芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アフリカに残る…怪しい習慣とは?

投稿日:

sponsoredlink

アフリカに残る…怪しい習慣とは?

アフリカの風習や習慣というものは、我々の想像を遙かに超えているとか…。

昨年暮れ、アフリカ南部にあるB国で暮らしていたある人がパリに引っ越したので、

観光を兼ねて遊びに行ってみると、Aさんの家で衝撃的なものを目撃することに…。

今回、パリで会うすることができたAさんは、

B国でちょっとした企業を設立して大成功を収めた男だ。

ある事業の成功によって生活が大幅に変わり、

 

高級住宅地にプールつきのバブル御殿を建ててベンツを買ってからは、VIPな生活をエンジョイしていたそうです。

そして、その後パリに移り住んでからも、優雅な生活を続けていた。

ところが、意表を突かれてしまったものがある。

8畳くらいの応接間にB国に伝わる神々の偶像が奉られている祭壇が置かれていたそうです。

今のような生活ができるのは、アフリカの神様のおかげだよ。

この神様を信仰するようになってから本当に生活が変わった。

昔の貧乏生活が嘘のようだよ。おそらく何十年か働かなくても生きていかれるね。

感謝しているよ。もちろん、毎日4回のお祈りも欠かしていないよ。そうそう、

アフリカの子どもたちの支援活動も始めないといけないね。頑張らないと!

言っていたそうですね…。

 

 

 

 

祭壇を設けてから一変した?!そしてあるモノを食べる習慣がある…

Aさんは、パリに高級マンションを買うことができるほどの大金持ちになっていました。

それにも関わらずアフリカ的な生活を実践していたそうです。

そして、とても謙虚で…B国にいた頃は、祭壇はなかったので、

パリに来てから設けるようになったのでしょうね…。

さらに驚かされてしまったものが…それは、彼らが作っていた夕食のレシピです。

都市伝説・富士山の4つの謎

この日、いつものように奥さんがキッチンに入るものと思っていたが、

キッチンに入ったのは、Aさんの方だった。歌を唄いながら料理を作り始めたので、

ちょっと覗いてみると、大きな鍋の中に具材を入れているところだったそうです。

sponsoredlink

もしかしたら、カレーやシチューのような煮込み料理を作るのかと思っていたが…、

そのような気配は感じられず、どうやら、何かの骨を使ってダシをとっているような…。

しかし、怪しいのはこの骨の形状で、どのように見ても、

動物の骨には見えなかった。彼は、平然と料理を作っていましたが、

真実を知りたかったので、勇気を出して聞いてみることにしたらしいです。

人類最古の遺跡?!ギョベクリテペの謎?

アハハ……。やっぱり気づいてしまったか。今さら、

隠しごとをしても仕方ないから説明をしておくけれど、

我々の部族は、死者を供養するために、その人が死んだ日から数えて3年目に、

それまで大切に保存しておいた骨を使って料理を作るんだ。

 

 

村々にに残る古い風習で…食することにより魂が身体に入って生きるってどういう事?

ない場合は、どこからか手に入れてくる。その場所は、内緒だけどね。

これは、村々に残る古い風習なんだけど、死んだ人の魂が、

我々の身体に入って生きて行くと信じられているんだ。

子どもの頃にお爺さんが死んだときも、父がこのような料理を作ってくれたことを覚えているよ。

でも、キミには、別の料理を作っているから、そんなに心配しなくてもいいよ。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

人肉を好んで食べていたと言われているウガンダのアミン大統領の話は有名だが、

B国にも奇妙な風習が残っていたということに驚かされた。

鍋の底に沈んでいる骨をよく見ると、肉片のようなものがついていた。

「一体、これは?」ということになったが、聞いてみる勇気はなかった。

このような骨から取れるダシというものも気味が悪いが、

彼らが料理を旨そうに食べているのを横目で眺めながら、何とも言えない気持ちになった。

それにしても…文明が発達する時代にこのような事があるなんて…。驚きですね…。

3m越えの大型宇宙人が山形に…何故?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.