いま話題のトレンドニュース

芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

iPhone 芸能

エミネム新曲をリリース!!しかもビヨンセとfeat.!!

sponsoredlink

エミネム新曲をリリース!!

2017年11月10日、エミネムが新曲「ウォーク・オン・ウォーターfeat.ビヨンセ」を、

リリースしたそうですが…、この曲は近く発売される、

ニュー・アルバム『リバイバル』に収録される予定みたいですね。

「ウォーク・オン・ウォーター」がリリースされた数時間後に、

楽曲を共同プロデュースしたリック・ルービン氏と、

作家のマルコム・グラッドウェル氏による新ポッドキャスト…、

『ブロークン・レコード』が公開されたそうですね。

記念すべき第1回目のゲストはエミネムで、自身が影響を受けたアーティストや、

現在の心境などについて語ったという事ですね。

ルービン氏によると、エミネムは現代ヒップホップのニューウェーブが、

自分が信じているものとは別物だと一種のカルチャーショックを感じてるとか…。

いわゆる“mumble rap”(ブツブツ言うラップ)に苛立ちを感じているみたいですね。

エミネムが2Pacから学んだ事は…?

エミネムは、2パック(故トゥパック・シャクール)から学んだことの一つは…、

彼は常にどの言葉をどのコードで言うのが適切なのか分かっていた…と絶賛して、

彼のスタイルをすごく勉強して、彼はあれが天才的だと思ってますね…。

ふさわしくない言葉をふさわしくないコードで言う事は絶対になかったそうですね。

“ディア・ママ”を聴いてほしい…、あれは全ての小節が、

あるべきところにガッチリとハマっているそうですね。

最新!芸能人相性度チェック!

sponsoredlink

彼はビートの選び方が抜け目なかったみたいで…、

2パックはいつも“俺を感じろ”って言ってたそうですけど、

彼のことは聴くだけじゃなくて感じなくちゃダメなんだよね…と言っているそうですよ。

 

エミネムは、駆け出しの頃はキャンバスが真っ白だから、

好きなところに描くことができる…、そして2枚目のアルバムが、

発売されて更に描き足せるけれど、7枚目8枚目のアルバムになってくると…、

もう描く場所がない…みんな常に俺から違うものを期待している…と、

45歳になった現在の心境について語っていたそうですね。

小林麻央…闘病中に密会疑惑が浮上?!

 

水の上を歩けるような超人でいる事を求められる…って⁈どんな事…?

“水の上を歩けるような”超人でいることを求められるみたいですが…、

自分も同じ人間であり、ファンを落胆させてしまう恐怖を感じるとラップしている、

“ウォーク・オン・ウォーター”スカイラー・グレイが書いた、

美しいサビが印象的なこの曲へのビヨンセの参加は、

ルービン氏がジェイ・Zに曲を聴いてもらったことから実現したそうですね。

小林麻耶に妹麻央がマジギレ…深刻な状況に…

しかもこの頃って…エミネムとか、NASとか、jay.zとか、50Centとか…。

マジでヤバい人ばっかでしたよね〜。読んで頂いた方々も、機会があれば是非聴いてみて下さい。

長い間第一線で活躍するクリエイター同士、歌詞の内容に共感できるものがあったのでしょうね。

これからもまだまだ、活躍してほしいですよね、エミネムは…チョーカッコいいですからね〜。

小林麻央…死を早めた理由って何…?

sponsoredlink

-iPhone, 芸能
-, , , , , , , , , , , , ,