いま話題のトレンドニュース

芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

芸能

安室奈美恵…2020年復活する!かも⁈

sponsoredlink

安室奈美恵…2020年復活する!かも⁈

波紋を広げる歌姫の衝撃発表でしたが、実は復帰を織り込んだものらしいですね。

“ネバーエンド”な舞台裏を明かす!公式サイトで来年9月に引退することを公表して、

日本中が悲鳴に包まれた安室奈美恵(40)さんの引退発表から、

1か月以上が経過して公式サイトで、来年9月16日の“デビュー日”に引退することを公表しましたよね。

一方で、その理由について一切触れられなかった事で周辺取材が過熱して…。

10月18日には…、

(以下引用)

どうかお願いです、家族、スタッフに対する過度な取材を止めていただけないでしょうか…。

と公式サイト上で綴ったそうで…実際、各メディアが、

報じる引退理由にはバラつきあって、発表出来ない訳があるのでは…との見方も…⁈

中学デビュー後、ミリオンヒット連発…、その後にはあの事件が…。

憶測が飛び交う中、本誌は、関係者から衝撃の証言を得た。

なんと、引退公表は本来ならば、もう半年早く、引退時期も、

もっと早いはず…みたいな感じでと、前々から引退は“予定”されていたみたいですね。

しかも…、今回の引退はあくまでも一時的で、実はいずれ復活する段取りとか…⁈

中学生でデビューし、小室哲哉氏とミリオンヒット連発して…。

その後、2015年の独立をめぐる騒動の事件が起きましたよね。

1992年に中学生で芸能界デビューした安室さんは、

早くも95年にオリコン1位を記録し、さらに、

小室哲哉氏と組む事でミリオンヒットを連発したよね。

2000年に九州・沖縄サミットでイメージソングを歌うなど…。

安室奈美恵…第二の人生スタート…!?

ファン層は同世代の女性に留まらないほどに拡大して、

2004年にはアジアでの活動も開始するなど、精力的に活動してましたね。

個人事務所設立、マネジメントをエイベックスに委託しけど、

2015年1月に「一大決心でした。デビュー以来、

23年間も所属してきた事務所を突如退社し、個人事務所『stella88』を設立しましたよね。

ところが、この独立は一筋縄ではいかなくなってしまいましたよね。

弁護士や税理士を立てて印税や報酬割合の“改善”、原盤権の保有を直訴した事が発端みたいですけど…、

元の事務所の待遇は悪いものではなく、むしろ、

しっかりと優遇されたものだった為、交渉は難航し、

 

結局“移籍”に近い形を取らざるをえなくなったみたいですね。

安室奈美恵に金欠説浮上?!その裏側とは…?!

しかも、この混乱を引き起こした事で四方八方に迷惑がかかって、

引退危機にまで陥ったんだけど、事情を知る関係者は…、

一部の事務所関係者に“上納金”を払うことで手打ちとなったほかに、

“原盤権”も彼女が保有できない結果となったらしいですね。

引退発表みたいな大事な話ですら、発表の前日に伝えるなんて…。

これでは独立の意味はないように感じるんですけど…、

業界からは、むしろ寛大な措置だったと認識されているみたいですよ。

それに独立後は、活動に制約がなくなった為自由に活動しているそうですね。

お金も自由もすべて手に入ったワケだし、事実、今回の引退ですら、

エイベックスの役員には発表当日に知らせたくらいですもんね…。

引退の理由は上納金の廃止や原盤権の確保?なんですかね…⁈

sponsoredlink

紅白歌合戦と遺恨のある安室奈美恵って…⁈

この流れが、今回の引退発表の背景にあるそうですね、

引退の理由は明確みたいで、2015年に果たせなかった、

上納金の廃止や原盤権の確保を目指したものみたいですね。

独立後、今年初めまでは仕事のスケジュールを入れていたもの…、

当初、春以降の予定は何もなかったみたいで、本当は年明け早々に引退を公表して、

早ければ、この9月にも引退する予定だったみたいですね。

何故、そこまで急ぐのですかね〜⁈実はこれこそが“復帰の時期”と深く関係するとか…。

当初、彼女と非常に近い仕事関係者は“とりあえず4〜5年”と示唆していたそうですね。

これは、上納金などのしがらみを切るには、それぐらいの時間が必要なんでしょうね。

そして、2020年の東京オリンピックを強く意識してるのでしょうね…。

安室奈美恵…紅白出場しない理由とは…

ところが13年9月に20年の東京五輪の開催が決まっていた事で、

これを強く意識するようになったのでしょうね〜。

オリンピックのイメージソングを“やっぱり安室に歌ってほしい”という世論が、

高まれば、“ファンのために”という大義名分の下で堂々と復帰も出来ますよね。

“復活”するんでしょかね…?2020年の東京オリンピックで…

かつて、九州・沖縄サミットで歌った“実績”もありますからね。

そこで、復帰のタイミングを早めようとしていたのでしょうかね…。

そこで、3年後の復帰に向け布石を2つ打ったみたいですね。

1つは引退を1年前から発表する事で、こうすることで“引退”の2文字が先走りするうえ、

引退業務もスムーズに進む訳で、しかも、復帰の下支えになる、

“安室ロス”の世論をより高めることが出来るそして、もう1つが京都への移住ですね…。

木村拓哉の…身長問題再び現る⁈

東京から離れることで、芸能界と距離を置く事が出来ますよね〜。

ある意味で周到な引退計画で、実は、この「絵」を描くにあたって、

“共犯者”がいるみたいで…、

その方が、音楽プロモーターのN氏で、彼女はN氏に心酔していて、

多くのことを任せているそうで…、しかも、東京のマンションは階違いに住む程、近い関係とか…。

安室さんのライブといえば…、MCなし、トークなしで、

歌とダンスのみを披露することで知られていますよね〜。

しかも、その曲数は30曲以上になる事はザラですよね。

また、ここ数年はテレビ出演もほとんどないんですけど、

これらはすべてN氏の戦略みたいで、かつて安室さんが一時的に人気を落とした時に、

“友人や仕事関係者も次々と離れていった”と人間不信に陥ったそうです。

スターウォーズの裏話…ハリウッドコードって…?

そんな彼女を再びトップ歌手の座に導いてくれたと、

彼に絶大な信頼を寄せていて…、

事務所のstella88の8という数字も、N氏が大事にする数字みたいですね。

日本中にショックを与えた歌姫の引退劇…、2020年、その勇姿は復活するのでしょうか?

sponsoredlink

-芸能
-, , , , , , , , ,