芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

日本で過去に UFOを肯定した人達

投稿日:

sponsoredlink

日本で過去に UFOを肯定した人達

日本最初の本格的なUFO研究団体は、1955年に設立された、

日本空飛ぶ円盤研究会とされているそうですね。

この研究会は三島由起夫氏や石原慎太郎氏をはじめ、くく

黛敏郎氏や星新一氏などそうそうたるメンバーが参集していたことでも知られています。

1947年のケネス・アーノルド事件(公式にUFOが認知された事件)から、

この研究会の結成までの、いわば日本のUFO研究前史ともいうべき時期に、

多くの有名人がUFOに並々ならぬ関心を寄せていたことが明らかになっているとか…。

 

 

 

零戦設計者の堀越二郎氏までが UFOの存在を認めた?!

その1人で、歴史的な名戦闘機である零戦の設計者で、

ジブリ映画『風立ちぬ』のモデルとしても知られる堀越二郎氏については…、

5年前に所沢の航空発祥記念館で傑作機零戦と人間・堀越二郎と題した特別展が開催されて、

堀越氏が通常使用していた罫線入りの用紙に書かれた、

空飛ぶ円盤に関する原稿の写真版が展示された際には某媒体でも紹介されすたそうです。

北海道地震は人工的なのか…?!

このときは、全8枚の原稿の3枚目が紛失していたために、

何者かが意図的にこの部分を抜き出した可能性も捨てきれなかったのですが、

一般社団法人潜在科学研究所が行った追跡調査により、

この原稿は1950年の子供向け雑誌『ロケット』8月号に、

元航空技師H. R. K.の名で掲載されていたことが確認されたみたいです。

この記事には原稿の失われた部分も含まれていて、

結論としては、アメリカ軍が円盤形の新兵器を開発している可能性を指摘しているもだったそうです。

その他、“日本の低温物理学の父”と呼ばれ雪の研究で有名な物理学者中谷宇吉郎氏も、

1947年、空飛ぶ円盤に関するエッセイを、光文社の少年誌『少年』に掲載しています。

『少年』という雑誌は、後に鉄腕アトムや鉄人28号といった、

漫画を掲載して大人気になったが、当時は科学的な読み物も多く載っていました。

中谷氏が執筆した…空とぶ圓盤と題する記事は1947年8月25日執筆となっているので、

まさにアーノルド事件の直後に書かれたものですよね。

ただし、この記事で中谷氏は断定を避けつつも、

報告される空飛ぶ円盤の大部分は流星の見間違いであろうとしているそうです。

さらに、意外な人物がこの時期UFOに関心を持っていたことが明らかになったそうです。

実は日本のキャリア外交官、それも、事務方のトップである、

外務事務次官にまで上り詰めた人物が、密かにUFOに心を奪われていたわけです。

その人物こそ黄田多喜夫(おうだたきお)氏です。

sponsoredlink

黄田氏は広島国泰寺高校から東京帝国大学(当時)を経て、

1930年の高等文官試験に合格、1958年から1962年まで、

インドネシア駐箚(ちゅうさつ)大使を務めた後、

外務審議官を経て、1964年から翌年まで外務次官を務めました。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

 

 

 

 UFOに心奪われる…外務事務次官の黄田多喜男氏

ご承知の通り、外務次官という役職は、外務省におけるキャリア官僚の最高位で、

同期入省者はもちろん、前後の年に入省した同僚の中でも、

能力的に一番優れていると評価された人物が就任する役職だそうです。

その黄田氏がUFOに関心を持ったのは1954年から、

在勤した在イギリス大使館で公使を務めていた時代らしいですよ。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

この頃イギリスでもUFOが大きな話題となっており、

第二次世界大戦中の空軍戦闘機総司令官としてドイツ空軍と繰り広げた、

史上最大の航空戦バトル・オブ・ブリテンを勝利に導いた、

ヒュー・ダウディング空軍大将も、UFOは他の天体から、

飛来する宇宙船だ…と公に宣言していたそうです。

黄田氏も、こうした情勢をつぶさに観察し、日本もUFOを研究すべきだと考えて、

個人的な友人でもある上村健太郎航空幕僚長に、

日本の研究状況を照会する私信を送ったことが知られているそうです。

残念ながら、麻布台にある外交史料館で公開された外交文書を精査しても、

黄田外務次官とUFOの関わりを示す文書は発見できなかったそうです。

しかし、黄田氏本人は生涯UFOへの関心を抱き続けていたようですね。

1967年、当時退官して外務省顧問を務めていた黄田氏は、

当時労働政務次官を務めていた海部俊樹(後の内閣総理大臣)氏と、

モスクワの日本大使公邸で同席し、その場でUFOについて、

熱く語ったという証言が残っているみたいですね。

また、1998年に黄田氏が死去したとき、遺族は、

彼の蔵書の中に多数のUFO関係の洋書を見つけて驚いたそうです。

採用の際、試験の成績が重視され、人格や個人的な趣味が、

それほど考慮されない国家公務員や地方公務員の中には、

ひそかにオカルト関係の事象に関心を持つ人物も、実はかなりいるそうです。

そうした人物が次官にまで上り詰める例は珍しいそうですけど、

今後あっと驚くような人物がカミングアウトしてくる可能性もあるかもしれないですね。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

 

 

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.