芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

プレスリー生存説…実は生きていた!?

投稿日:

sponsoredlink

プレスリー生存説…実は生きていた!?

20世紀のアメリカが生んだ偉大なるロックンロールの帝王エルヴィス・プレスリー氏…。

毎年1月8日には邸宅のある聖地グレイスランドで盛大な誕生記念パーティが行われるそうです。

今なお多くのファンを惹き付けるプレスリー氏ですが…、

1977年に“42歳“という若さで亡くなって以来、

その死は“偽装されたもの”で本当は生きているという噂が未だに根強いとか…。

そんな中、プレスリー生存説の証拠とされるテープの存在が、

今改めて注目されていて、英Daily Starが、新年早々から報じているそうです。

プレスリー生存説はその衝撃的な死の直後から囁かれていて、

これまでにも目撃証言や証拠写真とされるものがたびたび、

世界中のタブロイド紙を賑わせて…2017年の誕生パーティに、

現れた本人とされる疑惑の人物について報じているそうです。

 

 

 

プレスリーが死んでから4年後にある人との電話会話を録音したテープがあった…

さて、このたび英Daily Starが証拠として取り上げたのは、

プレスリー氏の死から4年後に電話での会話を録音したというテープです。

テープの存在を明らかにしたのはプレスリー生存説を唱えている、

米国の作家ゲイル・ブリューワ・ジョルジオ氏です。

ヒトラー…南米逃亡説現る!?

彼女はプレスリー氏が死ぬ直前、人気歌手が死を偽装して、

姿を消すという内容の小説『オリオン』を執筆して、

それが縁となってプレスリー氏の死を調査し始めたという人物です。

テープはプレスリー氏とされる男性と、ジョージア州在住の、

男性による電話での会話を録音したものだそうです。

録音されたのは1981年で、これは死の4年後に当たります。

テープに収められた声はプレスリー氏のものと酷似していて、

音声認識の専門家もプレスリー氏のものであると鑑定しています。

sponsoredlink

プレスリー氏とみられる男性は、テープの中で、

死後の生活についても話していて、彼は一年ほどどこかの島に暮らしていたようですが、

その後は世界中を旅して回って…あごひげを生やして人相を変えましたが、

正体がばれないようにするのは大変だったと話しています。

終わりがくることを考えるのは嫌ですが、いつか秘密は暴かれるものだと、

私は知っています…と、電話の男性は話しているそうです。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

 

 

エルビス・プレスリーは生きている…!?

プレスリー氏のデビュー以来のファンさえも本人のものだと太鼓判を押すというテープは、

ジョルジオ氏によって1980~90年代に公開されて、

アメリカではプレスリー生存説を裏付けるものとして大きな反響を呼びました。

このテープ以外にも、プレスリー生存の証拠とされるものがいくつかあるそうです。

その一つが彼の墓石に刻まれたElvis Aaron Presleyという文字です。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

生前に彼が使っていたミドルネームのつづりはAronであり、Aaronではないです。

世界的な大スターの墓石で、なぜこのような信じがたいミススペルが起きたのでしょうか?

生存説を信じるファンたちによると、それはこの墓石の下に、

プレスリー本人が眠っていないからだ…というのです。

一部では墓を掘り起こして調査すべきとの声すら存在します。

ただし、プレスリー氏の親類によると出生時に登録された正式なつづりは、

Aaronであり、本人もそれを知っていたという話もあります。

生きていれば今年で84歳を迎えるプレスリー氏…。

早すぎる死が本当に偽装されたものであり、本人は、

別人に成り代わって今も元気にしているとすれば、

ファンにとってこれ以上の慰めはない…アメリカの、

レジェンドをめぐる死の謎は、今後も囁かれ続けるのでしょうね…。

2月1日…NASAが地球に警告!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.