芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 歴史 都市伝説

アメリカで真四角の雲…?これって…!?

投稿日:

sponsoredlink

アメリカで真四角の雲…?これって…!?

いきなりなんですけど…アメリカで四角い雲が撮影されたそうです。

その形は自然現象とは思えないほど整っていて、

陰謀論者たちは極秘の気象兵器「HAARP」によるものだと訴えてるらしいです。

アメリカで撮影された正方形の雲…今月23日付のイギリス「Express」の記事だと、

謎の雲はアメリカのアリゾナ州南西部の都市ツーソンで撮影されたんですって…。

動画にも四隅がほぼ直角の、正方形の巨大な雲が青い空に浮いている様子が映されているそうですよ。

この動画はFacebookに投稿されるとたちまち評判となった。

 

 

HAARPって…何?化学兵器?軍事兵器?

先程も述べたように、動画に映された雲の形状は自然現象とは思えないほど美しく整ってるそうです。

HAARPとは米軍でかつて行われていた実験プログラムの、

High Frequency Active Auroral Research Program(高周波活性オーロラ調査プログラム)を指すそうです。

難しくて、よく分からないですね。

このプログラムのため、米アラスカ州には巨大なアンテナが、

立ち並ぶ実験設備が大金を投じて作られたそうです。

木村拓哉ゴシップ…実は娘の…?!

プログラムの目的は地球の電離層を調査研究することとされていますが、

陰謀論者の間ではハリケーンなどの災害を引き起こしたり、

地震や火山噴火を誘発したりする秘密兵器の開発だともっぱらのウワサみたいで…。

2014年までにHAARPの実験プログラムは終了していて、

アラスカの施設も米軍の手を離れ、現在はアラスカ大学フェアバンクス校が管理しているそうですね。

だが、陰謀論者たちはHAARPが今なお世界各地の地震や火山の噴火、

そして気象を操作していると考えているそうです。

今回撮影された奇妙な雲はHAARPによる気象操作の証拠であるというのが彼らの主張らしいですよ。

四角い雲は過去にも目撃・撮影されたことがあるそ。

例えば、英イングランド南西部のエクセターの街でも2014年に、

sponsoredlink

四角い雲が目撃されて話題になりましたが、今回のもののように、

頭上を覆うような巨大な雲ではなかったが、きれいな長方形をした…、

雲の画像はとても不思議だと大きな反響を呼んだそうですね。

佐藤健の止まらない悪評…何故?

 

飛行機雲か?それとも…HAARPか?それともフェイクか?

このときの長方形の雲については、正体は飛行機雲であるという説が有力視されているんですってね。

飛行機雲の原因はジェット機などのエンジンから排出される水分や、

飛行機自体が巻き起こす空気の渦ですけど、飛行機雲は、

上空の湿度や風などの条件がそろっている時にだけ発生するそうですが、

空のごく一部の場所にだけその条件がそろうこともあるらしいです。

東出昌大 杏…離婚なの?!

その場所を飛行機が通り抜けると、そこにだけ飛行機雲が発生して、

短い飛行機雲はやがて風によって広がり、奇妙な長方形となったと言う話みたい。

また、気象衛星や宇宙ステーションから巨大な直角を持つ雲が捉えられることもあるそうです。

2014年にNASAの宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影した写真には、

三辺が真っ直ぐに切り落とされ、二つの直角を持つ不思議な雲が映っているそうです。

だが、このような雲は地形や前線によって説明できるんですってね。

なお、今回のアメリカで撮影された映像には別の可能性も指摘されているとか…。

それはフェイクである可能性で…、残念なことだが、

不思議な形をした雲のフェイクビデオは他にも多数存在しているみたい。

ネット上にはリアルな雲を描くための方法が多数紹介されており、誰でも試すことができるんですってね。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

アメリカの空に現れた正方形の雲は、秘密兵器の証拠か…、

驚くべき自然現象か、はたまた人騒がせなフェイク映像なのか…?

それとも…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 歴史, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.