芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 歴史 都市伝説

中国のチャン族…日本と類似が多い!?

投稿日:

sponsoredlink

中国のチャン族…日本と類似が多い!?

TVを見てたら…世界!極タウンに住んでみる(フジテレビ系列)で、

チャン族(羌族)という少数民族のことを放送していました。

面白かったので、書いてみる事にしました…。

ちょっと調べてみたら…このチャン族が、古代イスラエルの、

「失われた10支族」の末裔である可能性が高いらしいですね。

信仰形態や習慣に10支族と類似する点が驚くほど多いそうです。

チャン族は、前述の地域以外にも同州の各地に居住していて、

シナ・チベット語族のチベット・ビルマ語派に属するチャン語を話しているそうです。

このチャン族が「失われた10支族」の末裔ではないかと主張しているのは、

他ならぬイスラエルの国家機関「AMISHAV(アミシャーブ、アミシャブ)」です。

彼らの任務は世界を股にかけて「失われた10支族」を探し求めることみたいで、

すでにインド、中国、ミャンマーなどで該当する民族を発見し、

イスラエルへの「帰還」を果たした例もあるそうです。

彼らが現在も分析を続けている民族の一つこそ、チャン族なのです。

 

 

 

失われた10支族…大変興味深い

では、彼らを「失われた10支族」の末裔と考える理由はどこにあるのでしょうか?

まず、チャン族は自らを「アブラハムの子」と称しており、

彼らの父祖には12人の息子がいたという。これは、

ちょうど旧約聖書でユダヤ人の父祖とされるアブラハムに12人の息子がいて、

後に全12支族につながるという記述と一致することに…。

チャン族の信仰形態はアニミズム(精霊崇拝)的な多神教ですが、

その神々の最高位に位置するのは神を「アバチ(精霊の父)」または「ユイワ」と呼ぶそうです。

この「ユイワ」は、旧約聖書に登場する唯一神ヤーウェ(ヤハウェ)が転訛した可能性がある。

FBIがある太陽天文台を封鎖!何故?

チャン族には、『ムジショ』と『ピグニョ』という2つの叙事詩が受け継がれているそうですが、

これらによると、彼らの祖先は西北の草原地帯から移り住んできたそうです。

さらに興味深い記述は、たとえば羌人(チャン族の祖先)が、

天女ムジショと結婚するために天界へ行き、天帝から結婚の許しを得るが、

天界を去る時には決して後ろを振り向いてはならない…という忠告をムジショが破ったため、

家畜のほとんどが逃げて野獣になってしまった…。

これは、ちょうど旧約聖書の『創世記』で、ソドムとゴモラが滅ぼされる際に、

神の使徒がやって来て、ロトの家族に「決して振り返るな」と、

言ったにもかかわらず彼の妻が背いたため、塩の柱になってしまった話と酷似していますよね。

また、チャン族の叙事詩には、天神の怒りを買って、

洪水が起こった…という話もあるが、これも同様に旧約聖書の洪水話と似ているそうです。

チャン族には「シピ」と呼ばれる宗教的職能者がおり、時には村全体のために、

そして時には病人のために経文を読み、ヤギを身代わりに犠牲にする呪法も行うのだが、

これはユダヤ人の風習「アザゼルの山羊」を想起させますよね。

贖罪の捧げ物として2匹の雄山羊を用意し、1匹を屠って神に捧げ、

もう1匹を砂漠に放すというものだが、これが「スケープゴート」という言葉の由来にもなっているとか。

チャン族では、夫が死ぬと未亡人は夫の兄弟と結婚するそうです。

sponsoredlink

これは、ユダヤの「レビラート婚」と同じ制度であり、

かつては日本の一部にもその風習があったらしいです。

そしてチャン族は、農暦(中国暦)の10月1日を新年とするが、

これはユダヤ暦で7番目の月(9月か10月)を新年と定めている点に類似するみたい。

小林麻耶に妹麻央がマジギレ…深刻な状況に…

他にも、山の頂上に築いた自然石の祭壇で神に犠牲を捧げる点、

さらに家屋の扉の側柱に血を振りかけて家内このように、

チャン族の信仰や生活には、古代イスラエルの民と共通する要素が実に多いみたい。

そして特筆すべきは、その一部が日本の文化でも見られることでしょうか。

チャン族と日本人にも共通点が実に多いそうですよ。

 

 

もしかしたら…聖書の民!?だったら歴史が変わる?

まず、その容姿で、チャン族の女性には美人が多いことで知られるが、

その中には日本の女優にいても不思議ではない顔立ちの人がいるそうです。

また、チャン族には天孫降臨神話も受け継がれており、

自ら「天孫」を自認して…そして最高位の神のほか、

太陽神、祖先神、山の神、樹木の神などさまざまな神を崇拝することも、

八百万の神々を信仰する日本人と同じで、しかも、チャン族は、

日本語を聞くと大方の意味を理解できるという情報もあるそうです。

人類最古の遺跡?!ギョベクリテペの謎?

 

意味と発音が似た言葉が多く、たとえば「タタミ」という単語は床を意味するそうです。

『失われた10支族』で紹介されている10支族の候補たちが住む土地を見ると、

アフガニスタン、インド、ミャンマー、中国などのアジア諸国に点在していますね。

10支族は、イスラエルの東方へと向かったことになるが、

その東の果ては、ズバリ日本で、ここで10支族とチャン族、

そして日本人のつながりが見えて、同書でも、

10支族の末裔の最有力候補として「日本」を挙げている。

これらはすべてイスラエルの国家機関が認めるほど信憑性の高い話みたいです。

もちろん日本人のすべてが古代イスラエル人の末裔であるわけではないでしょうが、

たとえその一部でも「聖書の民」の末裔だったとすれば、

日本の歴史は大きく塗り替わることになるワケです。

今後、もしアミシャーブが日本人の一部を10支族の末裔だと認めたとして、

イスラエルに「帰還」を望む日本人がいるだろうか? いずれにしても、

真実を求めてさらに探求する価値は十分にあるでしょう。

安全を祈る点に至っては、ユダヤ人の「過越祭」とまったく同じですよね。

ちなみに、これと似た風習は沖縄にも残されており、

血に浸した木の枝や家畜の骨を家の戸口や集落の出入り口に吊るす、

「カンカー(看過)」という行為も、イスラエルとのつながりを感じさせ興味深いところですね。

このようにチャン族の信仰や生活には、古代イスラエルの民と共通する要素が実に多いワケです。

そして特筆すべきは、その一部が日本の文化でも見られることでしょう。

チャン族と日本人にも共通点が実に多いのです。

これらはすべてイスラエルの国家機関が認めるほど信憑性の高い話である。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

もちろん日本人のすべてが古代イスラエル人の末裔であるわけではないだろうが、

たとえその一部でも「聖書の民」の末裔だったとすれば、

日本の歴史は大きく塗り替わることになりますね。

今後、もしアミシャーブが日本人の一部を10支族の末裔だと認めたとして、

イスラエルに「帰還」を望む日本人がいるのでしょうか?

いずれにしても、真実を求めてさらに探求する価値は十分にあるでしょうね…。

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 歴史, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.