芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アメリカ政府が隠蔽する…謎の穴って?!

投稿日:

sponsoredlink

アメリカ政府が隠蔽する…謎の穴って?!

杉沢村伝説をご存知でしょうかね…?青森県の山中に存在して、

かつて村人全員が惨殺されるという陰惨な事件の末に地図からも消されましたが、

現在もその廃墟には村人の亡霊がさまよっている…という噂話です。

2000年代にテレビなどで報じられて大きな反響を呼び起こした都市伝説の一つですが…、

様々な検証の結果、杉沢村なる場所は実在しないとされています。

しかし、このロマンあふれる伝説は今なお多くの人々に愛されているのです。

実は、杉沢村伝説に似たような噂話がアメリカにも存在するとか…。

1人の男がラジオで話したことがきっかけとなり、多くの人々を魅了して、

今ではウィキペディアにも登録されている「メルの穴」と呼ばれる奇妙な底なし穴の話を…。

 

 

地元では、悪魔の穴と呼ばれた直径約3mの大きさですが、実は深さを知らない?!

伝説の始まりは1997年2月21日に放送されたラジオ番組 Coast to Coast AMでした。

番組のゲストであるメル・ウォーターズ氏は、

ワシントン州エレンズバーグ郊外に存在する不思議な底なし穴について語ったそうです。

ウォーターズ氏曰く、その穴は地元の人々に古くから知られてて、

「悪魔の穴」と呼ばれて…穴の大きさは2~3メートルほどで、

深さがどのくらいなのかは誰も知らなかったそうです。

何かを投げ込んでも、底に当たった音は聞こえてこなかったそうです。

穴は1メートルほどの石の壁で囲まれていて、4~5メートルほどの、

深さまでは手積みのレンガで補強されていたそうです。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

地元の先住民たちはこの穴を呪われていると恐れており、動物も近寄らない…。

周辺はウォーターズ氏の所有地であり、彼はこの穴をゴミ捨て場として使うようになります。

1996年のこと、ウォーターズ氏は穴の深さに興味を持って、

釣り糸に重りをつけて穴の中に…すると驚くことに、

釣り糸は何と8万フィート(約24キロメートル)の長さを超えても底にたどり着かなかったそうです。

ウォーターズ氏はさらに奇妙なことに気づきました。

穴の中に叫んでも音が全く反響しなかったんです。

加えて、穴の近くに置いたラジオからは時折、

奇妙な音声や時代遅れの古い音楽が流れたらしいです。

彼の飼い犬も明らかに穴を怖がっていて、絶対に近寄ろうともしなかった。

ラジオの中で、ウォーターズ氏はさらに不気味なエピソードを披露しています。

地元の男性がこの穴に犬の死体を投げ込んだところ、その犬が蘇って帰ってきたというのです。

犬は小さな金具の付いた首輪をつけていて、間違いなく穴に捨てたはずの犬だったとか…。

ウォーターズ氏の話はたちまち大反響を巻き起こして、

この不思議な穴は彼の名にちなんで「メルの穴(Mel’s Hole)」と呼ばれるようになりました。

ウォーターズ氏は1997年、2000年、2002年にも再度ラジオに出演して、

メルの穴にまつわるさらに奇妙な出来事を語っています。

最初のラジオ出演の後、ウォーターズ氏は再び実験を行おうとメルの穴へと赴いた…。

すると、なぜか政府の役人がいて、飛行機が墜落したから立ち入るなと警告を受けたらしいです。

その後もメルの穴のある土地への立ち入りは禁じられ、許可を求めても得られず、

勝手に入るといえば「何が起こるかわからないですよ」などと脅されたそうです。

結局彼は土地を政府に貸すこととなり、その金で、

オーストラリアに移住するよう勧められたみたいです。

sponsoredlink

ウォーターズ氏は言われた通りにオーストラリアで2年ほど暮らしましたが、

アメリカに帰ろうとすると戻るなという警告を受けたそうです。

KinKi Kids…恒例コンサート中止!その訳は…?

警告を無視してアメリカに渡ると、ワシントンに向かうバスで警察に捕まり、

気がつけばサンフランシスコの街中にいて、歯が一本抜けていて、腕には注射の痕が…。

この間の2週間の記憶はまるで残っていないそうです。

それでもワシントンにたどり着くと、今度は黒い服を着た不気味な人物に脅され、

土地は政府の支配下にあると言われたそうですね。

 

 

 

そして…メル・ウォーターズ氏は実在しない?!この話は一体…!

さらに航空写真や地図を提供する「TerraServer」というサイトでも、

メルの穴のある土地はすっかり消されていたという事です。

すっかり有名になったメルの穴だが、当然、その秘密を解き明かそうとする人々が現れます。

ウォーターズ氏はメルの穴の正確な位置について話さず、

多くの人々がメルの穴の場所を捜し求め、ウォーターズ氏以外にも、

メルの穴を実際に見たという目撃証言も出てきたみたいです。

その中でも特に知られているのは、ジェラルド・R・オズボーン氏、

またの名をレッド・エルクをというネイティブアメリカンの血を引く男性です。

彼は1961年頃から何度もその穴の場所に行っており、UFOも見たと話しており、

現在では政府がその場所をエイリアンにまつわる秘密基地にしていると主張しています。

だが、そのレッド・エルク氏自身も2002年にはメルの穴発見に失敗しています。

FBIがある太陽天文台を封鎖!何故?

メルの穴には疑問も多数提示されている。例えば…、

ウォーターズ氏が行ったという釣り糸の実験ですが、

24キロメートルにも及ぶ釣り糸となれば、どんなに、

細く軽いものでも数十~百キログラムもの重さになります。

その重さを地上から支えるのは大変だし、また、

地下24キロメートルとなればその温度は摂氏700度を超えます。

釣り糸はそんな過酷な場所に耐えられるのでしょうか?

また、そもそも深さ24キロメートルに及ぶ穴はありえないという主張も存在します。

メルの穴があるといわれるエレンズバーグ出身の地質学者ジャック・パウエル氏によれば、

地質学的にも物理学的にも、それほど深い穴は存在できないと言っているそうです。

もしそんな深さの穴を掘ったとして、周囲の地層から、

受ける圧力と熱で自壊してしまうというそうです。

実際、過去にもっとも深くまで掘られたロシアの穴でも深さ14キロメートルほどとされています。

さらにはウォーターズ氏の実在そのものを疑う声もあります。

マニアの調査によって、周辺地域にはメル・ウォーターズという、

名の人物が在住していたという公的記録は一切見つからず、

問題の地域の土地を所有していたという記録も全く見つからないことが明らかとなったのです。

一部には政府による情報の改ざんが行われているという声もあるが、

少なくともメル・ウォーターズという名が偽名なのは明らかでしょう…。

メルの穴と杉沢村伝説には共通点があります…。

それはインターネットによって情報が広まり、様々な人が議論し、

検証に当たったという点…そして現在、検証の結果として、

その実在は疑われているものの、今なお熱心な信者を抱えて、

インターネット上でまことしやかに噂され続けている点も似ています。

グーグルアースでUFOの痕跡やエイリアン基地を探し続ける人もいれば、

ネットで議論しながら地図から消されたとされる村や穴を探し続ける人もいます。

どちらも現代らしいオカルトのあり方なのでしょうねー。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.