いま話題のトレンドニュース

芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

都市伝説

コロッセオってどれだけすごいの…?!

sponsoredlink

01a

2000年もの間、健在の建物…古代ローマの建造物

世界的にも有名な「コロッセオ」…、歴史のロマンを感じる謎が多いものではないでしょうか?

そんな神秘的ベールに包まれているコロッセオってなんか、気にはならないでしょうか?

私もそんな建造物はとても気になってしまいますよね。しかし、そんな建造物も世界には沢山あると思います。

エジプトのピラミッドや、メキシコのピラミッド、イギリスのストーンヘッジなど…、

まだまだ色々あるとは思いますが、皆さんはどうでしょうか?

そんな、世界の七不思議ではありませんが、何故、こんな長い間、建っていられるのか?

しかも、修正とかしているのか…そんな事を考えてしまうと睡眠不足になってしまう…。

そんな中で、今回は「コロッセオ」について紹介したいと思います。

コロッセオの謎とは…

コロッセオの謎とは…。なんかスゴいきになってしまいますよね。

その中でいくつか上げるとしたら…

・2000年も前に何故あのような建造物が建築できたのか?

・長期に渡ってあんな巨大な建造物が健在しているのか?

・何故殺し合いなどの催し物をしたのか?

等のことなんです。

2000年も前に何故、あのような建造物が出来たのかということなんですが…、

コロッセオが建築されたのはなんと、西暦70年から80年の間と言われているそうですね。

03068x

西暦70年って…、いつ?!って感じですよね。現在は西暦2016年なんで…、

単純に計算しても約2000年近くになりますよね。建築されてからそのぐらい経つんですね。

コロッセオの建造物としては…

・長径:188m

・短径:156m

・周囲:527m

・高さ48mの4階建て

・約48,000人収容可能な楕円形の巨大建造物

なんですが、こんなデカい建物をなんと、約8年ぐらいで制作したそうですよ。

現在の技術で8年だったら納得出来るぐらいの技術らしいのですが…

2000年近く前の技術で約8年で構築したとは…さすが、「古代ローマ人」ですかね。

これからの地球は…?!

それを可能にしたのが当時の「奴隷制度」みたいですね。「コロッセオ」の建築には3万人超えの

エルサレムのユダヤ人達の労働力が投与されたと言われているそうですね。

そして、コロッセオほどの巨大な建造物を成し遂げられたのが「アーチ式」と呼ばれる技法らしいですね。

この方法は、木枠に石を並べて作られたもので、真ん中を全体で繋ぎ止める要石があって、

それによって左右に力を分散させて高く積む事を可能にしたと言われているそうですね。

italia135

こうして幾重にも石を積み上げて、高さ48mの建造物を実現させたのでしょうか?

しかも、約2000年前に考案されていたなんてスゴいですよね。

長い年月の間健在しているのは…?

現在使用されている日本のコンクリートの寿命は約50年程みたいなんですが…

コロッセオに使用されたのは…約2000年前…やっぱり、スゴいですよね。

じゃあ何故、こんなにも長い間健在していたのか?不思議ではないでしょうか?

現代技術では約50年なのに…何故?

そこには古代の「コンクリート」が使用されたと言われているそうですね。

romecorGE311

建設にはコンクリートは必要不可欠だとは思いますが、実はその歴史は相当古いみたいで、

sponsoredlink

9000年前のコンクリートも発見されているそうですね。

コロッセオも古代のコンクリートが使用されて、約8割に対してコンクリートが使用されているみたいですね。

ローマ帝国の時代に使用されたコンクリートは、降り積もった火山灰を主成分としたものみたいですね。

それに石灰を混ぜ合わせる事で製造されたみたいですね。現代のコンクリートの倍の強度があるみたいですね。

そして数千年単位で強度が保たれると言われているみたいですね。

1日3食って誰が決めたの?

現代において使用されるコンクリートよりも強度においては高性能なコンクリートが使用されている為に、

2000年も経過している現代でも外形をきちんと保ているのでしょうか?

この他にも、滑車のついたクレーンによって資材の運搬を効率的に行っていたり、

水路整備の技術を駆使し闘技場に水を引いて、模擬海戦を上演していたり、

エレベーターを製造していた痕跡も見つかっていて、全くもってロマンに溢れている建造物ですよね。

現在のコロッセオは他の建造物の建築資材として、床の資材などが全く取り外されていて、

src_11290939

地下室に風が吹き抜けて、見渡せるような建物になっていますが、当時は大理石や化粧板などで豪華に装飾されていたみたいですね。

何故、殺し合いの催し物していたのか?

こんな巨大な建物で、一体、古代ローマ人は何をしていたんでしょうか?

非常に有名ななのが、コロッセオが完成してから、100日間の間には、その完成を兼ねて

朝から晩まで多くの催し物が開催されていたみたいですね。その中には…

・犯罪者の公開処刑

・剣闘士の試合

・猛獣狩り・猛獣同士の戦い

src_11290939

など、非常残酷な催し物が中心みたいでしたね。猛獣はライオン虎、象や水牛、豚やうさぎなど、

公開処刑には十字架に張り受けた犯罪人が猛獣の餌食になったり、

剣闘士の戦いには多くの奴隷や犯罪人も出演されたみたいですね。

500_10457972

この100日間の催し物の間に使われた猛獣や動物は9000頭以上にもなるそうですね。

なくなった方は3000人以上とも言われているみたいですね。

しかし、こうした催し物を「娯楽」として古代ローマ人は貧民・貴族関係なしに楽しんだみたいですね。

tumblr_lropv8BUYd1qfjxoio1_500

何故こうした催し物を行ったのか…理由は分からないそうですね。

おそらく、価値観や文化の違いだったのかもしれませんね。

こんな、古代ローマに潜む謎…

src_10457865E58FA4E4BBA3E983BDE5B882E38386E382AAE38386E382A3E383AFE382ABE383B3

約2000年近くの人が考えて作ったとは思えないような建物で、しかも…

真逆な殺戮の風景…。

だからこそ「コロッセオ」は不思議な空間としても今もなお魅了される場所なのかもしれませんね。

信じるか信じないかは…。

sponsoredlink

-都市伝説
-, ,