芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

FBIがある太陽天文台を封鎖!何故?

投稿日:

sponsoredlink

FBIがある太陽天文台を封鎖!何故?

アメリカのニューメキシコ州サンスポットにある国立太陽天文台が、

FBI(連邦捜査局)によって唐突に封鎖されたとのニュースが世界中を駆け巡っているみたいで…。

アメリカのニュースABCの報道(9月10日付)によると…、

今月6日から、FBIが国立太陽天文台を封鎖、地元の郵便局員も近隣地域に異動させられたそうですね。

ずいぶんと物騒な話だが、FBIは封鎖理由を公開していないというから、なお恐ろしいですよね…。

同天文台のスポークスマンであるシャリ・リフソン氏によると、

施設の再開予定は今のところ未定とのことなんですけど…、

一体、何が起こったというのでしょうかね?ウィルスとかみたいではないみたいだし…。

イギリス紙Daily Mail」(9月12日付)は、天文台の上空では、

軍用ヘリコプターのブラックホークが飛び交っていて、ただならぬ様子ですよね。

関係者は「安全上の問題に取り組んでいる」と語るだけで、詳細については皆口をつぐんでいるようです。

 

 

巨大なコロナホール…そしてG2レベルの磁気嵐が…

問題の場所が太陽天文台であることを考えると、

何かしら太陽に関係する緊急事態があったと考えることもできますよね。

実際、ここのところ太陽では巨大なコロナホールが形成されており、

今月11日には、その影響でG2レベルの磁気嵐が地球に降り注ぐと、

アメリカ海洋気象庁(NOAA)が発表していますよね。

小林麻耶に妹麻央がマジギレ…深刻な状況に…

しかし、G2レベルの磁気嵐は11年間で600回ほど起こっており、緊急事態には程遠いワケで…。

実は公表されている以上の磁気嵐が起こることを太陽天文台が発見してしまったと仮定しても、

施設を封鎖する理由にはならないでしょうし、

むしろ今後の観測がより重要になってくるだろうし、

磁気嵐の影響は地球レベルであるため、職員を天文台から避難させたところで何の意味もないですよね。

sponsoredlink

あまりにも謎すぎる天文台の封鎖に、UFO研究家のなかには、

同天文台が撮影した太陽の写真に写ってはいけない、

UFOが写り込んでしまったのではないかと推測する人もいるそうです。

松本潤…葵つかさと復縁かも!?

かねてより、太陽では多くのUFOが目撃されている!?

かねてより、太陽には多くのUFOが出没していることが明らかになっているそうです。

惑星サイズの超巨大UFOや、ジョウロ型のUFOや、

キューブ型のUFOなど、挙げればきりがないみたいですよ。

ゲリーボーネル…日本の大地震を予言!?そして東京オリンピックは中止!? 

これらのUFOはどれも太陽に異常なまで接近していたため、

太陽から直接エネルギーを補給していたのではないかと考えられているそうです。

だが、このように太陽に接近するUFOの画像や映像はインターネット上に溢れていて、

UFOが撮影されてしまったところで天文台を緊急封鎖する理由になるとは思えないですよね。

決して世間に知られたくないものが写ってしまったとしても、

その場合は画像・映像編集をしてしまえば済む話だし、

それは現にこれまで行われてきたことでしょう。

それとも、アメリカ政府も驚くような何かが写ってしまったというのだろうか、

はたまた写り込んだUFOからの攻撃や宇宙人の来襲でもあるのでしょうか…?

いずれにしろ真相は闇に包まれている。胸が高鳴る事件だけに、

凡庸な結末にはなって欲しくないワケで…今後の有力情報に期待しましょう。

北海道地震を的中させた占い師がいる!?

 

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.