芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 芸能 都市伝説

これってもしかして?!宇宙人との繋がり?1600年前から?!

投稿日:

sponsoredlink

ローマ帝国の時代に…ナノテク?!リュウクルゴスカップって?

“ナノ”の技術といわれても、なかなかピンとこないですよね。

1ナノメートル…、つまり10億分の1メートルの世界での話ですね。

物質を構成している最小の単位である原子や分子レベルでの技術開発は…、

1974年から“ナノテクノロジー”と呼ばれるようになりました。

そして…、今後もさらなる発展が期待される21世紀の注目技術のひとつですけど…。

がしかし、この“テクノロジーの最先端”ともいえる、

ナノテクノロジーを駆使して作成されたモノが、なんと…、

すでに1600年前のローマにあったという驚きの報告があるそうですよ。

あるオンラインジャーナルが、興味深い事が記していたので書きたいと思います。

 

 

 

リュウクルゴス王をモチーフにした聖杯…その聖杯が光の当たり方で…

時は遡ること…、ローマ帝国が栄えていた時代まで遡ります。

紀元295年~325年の間に作られたであろう“ある杯”に、

実は、“ナノテクノロジー”を駆使した装飾が施されていたんですよ。

それこそが…、「リュクルゴスカップ」もしくは、

「リュクルゴスの聖杯」として知られる、ただの、ガラスの杯です。

現在は大英博物館に所蔵されているが、この杯…、

光の当たり方によってその色を変えるという不思議な色彩をしているみたいです。

 

相葉雅紀…過去の匂わせ行為が…!年上彼女の信ぴょう性高まる!

 

スパルタの王であったリュクルゴスの死をモチーフとしてるそうですよ。

ローマ時代特有の重厚な装飾を施された「リュクルゴスの聖杯」は、

正面から光が当たっている時には、不透明な緑色をしているんですね…。

しかし、光が裏側から当たると…、あら不思議、透明な赤へと変化するのですよ。

sponsoredlink

長年の間、この変色は歴史的にも、芸術的にも、科学的にも謎とされていたそうです。

しかし今回、イギリスの研究チームによって秘密が解き明かされたんだとか…。

その変色のメカニズムは、なんと先ほど話していた、

分子レベルの光学的変化に由来するという事なんです。

 

人間選別始まる…2018年から始まる!?

 

ガラスに含まれているコロイド金粒子と銀粒子が光を浴びることによって、

その粒子に含まれる原子が振動し、その結果、光の透過度と色を変えるみたいです。

塩の粒子の1000分の1って言われても?!って感じの技術を1000年前の人がつくるなんて?

この粒子は50ナノメートルという大きさで、塩の粒子の、

1000分の1の大きさの世界での変化になるんですって、よく…、分かんないよね。

現在のテクノロジーを持ってしても、この正確な配合を成し遂げる事は、

非常に難しいとされていて、ローマ時代の職人が、

何らかの理由で偶然にも変色の仕組みに気がついたか、

既知の科学とは異なる技術を利用したか、あるいは、

すでに現在の科学が取り組んでいるナノテクノロジー同様の技術を、

利用して作成されたとしか考えられないんですってよ…マジスゴいよね。

 

小林麻耶に妹麻央がマジギレ…深刻な状況に…

 

同様の手法を用いて作成された同年代の出土品てか、

現存する芸術品なども乏しくて、原形をとどめているものは、

この「リュクルゴスの聖杯」だけともいわれているんだって。

はたして、この聖杯は科学的オーパーツなのか、それとも、

偶然に偶然が重なった奇跡の一品なのでしょうか…?

真実は、分かんないけど、王の死を象徴的に表す“血の赤”に染まる、

杯の工芸技術的価値が、芸術的価値と同様、極めて高いことはご理解頂けますよね。

知られざる聖杯の研究が、さらに進展することを期待したいですね。

でも、わたしの意見を言わせて頂きますと…、学歴はないですけど、

やっぱり…アチラ側の人が来て、ヒューマノイド型と接していたのでは?!

 

木村拓哉ゴシップ…実は娘の…?!

 

どうしても…、そっちに付けたくなってしまうんですよね〜。

宇宙って…広いですからね、地球の人達だけでは無いと思うんですけどね…。

 

 

 

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 芸能, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.