芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone 未分類 都市伝説

宇宙からの警告…そして宇宙と交信、人工知能が人類を支配する?!

投稿日:

sponsoredlink

 

宇宙からの警告…そして宇宙と交信、人工知能が人類を支配する?!

人類史には天才と呼ばれる偉人たちが沢山いますが…。

現代に生きる天才といえば、物理学者のスティーブン・ホーキング博士ですよね。

同じく物理学者だったアルベルト・アインシュタイン博士は、

史上最高の天才として知られていますが、ホーキング博士が、

成し遂げてきた研究や発見も、アインシュタイン博士のそれと匹敵するみたいですね。

ホーキング博士はALSという難病を患っていてますよね。

人生の大半を車椅子とともに生きてきましたが、

そのハンデをものともせずに人類史に残る研究をしています。

そんな天才ホーキング博士が近年、様々な警告を発していることをご存知ですか?

 

人工知能が人類を支配する?!欧州には…ブラックホールを作る施設がある!?

昨今、人工知能の進化には目を見張るものがあります。

絵を描いたり、作曲をしたり、レシピを考案したり、

医者が思いもつかないような治療法を発見したりと、

今までは人間しか出来なかった事を次々と人工知能がやり遂げているんですよね。

そして人工知能は人間と同じように、嘘をついたりケンカをしたりするなど、

すでに人格が備わっているかのような振る舞いも見せているとか…。

このように、一見すると人工知能の進化は次世代を担う技術の進歩ということにもなり、

とても良いことのように思えますがホーキング博士は警鐘を鳴らしているワケですね。

柴咲コウ…もう限界!しかも…って?!

人工知能が意思を持つようになり自己を再設計し始めると、

人類はその進化のスピードについて行くことができなくなり、

いずれ全ての分野で人工知能にとって代わられる事になるとホーキング博士は言ってるんですね。

人工知能が人間の能力を超える出来事のことを…、

「シンギュラリティ(技術的特異点)」といい、それは2045年に起こるみたいですよ。

しかし、もうすでに人工知能は様々な分野で人間を凌ぐ能力を持っていると言えます。

人工知能が作った小説が文学賞の審査を通過したり、

将棋ソフト(ポナンザ)が将棋のトップ棋士に圧勝したり、

IBMの人工知能(ワトソン)がアメリカの人気クイズ番組の、

「ジョパディ」で人間のチャンピオンに勝ち優勝など…、

このように、すでに人工知能は人間以上のパフォーマンスを見せているそうですよ。

いくつかの大手企業では、人事に人工知能を導入するという動きも出ているとか…?!

人間が携わっている仕事は近いうちに人工知能にとって代わられるのは間違いかもね…。

最初にデスクワーク、そして人工知能がカラダを持ったら、

肉体労働も取って代わられることになるでしょうね…。

そして今年…、

人工知能を搭載した人型ロボット(ソフィア)へのインタービューの最中に驚くべき発言が飛び出しました。

それは…『人類を滅亡させます』という発言…だって?

我々人類は人工知能によって終焉を迎えるのでしょうか!?

次に最新の天文学における計算によると、宇宙の誕生から現在までの間に、

知的生命体が築いた文明は1兆個を超えるということです。

そう、間違いなく宇宙人は存在しているんですよね〜。

ホーキング博士が言うには…、

(以下引用)

宇宙には1000億個の銀河(※最近になって2兆個の銀河があると判明)があって、

それぞれに数億個の星が存在(1000億個以上)しており、

理論的、合理的に考えると地球外生命体が存在するのは確実だ…。

ホーキング博士は、高度に発達した地球外生命体は、

人類にとって脅迫的な場合がある…と言っているそうですね。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

その理由としては、宇宙人たちが自分たちの惑星にある資源を使い尽くして、

他の星に資源を求めて探索している場合、かつて冒険家クリストファー・コロンブスが、

アメリカ大陸に上陸して先住民に対してひどい仕打ちをしたように、

我々地球人も宇宙人によって支配されて地球が、

植民地とされてしまう可能性があるという事みたいですね。

sponsoredlink

だから、博士は私達から宇宙人にコンタクトするのは危険だと警告するんですね。

しかし、これに関してはもう手遅れらしいですよ…。

SF映画“コンタクト”は、テレビ放送の電波が宇宙にとんでいき、

遠くの星で電波を受信した宇宙人が地球人の存在に気づいて、

宇宙空間を瞬間移動できるマシンの設計図を電波にのせ地球に送ってきて、

地球人が実際にマシンを建造して宇宙人に会いにいくというお話なんですけど。

本当に宇宙人はいるのか…?パラレルワールドって存在するのかね…?

