芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone 都市伝説

死海文書が伝える2018年の人類滅亡のシナリオとは?

投稿日:2016年6月24日 更新日:

sponsoredlink


人類滅亡のシナリオとは…

今日6/24の『やりすぎコージー』はどうでしたか?毎回毎回、見ている度に…、

考えさせられますよね。そんなことはありませんか?今回もちょっと、考えてしまいましたよね。

『死海文書』の都市伝説の話でしたよね。これって…何?みたいな感じですかね。

 

なんかちょっと聞いたことあるみたいな感じでしたが…、テレビを見ていると…、ゾッとしたかもしれませんよね。

日本では人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場した、”裏死海文書”はゼーレが持っている予告書…。

 

この裏死海文書っていうのが、実際に存在する紀元前に書かれた古文書の「死海文書」が元のネタですよね。

死海文書とはナンナでしょうかね?そしてそこに書かれた予言とは…?

そこにはMr.都市伝説関さんが言っていましたよね、2018年に人類を襲う脅威が書かれていると…。

「死海文書」って何…?死海って何?

まず死海について説明しましょうか。死海とは…、その名のとおり”死の海”のことですよね。

存在はアラビア半島のイスラエルとヨルダンの中間辺りで、なぜ死海と呼ばれているのでしょうか?

それはとんでもなく塩分濃度が高く、魚などの生き物がほとんど生息していないからだという。

生き物が全くいない海=死海というらしいですね。死海は塩分濃度が高いので、浮力が強く、

 

どんな人でも浮いてしまうことが出来るとか…。しかし、調子に乗っていると海水が目に入り、

死より苦しい目にあってしまう、恐ろしい海らしいですよね。死海文書は、この死海沿岸にある遺跡で発見された古文書のことなんですよ。

書かれた時代は紀元前250年~70年頃と推定されているみたいですね。

誰が書いたかは謎ですが、『クムラン教団』というユダヤ教の一派の宗教集団という説が有力みたいですね。

そして、なんとキリストが居た団体みたいですね。しかもまだ、キリスト教が生まれていない時代のユダヤ教の聖書で、

キリスト教発生の秘密が明かされるのではと、世界各国の学者たちが解読しているみたいですね。

sponsoredlink

 

しかも、膨大な量の死海文書の破片が発掘されたらしいですよね。

 

クムラン教団に居たらしい?「イエスキリスト」

しかし、この古文書は”ヘブライ語”で、そこには色んな予言が書いてあるとか…。そしてこれは、

かなり厳しい修行を行ったクムラン教団の僧たちが残した、いわゆる予言書ではなく預言書ということですね。

予言ではなく預言ということなんですが、自己の思惑に拠らず啓示された神の意思を伝達、あるいは

 

解釈して神と人を仲介する者と書かれていました。予言者と予言者は違うのですね。

そして、この古文書はにはイスラエルの建国と混乱、そして破滅を予言しているとか…。

イスラエルの建国されるものの、建国70年は混乱と荒廃の中にあると言っても過言ではないのでしょうか。

しかもイスラエルの建国は1948年、その70年後は…2018年になるのですが…。

この間、2013年のマヤの預言が回避されたのに…、現在は2016年だから…、おっおっと後、2年後なんですね。

 

 

そして、ここから1978年にアルカイダが生まれてここから40年戦争になっていき、

そして、ウサマ・ビン・ラディン氏が出てきて、その後に2018年に『再生』していくとMr.都市伝説関さんが言っていましたね。

 

そして「光と闇の最終戦争」とも預言しているとか…。そして世界は『破滅』してしまうとか…。

そして、ここからは、色んなことがありまして、救世主が生まれてくるとか…、しかも日本人だとか…どうなんですかね?

それに人類のことを番号で管理するマイナンバー制とか、火星移住計画で今後は選ばれた人しか残れないとか…。

なんか色々と、この件はたくさん出てくるかもしれませんよね。人口爆破とかいう言葉も出ていましたかね?!

これについては、いろんな説があるので調べてみるのも面白いかもしれませんよね。

 

そして最後にもう一つ…、最初に発見された当初は、アメリカ人とイギリス人で解読されていたとか…。

ヘブライ語を知っている、ユダヤ人をなぜ入れなかったんでしょうね?

それに2039年には人類に新しい何かがあるとか…。

信じるか信じないかは…。

sponsoredlink

-iPhone, 都市伝説
-, , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2017 AllRights Reserved.