芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone スポーツ 未分類 芸能

貴乃花親方…相撲協会に立ち向かう!?

投稿日:

sponsoredlink

 

貴乃花親方…協会に立ち向かう!?

横綱日馬富士(33)の暴行事件で大揺れの大相撲界ですけど…。

問題解決を急ぐ相撲協会の前に立ちはだかり、

愛弟子貴ノ岩関(27)の事情聴取を拒否し続けている貴乃花親方(45)の、

特異な行動が注目を集めていますけど、このままいけば、

もしかして、大相撲界を追放される恐れも囁かれてますよね。

一歩も後に引かない強硬姿勢の胸の内には何があるんですかね…。

平成29年の納めの九州場所(福岡国際センター)は、

横綱白鵬が14日目に早々と40回目の優勝を決めましたよね。

休場明けにもかかわらず、日馬富士による暴行事件をめぐる大波乱を尻目に、

若手顔負けの力強い相撲で締めくくっただけに喜びもひとしおでしょうね。

 

 

本当に強いよね〜モンゴル人力士って…、貴乃花親方が現役の時と大違い

(以下引用)

春場所を休場したとき、後援会の方からは…、

30回優勝した人は3人いるが、40回は1人もいない…と言われ、

体が熱くなった。達成してホッとしている…。

こう会心の笑みを浮かべていたが、土俵外でこの白鵬関以上に存在感を見せつけたのが、

今回の暴行事件の明らかな被害者である、貴ノ岩関の師匠の貴乃花親方ですよね。

しかし、一連の言動はまさに謎だらけで、理解するのは容易じゃないっすよね。

秋巡業中だった10月25日の夜、鳥取市内のラウンジで、

日馬富士関が貴ノ岩関の頭部を滅多打ちして大怪我をさせた、とされるこの事件…。

巡業の総責任者なのに相撲協会にはいっさい報告しないで、

4日後には鳥取県警に被害届を提出して、その後は固く口を閉ざして…、

本心を語ろうとしないで、連日の報道陣の突撃取材にも、無視し続けてますよね。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

聞きたいことはいっぱいあるのに、どうして相撲協会の、

最初の事情聴取に「知らない」と答えたんですかね〜?

(以下引用)

退院した初日の3日前の時点での状態は安定しており、

相撲を取ることを含めて仕事に支障はない。

場所前、貴ノ岩関が入院した福岡市内の病院の医師は、

このように話しているのに、なぜ貴ノ岩関を初日から休場させたのですかね?

全休すれば、来場所の十両転落は避けられないですけど…。

さらに、3日目に日馬富士関の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が、

ほかの弟子もいる。場所中なので被害届を、取り下げてくれないか…と、

頭を下げて頼んだときも、取り下げるつもりはないと、クビを横に振ったそうですよ。

このままでは堂々巡りだから、第三者(弁護士)を立てなければいけないかもしれないと、

貴乃花親方は、“法廷闘争も辞さず”の姿勢をのぞかせているとか…。

伊勢ケ浜親方は、去年3月の理事長選挙に際し、

貴乃花親方を推した数少ない支援者の1人みたいですね。

それなのに…どうして恩を仇で返すような事するんですかね?

sponsoredlink

貴乃花親方に近い人の話なんですけど…、

貴乃花親方が怒っているのは確かみたい、でも…、

それは可愛い弟子をボコボコにした日馬富士関だけではない。

もっと大きなものと対峙し、この際『徹底的にやってやる』と腹をくくってるんですよ。

その怒りの矛先がどこに向けられているのですかね〜。

小林麻耶…海老蔵とハワイに旅行だって?!

 

貴乃花親方…真っ向勝負!八角理事長…どうするの?

ちらりと垣間見せたのが、九州場所11日目の事なんですけど…。

危機管理委員会による貴ノ岩関の事情聴取に応じて欲しい…。

と、役員室に呼ばれた貴乃花親方は、協会のトップである、

八角理事長(元横綱北勝海)からの要請、というよりもお願いに対して、

“お断りします”って言って席を立っていったんですよ。

この返事を聞いて、同席していた春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は…、

ビックリした…と話しているそうで、組織人間であれば、考えられない事ですよね。

小林麻耶に妹麻央がマジギレ…深刻な状況に…

その後も貴乃花親方は、事件解決を急ぐ協会首脳の再三、再四の要請にもことごとく、

拒否って、何がここまで貴乃花親方を頑なにしているんでしょうか?

理由は二つあるって、貴乃花一門の内情に詳しい元力士が証言したんですよ。

1つ目は、現状に対する不満で、4横綱時代ですけど…、

実質はモンゴル人横綱の1強時代…、彼らにいいようにひっかき回されている事に、

強い不満を抱いていたところに、日馬富士関が横綱らしからぬ事をしでかした…。

これは許せないと尻をまくったんですね…、貴乃花親方はかつて曙、武蔵丸、小錦ら、

巨漢のハワイ勢に真っ向勝負を挑み、日本人力士の地を示したカリスマ横綱だもんね。

横綱に対する思い入れも人一倍強く、それを汚されたと怒る気持ちは分からないでもないですね。

確かにモンゴル人にヤラレっぱなしで、日本人が弱すぎでは?松本人志さんも言ってた。

そう思わないですか?ね〜。

2つ目は、八角理事長体制に対する大きな不信みたいです。

貴乃花親方には、7年前の野球賭博事件の時、相撲協会の一方的な調査で、

兄弟子の大嶽親方(当時、元関脇貴闘力)を解雇された苦い思い出がありますよね。

もし貴ノ岩関の事情聴取に応じたら、またあの時の二の舞になりかねない…。

八角理事長には、理事長選で敗れた恨みもあるみたいだし…。

鳥取県警の捜査を最優先、相撲協会の要請には、クビを横に振り続けているそうですね。

言ってみれば、上司に真正面から逆らっている貴乃花親方ですけど…。

このままいけば、背信行為でペナルティーを受ける公算は大かも?

死海文書が伝える2018年の人類滅亡のシナリオとは?

しかし、貴乃花親方は周囲に…、

自滅覚悟。たとえクビになっても自分の思いを貫く…と漏らしてたみたいです。

こうと決めたときの貴乃花親方の一途さ、頑固さは筋金入りですよね。

目指すは八角理事長のクビみたい、果たして…、

貴乃花親方の孤独な闘いに勝ち目はあるのか。落としどころはまださっぱり見えない。

sponsoredlink

-iPhone, スポーツ, 未分類, 芸能
-, , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2017 AllRights Reserved.