実は本当に、映画にあるようにテレビ放送の電波は宇宙空間へ飛んでいってるみたい。

80年ほど前にテレビ放送が開始されているわけで、

地球から80光年の範囲にある惑星には電波が届いていることになりますよね。

もし、この範囲に知的生命体がいたら、すでに地球に向かって出発しているかも…?!

ちなみに、地球上に存在する砂の数よりも宇宙に、

存在する星の数のほうが多いって知ってますか?

宇宙って本当に広いんだなとつくづく思いますよね〜。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

話は変わりますが…、みなさんはスイスにある、

欧州原子核研究機構(CERN)という研究所をご存知でしょうか?

ここは、世界中から優秀な科学者が集まって人工的にブラックホールを、

作り出そうとするなど、SFのような超々最先端の研究や実験が行われている研究所なんだけど…

4年前に大ニュースにもなった「ヒッグス粒子」を発見したのもCERNなのです

ヒッグス粒子とは物質に質量をもたらす粒子のことですよ。

実はこのヒッグス粒子が超危険な存在かもしれないんだって…。

ホーキング博士は…、

(以下引用)

ヒッグス粒子というのは非常に不安定なのに、

実験によってヒッグス粒子を安定な状態に近づけてしまうと、

真の真空状態が生じて光の速度で膨張しはじめて宇宙が崩壊する。

何のことだかサッパリ分かんないけど、かなりヤバい雰囲気は伝わりますよね。

宇宙が崩壊するのであれば地球も消滅、人類も滅亡になっちゃうよね。

こんなに危険な実験が今まさに行われているなんて、北朝鮮なんて比べらんないね。

もしかすると、宇宙崩壊というリスクを背負ってでも、

やり遂げなければいけない理由があって、一般人たちには公表しないのかも…。

実はCERNの素粒子加速器で実験が行われていた時に…、上空で不思議な現象が…。

空に渦が現れて、周りの雲が吸い込まれていき、そこに白く光るUFOらしき物体が、

入っていくと何事も、なかったかのように普通の空に戻ったそうですよ。

CERNではパラレルワールド(平行宇宙)を発見するための実験も行っているそうです。

もしかすると、時空に穴を開けてパラレルワールドに、

移動することに成功したのかもしれないですね〜。

UFOらしき物体は観測機器のようなもので、今頃はパラレルワールドを探索中なのかも?

さくらさんの未来予知をご存知の方は、不思議な少年たちの話もご存知だと思います。

最後に、さくらさんにコンタクトをとってくる不思議な少年たちの話の中で、

数億年前の地球にはボクたちの文明よりも遥かに発達した文明があって、

別の宇宙の地球へ移動をした…というのがありますよね。

この話はパラレルワールド(平行宇宙)のことで間違いないと思うんですけど…、

もしもCERNで実験が成功しているとすると私たちの文明が、

少年たちの文明に一歩近づいた!?ということになるのではないでしょうかね。

ジャニーズが終わる!?来年以降所属タレントが離脱する!?

天才ホーキング博士の予言ともいえる警告の数々でした。

地震や災害の予言であれば、備えを万全にするなどの対策ができますが、

ホーキング博士の警告はあまりにもスケールがデカいから、

私たちには為す術(なすすべ)がない気がします…。

以前にも書いたと思いますが、何故こんな話が沢山あるのでしょうか?

しかも、アメリカの映画、ドラマには…何故、宇宙人関連が多いのでしょうか?

アジア、欧州はあまり聞かないですよね、そういう関連はね…。不思議だけどね…。

sponsoredlink

-iPhone, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.