芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

沖縄ユタの儀式で使用される物とは?

投稿日:

sponsoredlink

沖縄ユタの儀式で使用される物とは?

奄美諸島や沖縄の島々には、数多くの風葬墓が残されているそうです。

風葬墓というのは、人間の人骨が安置されている洞窟や洞穴のことを指します。

これは、遠い昔、島々で暮らしている人々がまだ貧しかった時代に人の亡骸は…、

洞窟や洞穴に安置され…このような亡骸は、今でも、

数え切れないほど残されており、頭骨を見ることもできるそうです。

奄美諸島の最南端に位置している与論島の北側に沖永良部島という島があります。

この島にも風葬墓があり、島の北央部に位置している?

ワンジョビーチ周辺にある風葬墓には、地元の人たちだけに、

知られている奇妙な話があり…以前、このビーチで、

小さな食堂を経営していた男性から聞いた話を記したいと思います。

 

 

沖縄本土からユタが来るのは何故なのか?

今から40年くらい前のことで、沖縄本土から“ユタ”が来たことがあります。

このユタは、40代くらいの男女とアルバイトの男性を伴っていました。

風葬墓にある遺骨を見ると、この男女の先祖のものだと主張して『儀式』を始めたのです。

ユタによれば、この男女に不幸が起こったので、

祖先の霊を供養しなければならないと言うわけです。

それまでにも『先祖供養』という名目でこの風葬墓に来たユタはいました。

でも、彼らの祖先がここに眠っているという確証はどこにもありませんよね。

NASA新副長官は…宇宙人に誘拐された!?

それ以来、この風葬墓は封印しました。金儲けの、

ネタにされるのは、もうこりごりですから…、と言っています。

ユタが言っていることはまったく信じていないと言うこの男性ですけどね…。

今回、特別にトタン板を開けてその中を見せてくれたそうです。

そこには、おびただしい数の人骨が安置されていました。

以前、沖永良部島などの離島で暮らしていた事のある男性は、次のように話しています。

もうかれこれ40年くらい前のことになります。

ヒッピー崩れの若者や大学生が沖縄や奄美諸島に渡って行きました。

sponsoredlink

都会での生活に嫌気がさして、このような島で自立をしようとしていたんですね。

彼らにとってこれらの島々は、ビックリするほど輝いて見えたそうです。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

 

今後は…見ることがないであろう、風葬墓は…

自分の友人もそうでしたし…毎日、魚を獲ったりしながら自由な暮らしをしてたそうです。

ほとんどの若者がそうなのですが、風習の違いにも驚かされたそうです。

とりわけ驚かされたのは、風葬墓だったようですね。

頭骨が安置されているのですから無理もありません。

その中には、島を離れるときに持ち帰ってしまう人たちもいたようです。ひどい話です。

欧米で相次ぐ…黒い目の子供って?!

沖永良部島などの離島で暮らしていたことのある男性の話は、

とてもリアルなもので、以前、島の人たちから、

風葬墓にある頭骨は、昔に比べるとかなり減っているんですよ…、

という話を聞いたことが…もちろん、獣によって移動されるようなこともあったと思うが、

何者かの手によって持ち出されていることは否定できないとか…。

小さな食堂を経営していた男性は、この風葬墓は、今後一切開ける事はないでしょうね。

しっかりとカメラに収めておいてください。今でもどこかで噂を聞いて、

面白半分で見に来る人たちも多いので、写真を撮り終わったらガッチリと封鎖します。

もう自分の時代に見ることはないでしょう…と話していたそうです。

風葬墓に安置された人たちのことを考えると…、

この判断は、間違っていないと思ったでしょうかね…。

2039年…人類は究極の進化をする?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.