いま話題のトレンドニュース

芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

都市伝説

都市伝説・死海文章、この世の終末とは

sponsoredlink

Josephus

ダニエル書と預言と戦いの書が示す2018年とは?

近頃の話題というと…、高知東生さんが薬物で逮捕された話題がかなり出ていますよね。

確かに、逮捕された時は、まさかね!?と思いましたが、まさかのほうが先にきましたかね。

しかし、そんなことばかり言っていても仕方がないですかね…。

今日は先日「やりすぎコージー」(テレビ東京系)がやっていて、ちょっと考えさせられることがありましたね。

o0225030010448486713

「死海文書」なんですが、先日書いたとは思うのですが、もう少し入っていきたいと思います。

小さな断片を含めて約900の文章で構成されている”死海文章”なんですが、前回も少し書いたとは思うのですが、

その中でも、『この世の週末』に関する預言を読み解く上で、

6つの重要な文章があるそうですね。預言者集団と呼ばれる『クムラン教団』の錠記された『規律書』…。

終末の様子が描かれた『感謝の詩篇』…。そして、『ダニエル書』『イザヤ書』『ハバク書』の3つの預言書…。

このダニエル書、イザヤ書、ハバク書というのは旧約聖書の写本でもあり、

中でもダニエル書に終末に関する預言が記されているとか…、みたいですね。

imgf7b6239ezik3zj

キーワード第三次世界大戦とは…

それは『エルサレムの荒廃の時が終わるまでには主が預言者エレミヤに告げられたように70年という年数があることを悟った。』

ということみたいですね。前回にも少し書きましたが、70年ということがキーワードみたいですね。

そして、ここから『第三次世界大戦』が勃発するかもしないみたいですね。

Israel-ryokouki-10307-Qumran-9

エルサレムの荒廃というのは、このエルサレムという地に3つ宗教が混在している状況、

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教ということを示しているみたいですね。

そしてこの荒廃が終わるまでに要する時間が…、70年間かかるという事…みたいですね。

つまり1948年の建国から70年後の2018年、あと2年後なんですが…、

イスラエルの荒廃が終わるということに、この70年間かかるという事になるみたいですね。

Vox_DDS6a09

死海文書が伝える2018年の人類滅亡のシナリオとは?

そして重要なのはここからで、荒廃の終わりというのは…『再生』を表しているみたいですね。

つまり、荒廃していたエルサレムは、2018年に一つの区切りを迎えて、本来の姿を取り戻す為、

新たな未来に向けて動き出すということみたいですね。それで、前回のブログに書いた内容で最後の方に、

『イーロン・マスク』というアメリカの実業家の方が出てきていますが、

E-musk

この方は『火星移住計画』を個人でやられている方で、今後は地球で人が生活できなくなるのを前提で考えているみたいで、

その火星に行ける人の選別はもう始まっているみたいな話をしていましたよね、「やりすぎ」でね…。

それに『マイナンバー制』なんですが…、これも数字・番号で人を管理するという制度なんですが、

なぜ今更、このなんでもある時代に、このような大変な制度を立ち上げたのでしょうか?

sponsoredlink

imga791c2aczikfzj

それに、この数字というのはどうやって決めたのでしょうかね?考えてしまいませんか?

しかも、イマイチ曖昧な感じではないでしょうかね?

そして最後に、Mr.都市伝説関暁夫さんは『この世の終末』に関して重要な鍵を握るもうひとつの文章のもとへ…。

それが『戦いの書』でしたよね。光の子と闇の子の戦いでしたかね。

それが200年前に預言されていたという文章みたいですね。これは正義と悪の40年に及ぶ最終戦争の事が書いているみたいですね。

キリストの洗礼

この戦いは光の子と闇の子の戦いと言われていて、光の子はユダヤ民族の事を指しているとか…。

そしてこの『戦いの書』こそが、あのロックフェラーが一番最初に手に入れて、その後世界に大きな影響を及ぼしてきた、文章だったみたいですね。

ロックフェラーと言えば…、代々キリスト教徒(プロテスタント)の家系みたいですが…。

イエス・キリストとクムラン教団

そして、イエス・キリストは『クムラン教団』の一員だったのではという説があるそうですね。

それを信じるのであれば、ロックフェラーにとって『クムラン教団』が残した”預言”は、

当たって然るべきものだった事になるんいたいですよね。つまり、ロックフェラーはこの『戦いの書』に書かれた、

内容を、それに従って実行してきたのではないか…ということなんですが…。

『戦いの書』の預言には『光の子と闇の子の戦い。全集団は皆これに力を注ぐ。40年の戦争の中に5年の前哨戦、

そして6年の準備期間があり、その後29年の大戦に突入、世界は終末を迎える…。』と書かれているみたいですね。

そして、最初から書かれている終末とは…いつかってことなんですが…、

それは、2018年なんですよ。最初から少しは書いていたし、前回も少し載せていたかも…。

『ダニエル書』の預言においてのポイントとなったのは2018年…、そして『戦いの書』に記された40年の最終戦争の歴史と、預言が一致するみたいですね。

E38393E383B3E383A9E38387E382A3E383B3-thumbnail2

2018年の40年前は、1978年から全ては始まっていたとか…。

1978年は『アルカイダ』が発足してイラク戦争・イスラム国のテロ行為など、その渦中にあった『アルカイダ』。

アポロ計画の本当の意味は何…?そして秘められた謎とは…?

2039年…人類は究極の進化をする?!

そしてアルカイダと死海文書の預言の間には偶然では片付けられない奇妙な一致がある…みたいですね。

ソビエトのアフガニスタン侵攻をきっかけにアルカイダの前身組織が成立するが、

その大きな流れの始まりが1978年みたいですね。アルカイダの前身となる団体が作られたきっかけは1978年に

始まったアフガニスタン紛争で、これに際して、イスラム義勇兵が武装化した事に…。

そしてその5年後、1983年レバノンのアメリカ関連施設で自爆テロが起こり、

それをきっかけにアメリカが中東問題へ介入し始めて、そして1989年にウサマ・ビン・ラディンの指導者就任、

その後アメリカはアルカイダ標的にシフトしていき、世界規模の紛争になって行くわけですよね。

これらを偶然で片付けてしまって良いのでしょうか?

img_1becb7ce36d8356ecdeefc6af6e40862101520

アルカイダ誕生、イラク戦争、ISの登場、世界中で起こるテロ、今、世界は預言された29年の大戦の中にいるのでしょうね。

そして、2018年、いまある混沌の世界は一つの区切りを迎えて、『再生』へ…。

しかし…、今まではなぜここまで発展して来たのでしょうかね?こんな人口60億超する時代にしたのでしょうか?

やはり…、都市伝説は不思議であり、興味がありますよね。

信じるか信じないかは…。

 

sponsoredlink

-都市伝説
-, , ,