芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

スーパーヒューマンの登場で人類は絶望的に!?

投稿日:

sponsoredlink

スーパーヒューマンの登場で人類は絶望的に!?

“大きな問題への簡潔な答え”というタイトルの通りこの本は気候変動や核戦争の危機や、

人工知能の進歩など、現在の世界を取り巻くさまざまな問題について、

ホーキング博士の明晰な見解が収められているそうですね。

この本はホーキング博士が我々に残してくれた最後のメッセージということにもなるのですが…。

その中で将来出現する“スーパーヒューマン”への懸念が述べられています。

今世紀の間に人々は人間の知能と、攻撃性などの本能を、

修正する方法を発見することを私は確信しています…とホーキング博士が言っています。

そしてホーキング博士はこのままのペースでゲノム編集技術などの遺伝子工学が進歩すれば、

人間の新たな種族である“スーパーヒューマン”が出現して、

従来の人間を滅ぼしかねないと指摘し、警告を発しているそうです。

 

 

 

スーパーヒューマンは我々を超えるのか?

人間に対しての遺伝子工学技術の適用はおそらく法律で禁じられるでしょう。

しかしそれでも一部の人々は記憶力や病気への抵抗力、

長寿などの点において人間の品質を高めてみたいという誘惑にあらがえないでしょうね。

この本の中でホーキング博士は、一部の富裕層が今後すぐにでも、

“スーパーヒューマン”を作りあげる遺伝子編集技術を手に入れて、

記憶力の飛躍的向上や病気への耐性、知能を高めて、

長寿が実現することを“予言”して、そしてこれは、

今の我々である“従来型の人間”には大きな脅威になるかもしれない…。

FBIがある太陽天文台を封鎖!何故?

いったんそのような“スーパーヒューマン”が出現してしまえば、

従来型の人間には太刀打ちすることができず大きな政治的問題に発展します。

おそらく従来型の人間は絶滅するか、社会の脇に追いやられるでしょう。

それに入れ替わるようにして、自分で自分をデザインした、

人間の“種族”が急激に増え続けるでしょうとの事です。

格差社会がたどり着く究極の行き先が“スーパーヒューマン”の登場ということになるのでしょうか?

ホーキング博士の“予言”はあまりにも不気味ですよね。

ホーキング博士最後の著書『Brief Answers to the Big Questions』は、

sponsoredlink

昨年に執筆がスタートしましたけど、今年3月の逝去により、

残念ながら最後まで書き切ることはできませんでしたね。

人類最古の遺跡?!ギョベクリテペの謎?

 

 

10個のビッククエスチョンとは何…?それって、これからの人類の問題に…

それでもホーキング博士の娘であるルーシー・ホーキング氏が、

遺稿の体裁を整えて編集し、こうして世に出ることになったのです。

本著でホーキング博士が取り組んだ“ビッグクエスチョン”とは以下の10の問題だとか…。

まず、神はいるのか?どうやって宇宙(あの世)は始まったのか?

ブラックホールの中には何があるのか?我々は未来を予測出来るのか?

タイムトラベルは可能か?我々は地球でサバイバルが出来るのか?

宇宙には我々以外の知的生命体は存在するのか?

宇宙は植民地化すべきか?人工知能(AI)は我々の知能を上回る事が出来るのか?

都市伝説 神武天皇の謎とは…⁉︎

未来をどう形成すればよいのか?

いずれもホーキング博士が生涯を通じて取り組んできた問題でした。

ほかにもこの本の中でホーキング博士は、我々人類は、

将来的に地球を離れること以外に選択肢はなく、

そうしなければ「全滅」する危険性があることを指摘しているとか…。

また今後100年以内にAIは人間の知能を上回ると予測して、

我々はAIが間違った方向へ進まないよう常に確認する必要があると警告している…。

さらにホーキング博士は今後50年以内のうちに我々は生命がどのように始まったのかを理解し、

生命が宇宙の他の場所に存在するかどうかを知ることになると言及しているみたいです。

つまり、あと50年で、エイリアンの存在有無について最終決着がつくという事になる…。

3m越えの大型宇宙人が山形に…何故?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.