芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 芸能

女帝・工藤静香…その理由は?

投稿日:

sponsoredlink

女帝・工藤静香…その理由は?

『週刊文春』で恒例の企画『女が嫌いな女』ランキング、ついにその結果が出たようです。

2位に200票の差をつけて、“栄えある”1位に輝いたのは工藤静香さんです。

この企画は今年で13回目になるみたいで、静香さんは、

2015年には37位と振るわなかったのですけどら“SMAP騒動”があった2016年は5位、

そして昨年は4位で、着実に順位を上げてきたのがわかりますゆね。

木村拓哉さんがこの人とさえ結婚していなければ、

SMAPにも間違いなく違う未来があったはずです。

という、少々飛躍していると思うような意見をはじめ、

言うことがいちいちSMAPファンの気持ちを逆なでするみたいで…。

元々嫌いだったが、娘を押し出してきた最近は、腹黒さを感じて嫌いさに拍車がかかってきたとか、

夫のことも娘のことも自分が目立つための踏み台にしてるとしか見えないなどと、

静香さんを嫌う人たちの“理由”が羅列されているが、ほとんど感情的な意見だと見て取れる。

 

何故…ここまで嫌われるのか?

それにしても、静香さんはどうしてこんなに嫌われるのでしょうか?

静香さんが木村拓哉さんと結婚したのは、いまから、

18年前の2000年12月で、妊娠4か月の“授かり婚”でしたよね。

『おニャン子クラブ』の一員だった静香さんが、

注目されるようになったのは1987年ごろ、生稲晃子さん、斉藤満喜子さんとともに、

派生ユニット『うしろ髪ひかれ隊』として活動を開始してからですよね。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

人気が下火になり始めた『おニャン子』の中でひとり気を吐き、脚光を浴びるようになって…。

その年にソロデビューすると、初シングルはオリコン1位を記録しました。

その後もヒット曲を連発し、人気アイドル歌手の仲間入りを果たしています。

中山美穂さん、南野陽子さん、浅香唯さんと共に女性アイドル四天王と呼ばれたことも…。

また、ドラマに出演し、女優として活躍するほか、

画家としての才能も発揮、二科展では度々入選を果たしていますね。

アイドル歌手というだけでなく、マルチな活躍をする彼女は人気がありました。

もちろん男性のファンが圧倒的に多かったのですが、

化粧品のCMに登場するようになると、女性ファンも増えていきましたね。

しかし、すべての面において絶頂期にあった木村さんとの交際が発覚したとたんに、

一気に“アンチ”が増えだし、結婚したことで、完全に“悪者”となってしまいました。

木村さんのファンは“妊娠して、結婚を避けることができない状況に追い込んだ”、

sponsoredlink

年上なのに相手の立場を考えない、結婚するためには、

手段を選ばない、狡猾だ…などと、怒りをあらわにしていたそうです。

北海道地震を的中させた占い師がいる!?

そのため、結婚後は表舞台に出ることを控え、

公の場でも“夫”について触れることはいっさいなかったのですかね。

それは徹底していて、ママ友たちとの会話でも、

木村さんの名前が出ることはなかったそうですよ。

 

 

女帝…工藤静香、どこまで続くのか?

木村さんにしても、妻のことや、結婚生活について語ることはなかったですからね。

いつの時代も、女性ファンは、男性アイドルと付き合う女性を“敵”とみなしますからね。

彼女たちを刺激しないように、またメンバーを守るために、

SMAPのマネージャーだった飯島さんは日ごろの言動を厳しく指導していたそうです。

彼らにとって“親”も同然でしたから、木村さんにしても従うしかなかったでしょうね。

ところが、“SMAP騒動”が勃発すると状況は変わっていきました。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

マスコミは事務所残留を決めた木村さんに取材したいのですが、

それがかなわないため、妻である静香さんに話を聞く事に…。

沈黙を破って、一部週刊誌の取材に答えた静香さんだったが、

キムタクファンはこれが面白くなかったようですね。

“裏切り者”の汚名を着せられた夫を、妻が援護するのは当然のことだと思いますが、

飯島さんがいたら、そんなことはさせなかったでしょうね。

この手の騒動はやがて沈静化するものですし、

妻であっても部外者ですから、黙して語らずのほうが無難です。

また最近では、次女Koki,さんが芸能界デビューを果たしたことで、

静香さんの名前を目にすることも多くなり、キムタクファンはますます、気にくわないようですね。

Koki,さんがあきらかに父親似であったため、ファンにとっては、

“木村拓哉の娘”だけでよかったんだと思います…と…。

キムタクファンが静香さんを嫌うのはわかりますが、

それ以外の人たちは、なぜ彼女を嫌うのでしょうか?

最近、感じるのは彼女の“女帝感”です。プロデュース能力に長けているともとれますが、

夫より力を持ち、夫や子どもを自分の思うままに操縦しているように見えるんですね。

いつの世も“女帝”は恐れられ、嫌われていますからね…。

都市伝説・世界で最も語られている陰謀論!!

 

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 芸能
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.