芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone 芸能

ポケモンGOが「うつ病」患者を救った…!

投稿日:2016年8月1日 更新日:

sponsoredlink


ポケモンGOがうつ病患者を救った感動物語

賛否両論と言われているかもしれない、「ポケモンGO」の事なんですが…、

これは、世界的にもまだあまり例にない話かもしれませんが、このゲームをして、

「うつ病」が良くなってきたというアメリカに住む方のお話になります。

米国オレゴン州に住む方の話だと…、ポケモンGOは、すでに医者やセラピストが薦めるどんなものよりも、

 

自分のうつに効いているという事を言っていて、オーストラリアに住む方は、ポケモンGOはたった1週間で私の病気を、

ものすごくよくしてくれた。ポケモンGOは、うつや不安に悩む私を助けてくれて、外に出してくれた、と話しているそうですね。

もうひとりの米国に住む方は…、本当の話だ。不安やうつに悩む者として、

 

週末のほとんどを外で友人と過ごしたなんて事実は、自分にとっては現実じゃないみたいだと、と言っていたそうですね。

ポケモンGOがうつ病患者を救った感動秘話のお話になりますよ。

大変有効的なスマートフォンアプリ…!!

このように、精神疾患が原因でこれまで外出できなかった人々が、ポケモンGOをすることで、

外に出ることが出来るようになったそうですね。もちろん、ポケモンに興味のない精神疾患患者にとっては、

このアプリは意味のないものだが、それでも全患者の一部を救うことができるだけで、

ポケモンGOの意義は大きいですよね。すでに米国の心理学者や精神医学者が、

メディアのインタビューの中で、ポケモンGOが、精神疾患患者に対して「意図せぬポジティブな効果」を、

 

持っているという意見を表明しているみたいですね。ポケモンGOがうつや社会不安障害に悩む人々のとって有効なのは、

ポケモンをゲットするために外に出る、ということだけではない。いくつかほかに要素があるそうですね。

都市伝説・アメリカ歴代大統領の呪いとは…?!

そのうちのひとつは、ポケモンを育てるためには、2kmから10kmのウォーキングが必要なことですね。

もちろん家の中を歩いてもいいが、歩くこと自体に意味があるそうですよ。それは歩くことで、

うつと関連性が深い脳内ホルモンであるセロトニンの分泌が促されるかららしいですね。

sponsoredlink

 

セロトニンは、不安を低減し、心の安定をもたらす作用があるそうですね。うつや不安患者には、

脳内でのセロトニンの分泌や摂取に問題がある場合が多いらしいですね。

そのセロトニンの体内での分泌を促すのに効果的なのは、

規則的で苦痛が伴わない有酸素運動みたいですよ。

このため軽いダンスやウォーキングなどが推奨されるとか…。

今後も…、”もっとカラダにいいアプリ”が登場してくるのか?

余談だが、ネット上ではこれをやりたくないユーザーが、プラレールの上にスマホを載せて動かしたり、

ドローンを使ったりして、「動かずに動く知恵」を働かせている様が面白おかしく紹介されているみたいですね。

歩きたくない人の代わりに歩く「代行歩行屋」まで現れる始末らしいですからね。

 

話が逸れたが、セロトニンの分泌のために重要なのは「苦痛を伴わない」という点らしいいですよ。

イヤイヤ歩いていたのでは、セロトニンは分泌されないみたいですからね。だが「ポケモンを育てる楽しみ」があれば、

よりセロトニンが分泌されるかも…。このため、ポケモンGOをプレイしていたら、

いつの間にか外でたくさん歩いていた、という行動は、うつや社会不安に悩む者にとって、

それらを克服するために最も必要な行動ということになるみたいですよ。むろん、ダイエットや運動不足にもよいらしいですね。

 

その意味で、このゲームのもたらす「意図せざる効果」に驚いてしまいますよね。

都市伝説・「UFO」って7割が地球製なの…?

通常、うつや不安に悩む人への対処は、「不安を取り除く」ことがメインになるらしいですね。

何が不安の原因かを、カウンセリングにより探り、効果的なセラピーを選択していくとか…。

ポケモンGOに衝撃を受けたのは、それとは違うやり方で人々を外に出したことみたいですね。

 

 

それは「不安を取り除いて人々を外に出す」のではなく「もっとすごい興奮(ポケモン狩り)を提供して人々を出す」と…。

このことは、学問的にみると、実に画期的なことだと思っているそうですね。

今後ももっと、いろんな事で、いろんな事が出てきて”現代病”と呼ばれる病に効果が出てくればいいですよね。

sponsoredlink

-iPhone, 芸能
-, , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2017 AllRights Reserved.