科学が発展したのに…)

こういった伝染病が流行り出すのでしょうか?

私は不思議に感じましたよね、この事がニュースで放映されていた当時はね。

だって、衛生的には先進国はもちろん、発展途上な国でも、

そんなには衛生面ではひどくはないと思っていたのに…。

しかも、アジア地域、南アメリカ地域などの発展していない国には伝染していないのに…。

不思議に感じていたのは…、私だけなんでしょうか?

私も何度か海外に行って、先進国に行ったり、発展途上国に行ったりしていましが…、

こんなにひどい「伝染病」は聞いたことがありませんでした。

しかも、「エボラ出血熱」は致死率50%を超える

 

感染症なんですよね。しかもワクチンがなく、

事実上、打つ手がないと言われていますよね。

しかし、2015年に入りだいぶ終息しているとも言われているようですね。

sponsoredlink

そして、この伝染病に陰謀説と言っている人がアメリカ人のベンジャミン・フルフォード氏みたいですね。

しかも911テロも実は陰謀説とも言っていた方みたいですね。

しかも、この方が言うには…、こういった伝染病はある、

裏組織によるものだと言われているみたいですね。

しかも、この「エボラ出血熱」のワクチンを開発、そしてだいぶ回復してきているみたいですね。

 

その新薬を開発した国がなんと…ア・メ・リ・カ人みたいです。

アメリカといえば…、「フリーメイソン」が浮かんできますよね。

こんなにもタイミングがいいとは…。なんかね…。

そして、私もだいぶ前に書いた、「人口削減計画」…。

人口削減計画…

これとも関連してくるし、前回の「予言者」の中でも、

何年かに、1回は人々が死んでしまうぐらいの伝染病が流行ると、

予言していますよね。アフリカ大陸に2015年半ばに

食料・水が不足して深刻な状況…、そして伝染病も強い危険性が…、

と言っていたみたいですしね…。ちょっとタイミングが良すぎではないでしょうか?

 

今後は…?!

そして、伝染病の後に起こることとは…、「人口削減」ということに…、なりませんか?

無理につけすぎていますかね?しかし、人口削減するには、

大量になくす…、なんか、意図的に誰かが仕組んでいたとしてら…

ちょっと恐ろしいですよね。

今回とはあまり関係ないかも知れませんが、お金(紙幣になっている人)は…フリーメイソンだとか…。

それに前の1000円紙幣は…、野口英世、彼は細菌学者だし、今回のこの伝染病は…?!

しかも、病気が流行れば薬・ワクチンなどが必要、

しかも大量のお金が動く…、お金にはフリーメイソンが絡む…かも?!

そのほかの、伊藤博文・福澤諭吉・それに…聖徳太子…、

皆さん「フリーメイソン」なんですかね?!信じるか…信じないかは…。

 

sponsoredlink

-都市伝説
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.