芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

レプティリアン…SUVに乗っていた?

投稿日:

sponsoredlink

レプティリアン…SUVに乗っていた?

ルーマニアの退役将校が、レプティリアンを見た…と発言していた事が明らかになったそうです…。

レーダー技術の専門家であり、ルーマニア国防省で、

将校を務めたこともある61歳のエミル・ストライヌ氏は、

退役後はジャーナリストとしても活躍し、これまでに、

50を超える出版物と1500以上の論文を発表してきたそうです。

また、UFO現象にも強い関心を持っており、ルーマニアの、

未確認航空宇宙現象研究協会(ASFAN)の創設メンバーでもあるそうです。

オルタナティブニュースのAlien UFO Sightings Newsによると、

そんなストライヌ氏はかつて“レプティリアン”を、

目撃したことまであるというから驚きで、当時の状況は次のようなものだったそうです…。

 

なんと…レプティリアンがハマーに乗っている?!

キャンプからの帰路にあったストライヌ氏は、

給油のためブカレスト近郊のガソリンスタンドに立ち寄りました。

時刻は午前5時00分~10分頃だったそうで、早朝のため、

最古ガソリンスタンドに人影はなかったそうですが、

スタンドの外に黒い窓に覆われたカーキ色のハマーが、

エンジンをつけたまま停まっていることに気付いたそうです。

ビルダーバーグ会議、人類選別は始まっている…?!

ストライヌ氏が給油を済ませ、自分のSUVに戻ったところ、

問題のハマーの運転席のドアが開いていることに気付きました。

興味にかられたストライヌ氏が中を覗いてみると…、

なんと…そこには全身が緑色の鱗で覆われたレプティリアンが座っていました。

衣服は着ていなかったが、なぜか軍用のブーツを履いていたそうです。

その目はトカゲに似ており、頭頂部にはトサカのようなものまであったそうです。

sponsoredlink

レプティリアンらしき男か女か…はストライヌ氏の存在に気付くと車から降りてきますが、

車内から鋭い音がするとすぐに車に戻り走り去ってしまったそうです。

直後にストライヌ氏はガソリンスタンドの防犯カメラ映像を確認しようとしましたが…、

ダミーカメラだったため、物的証拠を得ることはできなかったそうです。

人類最古の遺跡?!ギョベクリテペの謎?

 

ストライヌ氏は…レプティリアンが存在する事は確信してる!

動揺しつつもストライヌ氏は再び帰路につきました。

ところが数km走ったところで、再び問題のハマーに遭遇します。

道路脇に停車したハマーは不思議なことに4つのドア全てが開けられていて、

傍らでは2体のレプティリアンが口論していたそうです。

それぞれ身長は2m~2,20cmもあったそうですよ。

その後、ストライヌ氏は目撃後2週間にわたって目撃者の捜索を行いましたが…、

有益な情報は得られなかった…がしかし、ストライヌ氏は、

“彼ら”が実在していることを確信しているそうです。

日本がなんと…核を製造している!?

私たちは世界について知っていると思っています。

自分たちが“世界の主人”だと思っているのです。

しかしそれは誤った印象に過ぎませんが、実際のところ、

世界が私たちのものであったことはないのです。

私達はただこの星の過渡期にいるだけで、自分たちの存在の目的さえ分かっていないのです…。

ということは、世界の本当の主人はレプティリアンということだろうか…?

沖縄ユタの儀式で使用される物とは?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.