芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

12月…エリア51に米軍機が集結…!?何故?

投稿日:

sponsoredlink

12月…エリア51に米軍機が集結…!?何故?

今年9月、エリア51上空で謎の航空機が4時間以上も旋回する事件があったばかりですが…。

今度は大量の米軍機がエリア51に集結しているらしいです。

航空ニュースThe Drive(12月9日付)によると…、

12月8日、レーダー機E-8C、E-3、偵察機RC-135、RQ-4、

通信妨害機EC-130H、空中給油・輸送機KC-135等といった、

大量の軍用機がエリア51を含むネリス試験訓練場に向かって飛んでいたという。

9月にも空中給油・輸送機「KC-135」がエリア51上空で、

異常飛行していたことは既報の通りですが…、米軍が回収した墜落UFOを、

リバースエンジニアリング(逆行解析)した地球製UFOの、

給油を行っていたのではないかと指摘したそうです。

というのも、通常、エリア51への航空機の侵入は禁止されており、

同地ではテスト飛行も滅多に行われることもないと言われているからです。

 

 

表向きは大規模な空輸演習の為だった…!?

しかし、The Driveによれば、今回軍用機がネリス試験訓練場に集結したのは…、

統合強行侵入演習 (JFEX: Joint Forcible Entry exercise)」という、

大規模な空輸演習のためだったそうで、表向きにはUFOとはなんの関係もなさそうですね。

しかし、この演習の裏に米政府の恐ろしい思惑が隠されていると直感しませんか…?

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

そのヒントは、ロケット技術開発の超重要人物である、

ヴェルナー・フォン・ブラウン博士の警告の中にあるそうですね。

ブラウン博士の知人だった科学者のキャロル・ロジン博士が、

Disclosure Projectで語った内容がこれから記す内容になります。

最も興味深かったのは、ブラウン博士が何度も繰り返し話した内容でした。

博士によると、国民や意思決定者を教育するためにある戦略が、

使われているというそうで…それは脅しの戦略であり、我々が敵を特定する方法です。

sponsoredlink

最初に敵と見なされたのはロシアで、次にテロリスト、

第三世界の狂人、小惑星が続くと彼は言ったそうですね。

そして最後に敵と見なされるのがエイリアン、地球外生命体だと言うのです。

博士は4年の間に繰り返し次のように言っていました。

カルフォルニア山火事の原因は…?

 

決して…エイリアンとの戦いの為の演習と言う事を忘れてはならない…

キャロル、最後のカードはエイリアンだということを忘れてはいけない…。

我々はエイリアンに対抗するために宇宙兵器を作ることになるだろう。でも、全ては嘘です。

米政府が敵を生み出す理由の1つは国民の意識を外に向けることによって、

大衆をコントロールするためだと考えられますが、

戦争を続けることで軍産複合体を儲けさせるという理由もあるでしょうか…。

地球上に敵がいなくなった場合は地球の外に敵を求めるしかない…。

北大西洋に沈んだあの豪華客船の裏話

それが隕石や宇宙人だというわけで…おそらく米国は、

リバース・エンジニアリングで開発した地球製UFOを使って、

エイリアンの地球侵略をでっち上げる魂胆なのでしょう…。

今年6月に米トランプ大統領が宇宙軍の創設を指示したのも、

こうした戦略の一環と見ることができますよね。

エリア51付近で行われた今回の演習はその時のための予行演習…というのは考え過ぎでしょうか…?

とはいえ、現にブラウン博士のように警告を発している人物がいるのは事実ですから…。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.