いま話題のトレンドニュース

芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

芸能 都市伝説

都市伝説・北朝鮮の〇〇実験とは…?

sponsoredlink

 

都市伝説・北朝鮮の〇〇実験とは…?

本当なのか…否か…分からないところがあるのですが…、

先日あった北朝鮮の事で、米国人大学生の拉致と、〇〇実験の事なんですけどね…。

なぜ、あの状態で解放したのか……理解不能です…。

全国紙外信部記者が首をかしげるのは、昨年に北朝鮮で拘束されて、

1年5か月経った6月13日に解放された米国人大学生の事なんですけど…。

解放時、大学生は脳が損傷し、覚醒しているのに、どんな刺激にも反応しない状態で…。

一時的な症状ではなく、昨年3月からみたいですね。結局、19日に米国で死亡したとか…。

これを受け、トランプ大統領は北朝鮮を“残忍な政権”と非難したそうですね。

関係悪化は必至の情勢で、この件の大学生は北朝鮮を観光中に、

朝鮮労働党のスローガンが書かれた垂れ幕を剥がしたとかしないとかで拘束されたみたいですね…。

 

勾留が長くなったのは、オバマ政権が経済制裁の解除を求める、

北の“人質外交”に乗らなかったからみたいで、トランプ政権成立後の米朝交渉で、

1人だけの帰還が実現したみたいですが、この状態で帰したのは失敗かもしれませんね…?

 

米国人大学生は拘留後…、すぐに廃人状態とか…?!

大学生は勾留後、すぐ“廃人状態”になったらしいですよ。

(以下引用)

拷問を受けたといわれていましたが、目立った外傷はなし。

“なんらかの投薬が行われた”という話もあり、人体実験に使われたのでは…との見方もあります。

“人体実験”とは、なんとも恐ろしい話みたいですけど…、

本当にそんな事があったのか?北朝鮮情勢に詳しく、

毒物劇物取扱者の資格も持つ国際政治評論家の井野誠一氏は、こう分析したそうですよ。

 

小林麻耶に妹麻央がマジギレ…深刻な状況に…

(以下引用)

sponsoredlink

この大学生はやや精神的に不安定で、北朝鮮も扱いに困り、

鎮静剤や複数の自白剤を投与したといいます。

それが継続的かつ量が多かったため、こうなってしまったとか。

電気ショック療法を行ったとの情報もありますが、

外交カードに使うため、ある時期まで治療を試みていたようです

人間選別始まる…2018年から始まる!?

しかし…、スゴい気もしますが…、治療したという事が、本当であれば…。

それでは、北朝鮮で人体実験は行われていないのでしょうか…?

本当なのか…?北朝鮮の〇〇実験って…?

先ほどの評論家の国際政治評論家の井野誠一氏が言っているのは…。

(以下引用)

実験自体は存在します。政治犯、収容所での病気やケガで働けなくなった者、

スパイ容疑をかけられた者などが対象です。

対象者は軍の秘密病院や化学研究所、そして、金ファミリーの健康のための、

“長寿研究所”などに連れて行かれ、薬物や細菌を投与されるのです。

 

小林麻央…死を早めた理由って何…?

 

それにしても…いくら罪を犯したからと言ってもね…。

しかも、この実験には北朝鮮の“国家プロジェクト”という側面もあるそうですね。

人体実験で得られるデータは、生物化学兵器の開発や、

一般薬品や肥料などの開発に活用されているそうで…北朝鮮は、

これを外国やテロ組織に売りさばいて外貨を得ているらしいですね。

つまり、被験者はある意味、北の産業発展に多大な貢献をしているという事に…。

その為、“偉大なる指導者に身を捧げよ”と被験者を募る場合もあるようですね。

実験内容は知らされず、多くは死亡するか障害が残るとか…。

海老蔵…会見でリポーターがスゴい質問を…?

さらに、こんな所業もあるみたいで、中国の組織からの“注文”を受けて、

薬物で被験者を脳死状態にして、臓器を取り出して売る事もあるとか…?!

北朝鮮のビジネスの暗部を大いに支えているのが、“人体実験”みたいですね…。

許しがたい独裁国家の蛮行…、100人以上とも言われている…、

“日本人拉致被害者”の安否が気になるところでしょうか…。

sponsoredlink

-芸能, 都市伝説
-, , , , ,