芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 芸能

小室哲哉…引退の本当の理由とは…!?

投稿日:

sponsoredlink

小室哲哉…引退の本当の理由とは…!?

1月19日に小室哲哉さんが芸能界引退を表明しましたよね。

表明のきっかけとなったとされるのは、小室さんが体調管理など…、

ビタミン注射を打っていたみたいですけど、その看護師の女性との、

不倫を週刊文春に報道されて、不倫をして芸能界にも残っている人は沢山いるけど…。

小室さんが引退を表明したのにはそれなりの理由があるんですって…。

小室さんは会見冒頭に…、

妻であるKEIKO、家族、ファンの皆さま、スタッフの皆さま、

いろいろな方々にご心配をお掛けし、お相手にも、

ご迷惑をお掛けしたことをお詫びいたしますと頭を下げたそうですよ。

そして、謝罪した上で、おわびのお話をすると同時に、

僕なりの騒動のけじめとして“引退”を決意しました…と切り出したんです。

小室さんは事前に書いてきたという文書を読み上げて、

KEIKOさんの現状について、女性というよりは女の子になった…とか、

音楽にも興味がなくなってしまった…と明かしたそうですね。

 

KEIKOの看病に疲れた小室哲哉…妻ではない…そして音楽にも興味がない?!

KEIKOさんの看病については、大人の女性に対してのコミュニケーションが、

日に日にできなくなって、ちょっと疲れ果ててしまったそうです。

小室さん自身は恵まれた環境で、音楽に向かわなきゃいけない時間が増えて、

ずっとKEIKOさんのサポートをすることができなくなりって、

スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきたとして…、

小室さん自身がストレスなどによる突発性難聴を患っていることも明かしたらしいです。

木村拓哉ゴシップ…実は娘の…?!

小室さんの引退理由は、『曲作りに疲れた』というのが本当のところみたい…。

突発性難聴が曲作りの障害になっているのは間違いないみたいですけど、

それ以前に、なかなか精神的に乗っていかない…と周囲に漏らしてたそうですね。

周囲がヒット曲を期待するなかで作曲を続けてきた小室さんには、

ついに集中力の切れる瞬間がやってきたのかもしれませんね…。

また、小室さんが不倫疑惑の報道で引退を表明したことで、

ほかにも報道されていない事柄があるのではないかという疑惑も生まれているんですって…。

おそらく看護師との関係をこれ以上追及されると、まずいことが出てくるのでしょうね。

週刊文春はこの不倫疑惑については、第2弾、第3弾も用意しているとか…。

1990年代にミリオンセラーの楽曲を連発していた小室哲哉さん…。

一説には、ヒット曲を出すと、その権利を巡って詐欺まがいの手口で、

版権を持っていこうとする連中に対峙するのも疲れたと囁かれているみたいですね。

2009年ごろには、小室さんの楽曲の使用権を持っている。買い取れ…と、

ある会社から恐喝まがいの連絡がきたことがあるんですって…。

このタイミングあたりから『業界での権利争いはもううんざり』と、

周囲に話をしたそうで…いずれにしても、引退すればプレッシャーもない。

いいタイミングだったのかもしれませんよね…。

世間一般的には、奥さんがいて不倫をしているのでアウトですよね〜。

小室さんは音楽界を引っ張ってきた1人でもあるし、

後輩たちからすれば偉大な人でもありますよね…。

奥さんのKEIKOさんが脳梗塞で倒れて、体調が回復しても、

脳の回復はしなかった状況ですので小室さんとの会話が成り立たないばかりか、

小室さんは娘のように接していると言われていますね…。

献身的な介護と自身の突発性難聴もあり、自分自身も辛いので逃げ場があっても…ね。

という事ですが、それはそれ、不倫は不倫でいけないことですよね。

辛い気持ちも分かるけど、さすがに夜を共にして一緒に寝て何もなかった…と、

sponsoredlink

言われてもさすがに信じがたいものがありますよね、間違いなくね。

小室さんは献身的に妻KEIKOさんを看病してきたイメージが世間的には強くあります。

木村拓哉の娘が…芸能界デビュー?!

そのイメージを守るために無理はあるけど、男女の関係を絶対に否定しておきたい…、

けど、週刊誌記者は決定的とされる情報を次々に用意している…。

いったい小室さんはどうすればイメージを壊さず逃げ切れるのでしょうかね?

と考えた時に、究極の選択でもある「引退」という選択肢を選んだのでしょうか?

KEIKOには…本来なら同情されるはずが、されない…何故なのか?!

世間からすれば何も情報が出ていない状況で引退ともなると、

世間から同情が得られやすいと考えたんですかね?

そしてその理由が「介護」と「仕事」で、なおかつ自身の健康面の不安を話せば尚更ですよね。

最近の小室さんは全盛期の頃とは言えないかもしれないけど…。

仮面ライダービルドの主題歌で浅倉大介さんと組みBeverlyさんが歌う、

「Be The One」で息を吹き返したと思いましたが残念ですよね〜。

で、先ほどからあがっている不倫相手の話なんですけど…。

近日中に逮捕か…?!ベテラン俳優?!

確かに色々な面で悩んでいた小室さんには、心の逃げどころが、

女性看護師しか無かったのかもしれませんけどね、

精神的にやられては元も子もないので引退は小室さんにとって、

身体を休められる、良いタイミングだったはずですよね。

1月18日発売の週刊文春が小室哲哉さんと女性看護師の不貞疑惑を報じられましたね。

妻のKEIKOさんが病気療養中であること、小室さんがツイッターで、

彼女への変わらぬ愛と自身の献身ぶりを明らかにしていたこともあって、

思わぬ裏切りに厳しい批判の声が上がっているそうですね。

それで、19日には小室さんが引退会見して、失意の、

KEIKOさんには同情の声が集まってと思いきや、そうでもないみたいですよ。

KEIKOさんに同情できないでいるのは、意外にも、

かつて彼女のファンだった40代の女性達みたいですね。

その理由をglobeの元ファンだという46歳の主婦の方はこう話してます。

華麗な女性遍歴、結婚歴を持つ小室さんを最終的に射止めたのがKEIKOさんです。

結婚したのは2002年でしたが、小室さんは前年に、

『dos』のメンバーだったAsamiさんとデキ婚したばかりだったんですよね。

2002年には子供も産まれていた。そんな小室さんをKEIKOさんは奪い取っている…。

今回、看護師に小室さんを取られていたとしても…、

気の毒だとは思っても心底同情する気にはなりません。

昔のファン仲間からメールがありましたが、みな同じような意見でした…。と言われる。

Asamiさんとの離婚が成立する前から小室とKEIKOさんが、

交際していたかどうかははっきりしないけど…、

常識的に見ればそう考えるのが普通ですよね…。

事実関係だけでいくと、KEIKOさんが小室さんを前妻から奪ったように見えますけど、

実際は小室さんのほうがKEIKOさんに熱を上げていましたよね。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

『KEIKOの略奪愛』と言うより、『小室の多情』と言うほうが正解でしょうか…!?

病気と闘うKEIKOさんと彼女と献身的に介護してきた小室さん…。

その間には、他人には計り知れない愛の形があったのかもしれないですね…。

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 芸能
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.