芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone 芸能

トップスターが薬物に溺れてしまう理由

投稿日:2016年7月10日 更新日:

sponsoredlink


img_3322

ハリウッドスターが次に次に…薬物に…何故?

マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、プリンス……薬物の過剰摂取に絡み、

亡くなる人が後を絶たない。日本では清原和博(薬物取締法違反の罪で有罪確定)に続き、

元俳優・高知東生が薬物を所持していた疑いで逮捕されましたよね。なぜ彼らは薬物に溺れてしまうのでしょうか?

img_3339

(以下引用)

専門家の意見を聞いてみると…、

「まず彼らがたたき出す利益が膨大なこと。それに群がる連中が薬物と彼らを結びつけてしまう。

次に『ヒットを出し続けなければいけない』という強迫観念。三つめはドラッグの手に入れやすさと禁忌意識の低さ。

欧米では日本のように覚醒剤をやったことで社会から抹殺されるようなことはない。そこから更生する道があるからです」

img_3340

絶えず人の目にさらされ、「もっと!」「もっと!!」という期待に応えなければならないプレッシャーは、

 

ショービジネスの宿命なんでしょうか?

ショービジネスに身を置く者の宿命なのでしょうか?ミュージシャンにとって薬物は創作のインスピレーションになるとも言われているみたいですね。

img_3323

高島礼子・高知東生って離婚なの?!

依存症には「共依存」という問題もあるのだとか…。周囲の人が依存症患者の世話をすることに意義を見いだして、

(以下引用)

依存者がそれに甘えて依存から抜け出せないケースみたいですね。精神科医の樺沢紫苑さんはこう話す。

「特に多いのが『私が更生させてみせる』という奥さんや恋人。本人は助けているつもりで泥酔の後始末をしたり、

薬やアルコールを隠したりするのですが、結局は依存者のためにならない。間違った愛情の使い方で、結果“共犯者”になってしまうのです」

img_3324

sponsoredlink

妻・高島礼子と、仲のよい夫婦ぶりで知られていた高知東生の関係はそうではなかったと思いたいですよね。

 

アルコールから薬物に…現代のストレスなんでしょうか?

依存症の危険は身近なところに潜んでいるみたいですね。例えばストレス回避のために、

アルコールや薬物に手を出す行為みたいですね。憂さ晴らしにお酒を飲んで忘れたとしても、また覚めたら、問題に直視しなければ…。

img_3335

 

そうなると人はより強力な“ヘビードラッグ”へと移行していく。アルコールから薬物へと、

はしごを登るように上がっていってしまうのだとか…。アルコールの段階でも軽視せず、ストレスの原因に対処しなければならないみたいですね。

img_3336

ある専門家は「ドラッグ=犯罪」という視点では問題は解決しない、と行っているそうですね。

高知東生容疑者・ヒロミに嫉妬だとか…?!

薬物で若くして亡くなったスターを必要以上に神格化するシステムにも問題があるのでしょうかね?

どんなに才能ある人でも年を取ってみすぼらしくなっていくのが普通ですよね。

それに向き合えず、『永遠の存在』を願う本人とファンの思いが、多くの人を薬物に向かわせているのでしょうかね?

抑止には薬物依存から生還した人の存在が重要ですよね。音楽界なら、例えばキース・リチャーズやエリック・クラプトン。

img_3329

img_3332

クリーンになった直後の作品は正直おもしろくなかったりもするけれど、長い目で見るとちゃんと仕事をしていますよね。

彼らのような『神化』を成し遂げる人の存在がキーになるのではないのでしょうかね…。

img_3330

sponsoredlink

-iPhone, 芸能
-, , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2017 AllRights Reserved.