芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

元NASA長官が…爆弾発言!?それってもしや?

投稿日:

sponsoredlink

元NASA長官が…爆弾発言!?それってもしや?

オバマ政権時代のNASA長官であり、かつてはアメリカ海兵隊の少将で、

もともとNASAの宇宙飛行士でもあったチャールズ・ボールデン氏が先日に、

イギリスの小学生たちを前にした講演で地球外生命体の存在を認める発言をしたそうです。

講演での質疑応答の時間に10歳の女子児童が、

エイリアンの存在を信じているのかどうか質問したところ…、

ボールデン氏は我々人類は将来、宇宙で別種の生命体を、

発見出来る事を確信していると答えているそうですね。

今日、我々は数千、数百万とまでは言わないにしても…、

多くの惑星の存在を確認していますし、その多くは我々の地球と極めて似通っています。

そして我々の一部、いや我々の多くは宇宙のどこかに、

生命が存在する証拠を発見しつつあることを信じています。

 

 

 

やはり…エリア51と繋がりがあるのか?

このボールデン氏は、昨年には火星に生命体がかつて存在して、

今も存在している可能性があると発言して話題を呼んでいますが…、

いずれも元NASA長官によるものだけに決して軽く聞き流すことはできないでしょう。

講演の中でボールデン氏は“エリア51”の存在についても触れているそうです。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

いわゆる“エリア51”とはネバダ州南部にあるグルーム・レイク空軍基地ですが、

施設の中にはエイリアンがかくまわれていて、

エイリアンの技術を導入したさまざまな秘密兵器が開発されていると噂される疑惑の地ですよね…。

ボールデン氏は極秘の研究施設としての“エリア51”は確かに存在していますが…、

中にはエイリアンはいないと言及しているそうですよ。

あくまでも研究と開発の為だけの施設であるということですよね。

しかし“エリア51には”エイリアンはいないとあえて言及したことで、

別の場所にはいるのかというニュアンスを帯びてこないこともないですが…。

ボールデン氏はまた、小学生たちを前にしたこの講演の中で、

人類の火星進出計画についても話しているそうです。

元NASA長官の発言としては意外にも、人類が火星に住むことはないといってるとか…。

それはなんと…、“ふさわしいトイレがない”ということです。

sponsoredlink

人間選別始まる…2018年から始まる!?

 

 

火星移住計画…ウラ側には衝撃か的なこんな原因があったとは?

もちろんNASAでは2030年までに人間を火星に送る計画が進められていますが…、

まずは有人火星周回飛行が最初のミッションであり…、

人類の火星上陸はまだまだ先であるというのです。

そして人間が居住できるようになるためには…、

火星の地表に各種のロボットを送り込んで十分な準備をしなければならないそうですね。

欧米で相次ぐ…黒い目の子供って?!

NASAは火星地表に居住地や家を造るために人を送り込む事はしないそうです。

おそらくそれらはロボットを使って行われるでしょう。

現在の我々の技術水準は、まだ我々が望んでいるものにはなっていません。

火星居住の為には我々は、より良い生命サポートシステムを必要とし、

まずは火星にたどり着くまでの道中で壊れないトイレが必要です。

そして火星の地表でも繰り返し何度でも使えるトイレが必要になり…、トイレはとても大きな問題なのです。

“トイレ”というのは広い意味での廃棄物処理手段ということだと考えられますが、

我々はこうした技術をまだ開発できておらずにいます。

したがってまだ火星には居住できないとボールデン氏は指摘している訳です。

ボールデン氏はまた陰謀論について反論しているみたいです。

一部の陰謀論者は人類の月面着陸がでっち上げであると主張していますが、

NASAの宇宙飛行士たちは月面に確かに降り立っていると、

ボールデン氏は念を押しているそうですけどね。

そしてこれから人類が火星に行くのも現実の話である、

子どもたちに向かって約束したのであり、何かと注目を集めるボールデン氏の発言ですが…。

焼岳にて地震増加、3.11クラスの予告!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2018 AllRights Reserved.