芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

天体オウムアムアは…なんと偵察 UFO!?

投稿日:

sponsoredlink

天体オウムアムアは…なんと偵察 UFO!?

2017年10月19日にハワイの望遠鏡によって初めて発見された、

謎の恒星間天体“オウムアムア”…発見当初から、

彗星とも惑星ともつかない謎の天体に世界中の研究者が驚きの声を挙げていましたよね。

その葉巻型の形状から宇宙船だとも噂されていましたが…、

この度、米・ハーバード大学教授らの研究により、

オウムアムアが“宇宙人の偵察船”である可能性が浮上したそうです。

研究チームのハーバード大学エイブラハム・ローブ教授は、

今年1月にも、なんと…オウムアムアは宇宙人が飛ばした、

“小型宇宙船”である可能性を指摘していましたが、

この段階ではオウムアムアの推進力は分かっていませんでした。

その後、オウムアムアが太陽に接近するとともに、

加速していたことが判明したことで、ローブ教授は、

推進力について1つの可能性に思い当たったそうです。

 

 

太陽放射で加速する現在開発中の惑星間凧宇宙IKAROSと同じ機構らしい?!

この度、その研究成果を11月1日付で米コーネル大学運営の、

学術論文サイトarXivに公開して、タイトルはオウムアムアの、

特異な加速は太陽の放射圧で説明できるか?です。

科学ニュースのUniverse Today(10月31日付)を、

参考に内容を参考に簡単に紹介させて頂きます。

人類最古の遺跡?!ギョベクリテペの謎?

問題の太陽放射による加速は、現実的なアイデアとして、

宇宙開発にすでに取り入れられていて、たとえばJAXAは…、

太陽放射で加速する惑星間凧宇宙IKAROSを開発中らしいです。

ローブ博士らは、オウムアムアもこのメカニズムを、

使って加速したのではないかと考えたみたいですね。

sponsoredlink

そこで研究チームは、太陽放射によって加速でき、

恒星間を無事に移動できるだけの物体の形状や厚さを算出したところ、

わずか0.3~0.9mmの物体でも可能ということが判明したそうです。

全長400mのオウムアムアは十分すぎるサイズでしょう。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

 

オウムアムアは地球から遠ざかっている…

では、オウムアムアは人工物であるか? ローブ博士の答えは…もちろん、YESです。

オウムアムアは宇宙船である可能性があります。

より面白いシナリオは、オウムアムアは宇宙人が地球に送り込んだ偵察船だというものです。

しかし、宇宙で知的生命体の証拠を聴くプロジェクトのブレイクスルー・リッスンは、

オウムアムアから何の信号も拾えなかったために、

正常に機能していない偵察機である可能性があるみたいですね。

木村拓哉ゴシップ…実は娘の…?!

もし正常に機能していれば母船と通信していて、

その際に電波が検出されるはずだからだそうですね。

しかし、それでもオウムアムアにはたまらない魅力があるとローブ教授は語っているそうです。

地球外で作られたものの“スペースジャンク”が存在するとなれば、

『我々は一人ぼっちなのか?』という長年の疑問への肯定的な答えになるでしょう…と。

オウムアムアはすでに地球から遠く離れていってしまいましたが…、

これからも次々と“偵察船”が地球近傍に出現する可能性は十分にあるでしょう。

次こそは地球外生命体が存在する決定的な証拠が分かると良いですね。

松本潤…葵つかさと復縁かも!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.