芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 芸能 都市伝説

伝説ラッパー生存説!?2パックは何処に?

投稿日:

sponsoredlink

伝説ラッパー生存説!?2パックは何処に?

ヒップホップ界のカリスマ、2Pacことトゥパック・シャクールは22年前に射殺されましたね…。

1996年9月7日ラスベガスのナイトクラブ前で、車に乗っているところを銃撃されて、

6日後の13日に死亡した訳で、警察ではギャング抗争による殺人と処理されたものの、

いまだに誰も検挙されず、未解決事件となっています。

皆に惜しまれながら25歳の若さでこの世を去ったトゥパック…。

しかし、以前にも、これまで幾度か、偽装死で人生リセット説…が、

浮かんでは消えてきたという経緯が…彼の死を受け入れられないファンたちは、

生存説が囁かれるたび、“ぬか喜び”したくない気持ちと、

でも本当だったら…という期待の間で振り回されてきたのでしょうね…。

そんな微妙なファン心理を逆なでするような動画が、今年10月初め、ネットで話題に…。

投稿したのは、Death Row Recordsの創始者にして、

トゥパックのレコード・プロデューサーでもあった、

シュグ・ナイト氏の息子、シュグ・ナイト・ジュニア氏です。

自身のインスタグラムで、トゥパックは生きており、

現在マレーシアに住んでいるかのような投稿を繰り返しているらしいですね。

 

2パック…マレーシアに行ってる?!

しかし、反証は待ったなしだったみたいで、YouTubeチャンネル、

Lions Groundは、自らが作成した動画の中でナイト・ジュニア氏が、

ぬけぬけと大嘘をついている…と、暴き立てているそうです。

実はこの動画、2013年に行われたトゥパックの自伝的映画、

『オール・アイズ・オン・ミー』のオーディション風景からの盗用なのです。

松本潤…葵つかさと復縁かも!?

撮影スタッフらしき人物が、トゥパック役の俳優に話しかける場面が使われていて、

おそらく、オーディション前でナーヴァスになっているのだろう。

トゥパックのソックリさんは押し黙ったまま、落ち着きがない…。

動画のキャプションは、マレーシアから最新動画をお届けなので、

どこにもトゥパックの生存を明言していないが、

ミスリードを狙う確信犯であることは間違いないし、Lions Groundは断罪するのでは…。

トゥパックのマレーシアのビデオはフェイクニュース。ナイト氏は悪ノリし過ぎ…と。

どうやら、トゥパック名義のニューアルバム発売に先立っての、

ファンにつけこむ、セールスプロモーションのつもりらしいですよね…。

亡くなった元所属アーティストを骨の髄までしゃぶろうというなら、

商魂たくましいを通り越して、あまりに悪趣味、死者へのリスペクトが無さすぎではないでしょうか…。

sponsoredlink

古代中国に…エイリアン=ドロパ族って何?

 

 

キューバに行った?ソマリアに行った?果たして生きているのか?それとも…

幸いにも、この動画に対して、まず、トゥパックには見えないだろ。特に、しゃべるとこ…とか、

みんな、認めろよ。ヤツは死んだんだ…等と、

冷静な反応をするファンが多かったことがなによりの救いかもしれませんね。

トゥパックの生存説は、なにもマレーシアに限ったことではないそうです。

2年前に90歳で亡くなったフィデル・カストロ氏の命によりキューバに密入国したとか、

ソマリアに潜伏しているなどの噂話は後を絶たないとか…。

また、つい先日もイランのアフマディネジャド前大統領が、

ツイッター上でアメリカを非難する際にトゥパックの歌詞を引用しました。

松本潤と葵つかさ…やっぱり交際してる!?

奇妙にもナイト・ジュニア氏が引き起こした今回の、

インスタグラム騒動と同じタイミングだったことから、

さまざまな憶測が飛び交う事態に発展しているみたいですね…。

トゥパックの世界的人気は20年たっても不動、まったく衰えを知らず、

それどころかより一層盛り上がりを見せているらしいですね。

その背景にいったい何があるのか…やはり謎が多いことは事実です。

とはいえ、レジェンドの他界後に陰謀説はつきもので、

特にトゥパックならひょっとしたら――なんて思えてくる。

だが、クールでないことを徹底して嫌ったトゥパック…。

もうこれ以上、死者を冒涜するようなまねは慎んでもらいたいものですね…。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 芸能, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.