芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

元米パイロットの証言! UFOは当たり前!?

投稿日:

sponsoredlink

 

元米パイロットの証言!UFOは当たり前!?

任官中のスコットランド駐留の米空軍内では“特異な航空機”という、

言葉が普通に使われていて、自身も軍用機からUFOを、

目撃したという退役軍人の話に注目が集まっているらしいです。

UFOを目撃したもののさまざまな事情で話せない人々は考えられているよりも多いそうです。

軍隊に関わる者には厳格な守秘義務が課されますが、

米ソ冷戦時代にはなおのこと厳しい数々の緘口令が敷かれていたそうです。

82歳の退役軍人であるジョージ・フィラー氏もまた…、

主に米ソ冷戦時代に米空軍に勤務していたオフィサーでした。

フィラー氏は、軍やNASAの退職後にUFO目撃体験をオープンに語る者のうちの1人です。

米ソ冷戦時代に英・スコットランドの米空軍基地に配属されて、

空中給油のミッションに従事していたフィラー氏でしたが。

この基地の将官や提督の間では“特異な航空機(anomalous aerial vehicles)”という、

言葉がよく使われていて、彼らはその存在を熟知しているようでした。

 

 

まるで…イルミネーションに飾られた豪華客船のよう…

ある夜、巨大な飛行物体が基地のレーダーにとらえられて、

フィラー氏はただちにパイロットとしてスクランブル発進を行い、軍用機でこの巨大な飛行物体を追ったのです。

近づくにつれ、遠くにいくつもの光が見えました。

まるでイルミネーションライトで飾られて夜の海に、

浮かぶ光り輝く豪華客船のように見えましたそうです。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

豪華客船ほどの大きさの巨大なUFOが空に浮かんでいたとすれば…、

さぞや壮観な眺めであったでしょう…はたしてこのUFOの正体は何でしょうか?

さらに近づいたところで、それでも約8キロメートルほどはあったでしょうか…。

そのUFOは猛スピードで上昇して宇宙空間へと飛び去ってしまったそうです。

フィラー氏はその時、時速640キロで飛行していました。

そのUFOはフィラー氏達よりも10倍、いや20倍の速度が出ていたらしいです。

sponsoredlink

10倍ならマッハ5、20倍ならマッハ10以上ということになります。

我々人類の現在の技術ではマッハ3を大きく超える航空機は設計できないとされています。

とすれば地球外文明の技術によって造られたUFOとしか考えられないのでは…。

我々は、そのUFOが我々の文明のものではないことを確信出来ますね。

地球に惑星接近!?人類滅亡のプロローグ

 

 

UFO目撃をして周りの人には話せない…変人扱いされる?!けど、これからは…?!

フィラー氏にはそのUFOは長いシリンダーのように見えたみたいです。

その時のUFOをいったい誰が操縦していたのかはわからないとしながらも…、

独自の持論を持っていて、それによれば、もし彼らが地球外来訪者であった場合は…、

彼らはもっぱら世界中の海に身を隠しているということでしょうか…。

火星探査機が激写!その画像には何が…!?

したがってUFO目撃情報は海岸や海で多いことが説明できると主張しています。

UFO研究は多くの人々を魅了していますが、フィラー氏によると…、

UFOが“エイリアンの宇宙船”というイメージが世間一般に、

刷り込まれてしまっているために、それぞれのUFO目撃体験について、

深く議論することができなくなっていると指摘しているそうです。

我々が考えている以上にUFOを目撃している人は多いのですが…、

それを話せば“変人”扱いされかねないので、家族や、

親しい友人にしか打ち明けていない人は多いそうです。確かにそうですね。

嘲笑の対象になるというリスクは、UFOを目撃した人々を、

沈黙させるには効果てきめんだとフィラー氏は解説しています。

UFO目撃談は偏見を排してオープンに共有されなければならないということでしょうか。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.