いま話題のトレンドニュース

芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

iPhone 芸能

レコード大賞は…西野カナですが…?!

sponsoredlink

レコード大賞は…西野カナですが…予定通りとか…?!

昨日放送された「輝く!日本レコード大賞」(TBS)で、

西野カナさん(27)が平成生まれの女性ソロ歌手として初めて大賞を受賞しましたよね。

が、これ、ずいぶん前から報じられていた通りなんですよね。

レコ大は、三代目J Soul Brothersが1億円で大賞を買っていた証拠が週刊〇春に暴かれ、

その癒着体質が公となっていたわけですが、結局、その体質は変わらないまま…。

TBSは、来年もそのまま放送するつもりなんでしょうかね…?

レコ大については、前々からその癒着体質が噂として囁かれてはいましたが、

具体的な証拠として報じられたのはこれが初めてではないでしょうか…。
業界のドン・周防郁雄社長率いるバーニングが関わっているだけに、

ワイドショーやスポーツ紙で大々的に後追い報道がなされるようなことはなく、

世間的にはさらっと流された上記報道ですが、業界は激震らしいですよね。

さすがに、レコ大の放送が打ち切られるのではとの噂も流れているみたいで…。

しかし、取り敢えずのところ今年は放送せざるをえなかったようで、

買収報道後もレコ大審査委員による審査は継続されたそうですね。

 

実はレコード大賞は…AAAだったとか…?!

〇春の買収報道前は大本命だったのがエイベックスのAAAみたいで…。

しかし、報道後はエイベックスは賞取りに消極的になってしまったそうで、

ならウチが…と、西野さんを擁するソニーが動き出した…という記事みたいですね。

この時点では、せめて公正さがアピールできる宇多田ヒカルさんに、

取らせたいという意向もあったと報じられていたんですが…。

結局、西野さんがそのまま大賞を取ってしまいましたが…。

その裏事情について、某米国ネット会社が報じていますよね。

レコ大の審査委員のほとんどはスポーツ紙の記者、新聞記者、

テレビ局員で占められているのですが、この方たちはジャーナリスト、

こうした腐敗を暴く側に身を置く人間のはずで…、
それなのに、

唯々諾々と腐敗する側に加担し続けている、その理由はなんでしょうかね…。

2015レコード大賞…裏で買収…?

報道機関に所属している人々はなぜ、こうした腐敗の決定的証拠が発覚してもそれを無視し、

従来通りの出来レースを続けていられるのでしょうか…彼らに倫理感覚はないのでしょうか…。

sponsoredlink

こうしたレコ大審査委員に名前を連ねているマスコミ関係者のうちの、

多くが「B担」と呼ばれるバーニングべったりの記者で、バーニングの“共犯者”とか…。

「週刊〇春」によれば、「優秀作品・新人賞」審査委員15人のうち、

「最低でも8名は普段からバーニングと仕事の付き合いがある記者」で、

審査委員のなかには自らバーニングに出向き、「今年はどうするんですか?」と聞きにいく者も…。

そうした癒着関係のある審査員たちには、なんともおいしい接待が用意されるらしいですね。

ただ、こういった話は昨日今日出てきた話ではなく、ずっと指摘され続けてきた事みたいで…。

「週刊〇潮」では、レコ大の審査委員経験者や関係者が、

自分たちの受けた接待についてこう証言してるみたいで…。

今回の「1億円」も、おそらくこのようなかたちで使われたのでしょうかね…。

高価な贈り物や商品券が届くこともあるし、授賞させたいと、

思われるタレントの曲や映像が入った高価なiPodが送られてきた人も…。

銀座や六本木のクラブでの接待や、有名店でのディナー攻めも多いとか…。

 

芸能界って…本当に色々とあるんですね…

これだけご馳走になったら投票しないわけにはいかない、と思う人もいるし、

審査員がそれを逆手に取って、投票するからネタをくれ、などと要求するケースも多いみたいで…。

11/18の第4回会合までには受賞作がほぼ確定する見込みですが、

それまでは昼も夜もレコード会社や芸能事務所の宣伝担当者との会食が入っているとか…。

昼に鰻、夜にしゃぶしゃぶ、あるいは昼ステーキで夜は寿司などなど…。

J-POP系のあるレコード会社では、5人の宣伝部員が1人あたり300万円以上の予算を持って…、

さらに制作部も動くので、レコ大関係の接待費は2000万円を下らないでしょうかね…。

西野カナ・マネジャーと交際なの…?!

高級焼き鳥店などで食事をした後、六本木のクラブのVIPルームで女の子と飲むことが多いようですが、

演歌系の大手事務所などは、一次会は1人3万円位するしゃぶしゃぶ屋で、

二次会は銀座の高級クラブ……と、会社や事務所によって接待の流儀はそれぞれみたいですね。

つまり、今年はAAAに取らせるためにこれらの活動費をエイベックスが持つ予定みたいですが…、

報道によって西野さんを擁するソニーに変わっただけに終わった…ということみたいですよ。

今年は誰がとっても大なり小なりこの手の噂が流れてしまうことは、割と分かり切ってたと思うんですが…。

ちなみに、11月のこの記事( レコ大「エイベックスさんが行かないなら」西野カナさん、

擁するソニーが、審査委員へ働きかけスタート! )には、新人賞についても書かれているそうで…。

今年の最優秀新人賞には、iKONさんという韓国のアイドルグループが選ばれましたよね。

 

この日、決定された新人賞には、バーニングの周防郁雄社長が今もっとも、

お気に入りの歌手・林部智史と、同社の広報担当幹部が猛プッシュしていたiKONさんが選出…。

大賞が思うようにいかなかったのでせめて新人賞は…ということでしょうかね…。

バーニング猛プッシュの方が最優秀新人賞に選ばれたらしいですね。

視聴率、どれくらいいってるでしょうか…。

sponsoredlink

-iPhone, 芸能
-, ,