芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

芸能

スターウォーズの裏話…ハリウッドコードって…?

投稿日:

sponsoredlink

スターウォーズの裏話…ハリウッドコードって…?

映画って…凄く夢があってその作品の中に入り込めるというような感じで、現実逃避出来ますよね…。

それって、海外の作品でも、日本の作品でも同じだと思いますけど、その中でも私が好きな映画の最後の作品になる、スターウォーズの話です。

だけど…、ある団体との関わりの話をチョットだけですけど、しようかなって思います。ご存知の方もいるかもしれないけどね…。

ハリウッド映画がイルミナティの洗脳映画(教育映画)だということは陰謀論者にはデフォルトなことだと思うのですけど…。

実際の映画製作の現場では、強調すべきテーマを選定する上位の人間がいて、そのテーマに沿う様に下位のシナリオライターがストーリーを書くんですってね。

 

 

 

 

 

 

その後、そのシナリオに基づいて映画監督が絵を考え撮影するという流れになっている…これがハリウッドスタイルって言うんですってね〜。スゴいですね。

この分業化が二重三重に暗号を織り込む余地があるみたいで、この上位の人間がイルミナティの息の掛かった者らしいですよ。

そんなテーマが暗号のように隠されているハリウッド映画の中でも、異色の金字塔を出し続ける稀有な作品群があるそうですが…。

何故、異色かというと、その映画監督はこの一連の作品以外の作品を作っていないからです。もう分かりますよね〜。

その映画とは、スターウォーズで…、この映画に隠されたテーマや暗号とは一体何んでしょうかね?

 

主役は…アナキン・スカイウォーカー…だよね⁈ルーク・スカイウォーカーではなくてね…?

それは…ズバリ!カバラです。ご存知の方もいらっしゃるとは思いますけど、この事を述べる前に、まず沿革から見ていきましょう。

シリーズの「真の主役」はルーク・スカイウォーカーではなくて、実はアナキン・スカイウォーカーだったのですが…、勘違いしますよね。

sponsoredlink

この「アナキン」とは、実はシュメール神話の巨人「アヌンナキ」のことだったのです。ちなみにシュメール人って…、

紀元前三千年頃メソポタミア南部に都市国家を建てた民族ですよね。そして、楔形文字・法典なども作ったんですってね。話逸れたんですけど…。

紅白歌合戦と遺恨のある安室奈美恵って…⁈

(以下引用)

神話の巨人は何を食べていたかって話なんですけど、「神々」は何を食べたか? シッチンは「神々はゴールドを食べた」と言っているのですが、

パーカーは「神々は人間の生け贄を食べた」と考えるみたいで…、また、ヘブライ語の妙味が紹介されるわけなんですが、「ヤハウェ(創造主=神)」=「巨人」って事。

「巨人」はヘブリューでは「アナキン」と発音するのですが、しかし「アヌンナキ」と同じ語源と意味も持つ事にも…。

「アナ」=「エンキ」=「アン」…、なぜならすべては「ANK」から来るから、ANK =ENK=AN=ANNA=ANNAKIN=ANNUNAKIである。

また、「アダム(人)」は合成語であり、「ダム」=「血」で、「ア・ドム」=「赤」、「ア・ダマ」=「粘土(赤い粘土)」、

「アダム」=「赤い血」=「赤い粘土」=「人」という意味を持つ何かを表現するという。

「神」を表す「ジンギル」は「火を吹く乗り物」=「ロケット」の意味もある。こういう言葉の妙味は母音のないヘブリュー独特の表記と「2重3重の意味を重ねる方法」の賜物であるという。

悲報‼︎木村拓哉のまた相手ヒロインが決まらず…!何故?

 

なんとココでマヤ暦が出て来るとはね…スターウォーズってどんな映画なの⁈

「スカイウォーカー」とは、日本では「マヤ暦」の20日×13月=260日を一周期としたツォルキン暦を参考にしたもので、

「13の月の暦」の太陽の紋章13が「空歩く者(skywalker)」となっているんでうけど、「13の月の暦」は1990年の発表なので…。

木村拓哉ゴシップ…実は娘の…?!

スターウォーズを参照にしたのでしょうね?「空を歩く」とは天空を横切るニビルを暗喩した言葉なのかもしれないし、

あるいは、日月神示にある『四ツン這ひになりて着る物もなく、獣となりて這ひ廻る人と、空飛ぶやうな人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ・・・』や、

ヒトラー予言がいう「神人(ゴッドメンシュ)」を参考にしたのでしょうかね?スターウォーズの話だったのに…。難しくなってしまってね…。

この続きはまた…。最後まで読んで頂きまして有難うございます。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

sponsoredlink

-芸能
-, , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2017 AllRights Reserved.