芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

サクラダ・ファミリアの謎とフリーメイソン

投稿日:

sponsoredlink

サクラダ・ファミリアの謎とフリーメイソン

2026年に完成が予定されているスペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリアですが…。

知らぬ人はいない超巨大建築物ですが、そこには、

建築家アントニ・ガウディ氏が隠したあまり知られていない秘密があります。

1/6時夜9時10分よりNHKで、サグラダ・ファミリア 天才ガウディ氏の謎に挑む…が放送予定ですが…、

ガウディ氏とガウディ・コード、そしてフリーメイソンの謎に注目しました。

サグラダ・ファミリアの正面の1つである“受難のファサード”…、

ファサード=建物の正面に埋め込まれている“サグラダ・ファミリアの魔方陣”と、

呼ばれる4×4の魔方陣が今なお謎とされています。

4×4の魔方陣とは1~16の数字を縦4列、横4行に並べて、

縦・横・対角線にある4つの数字の和がいずれも同じ数になるもののことです。

サグラダ・ファミリアの魔方陣も4×4であるが、12と16がなく、

その代わりに10と14が2つずつある変形版の魔方陣となっています。

縦・横・対角線の和はどれも33になるが、この数字に、

ガウディ氏がこだわった可能性があり、ガウディ・コードといわれています。

 

 

 

キリストが磔になった年齢、フリーメイソンの最高位33…何か関係が…?

賃貸情報サイトのApartime Barcelonaによると、

ガウディ氏が設計したグエル公園の階段がちょうど33段であることもさることながら、

キリストが磔になった年齢が33歳であり、宗教的な意味を持たせたのではないかと…。

また、フリーメイソンの最高位が33位であることも偶然ではなさそうですね。

というのも、ガウディの出身地であるレウスはフリーメイソンの中心地の1つであり、

幼少期の友人や、グエル公園の施主だったグエル伯爵はフリーメイソンだったと知られています。

都市伝説・富士山の4つの謎

フリーメイソンはもともと石工職人のギルド(同業組合)であり、

彼らが携わっていたのは聖堂や修道院の建築でした。

そもそもガウディ氏がサグラダ・ファミリアを建築しようとしたのも、彼がフリーメイソンだったからかもしれません…。

sponsoredlink

サグラダ・ファミリアには生誕のファサードと、

受難のファサードにそれぞれ4本ずつ計8本の塔が立っている。

それに加え建物全体では18本の塔が存在します。

これらはそれぞれ、イエス・キリスト、聖母マリア、

福音書記者マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、12の使徒を表していると言われています。

デンバー空港の壁画…未来の世界!?

 

 

2026年の完成までにまだ色々と謎がある、サクラダ・ファミリアとフリーメイソンの完成

塔の周囲にはラテン語でSanctus(聖なる)と書かれていて、最も高い塔は全長170mに達します。

ただ、別の解釈も可能で、フリーメイソンやイルミナティが好むとされる、

悪魔の数字“666”を足すと18になり、魔方陣からも分かるように、

ガウディ氏は数字に異様なこだわりを持っていたことから、

フリーメイソン的な意味が込められている18の塔を設計したと考えてみるのもありでしょうかね…。

ノストラダムスの大予言再びここに…!

しかし、ガウディ氏がイルミナティ寄りの悪魔崇拝者であり、

反キリストだったとしたら、なぜサグラダ・ファミリアを建築したのか、という疑問が残ります。

サグラダ・ファミリアが実はキリスト教ではなく、

悪魔崇拝のために作られた…あるいは、教会の中に、

悪魔を紛れ込ませたということだろうか? そうであれば、

サグラダ・ファミリアは悪魔崇拝主義者によって、

作られたという強烈な逆説を抱え込むことになるのでしょうか…?

73歳で電車に轢かれ死ぬまで童貞だったガウディ氏は、

信仰心の篤い妖精だったと信じたいが、彼は一体何を企んでいたのだろうか…?

中国最高の予言書が…?!日本が…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.