芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

人類サイボーグ計画?!ある博士の発言

投稿日:

sponsoredlink

人類サイボーグ計画?!ある博士の発言

元英国立協会会長でイギリスを代表する科学者が…、

火星の植民地にはサイボーグ人間が行く…と発言して、大きな話題になっているそうです。

英紙Daily Mail(11月9日付)によると、宇宙物理学者のマーティン・リース博士は、

新著『On the Future』で、火星の植民地はポスト・ヒューマン進化を促して“新人類の誕生”に寄与すると語ったという。

一見矛盾しているようだが、リース博士は火星移住には必ずしも肯定的ではないとか…。

というのも、火星への移住は人口問題の解決にはならず、

必要なことは環境問題への早急な取り組みだからだそうですね。

 

 

 

人類火星移住計画…決して簡単なものではない…

我々は絶望して、地球を離れて、他の場所に行くべきだというアイデアがあります。

これは危険な妄想です。イーロン・マスク氏や、

リース博士の古い同僚のスティーブン・ホーキング博士も火星移住を推進してきましたが…、

ここで解決されなければならないのです…と、言っています。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

リース博士は、スペースX社やBlue Origin社などの民間企業が中心となり、

徐々に火星への移住は行われるだろうと予測していますが、

火星の環境は人間にとって極めて過酷であるため、大規模な移住はないと考えているそうです。

すると、もし人類が火星移住に本気ならば、火星の環境に適応するために、

バイオモディフィケーション(生物学的改良)やサイボーグ技術を使い、

“新種の人類”となる道を選ぶだろうと言っているそうです。

sponsoredlink

ただし、こうして生まれた新人類が、どこまでが生物であり、

どこまでが電子的であるかが問題になるだろう…とのことみたいですね。

どうして地球?超高度技術の人達が?!

かつてリース博士は、ロボットが機械精神を持ち、人類を支配すると警告していましたが、

過酷な宇宙に出て行くためには、人類そのものが、

“サイボーグ化しなければならない”というわけになります?

 

 

これから先…人類はどんな進化をしていくのか?

そして知的生命体が存在するならば、彼らはすでに、

サイボーグ化を果たしているともリース博士は語っているらしいです。

長距離宇宙旅行は人類ではなくロボットによって達成されるはずです…とか、

もし宇宙人を発見することがあれば、彼らは人類に少しも似ていないでしょう。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

おそらく、電動知性体です…とも言っているらしいですね。

エルサレムのヘブライ大学のユバル・ハラリ教授も、

人類は死を克服することができる神のような存在になり得る。

それは現在の私たち人類がチンパンジーと全く違った存在であるように、

未来の人類は現在の私たちとは全く異なった存在になりえる…と指摘して、

一部の富裕層は自らをサイボーグ化するだろうと語っているそうです。

まるで、アニメ「銀河鉄道999のような話ですが…、

いずれ人類は自らを超越する道を辿るようになるのかもしれないですね。

その答えはそう遠くない未来に出ることなのでしょうかね…。

木村拓哉ゴシップ…実は娘の…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.