芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

政府・科学者が分析した真の UFOについて

投稿日:

sponsoredlink

政府・科学者が分析した真の UFOについて

2017年にはペンタゴン(米国防総省)公認のUFO動画が公開されて、

2007~2012年までの間に極秘UFO調査プロジェクトの、

さAdvanced Aerospace Threat Identification Programが存在していたことも明らかに…。

少なくともアメリカ政府の一部にUFOの脅威を真剣に検討する意思と、

それを実行する組織があったことになり、そして、

“本物”としか言いようがないUFOが目撃・撮影されているそうです。

この他にも目撃された状況やそのビジュアルから、

どう考えても“本物”でしかないというUFO動画が再び脚光を浴びているようですね。

 

 

エイリアンインプラント摘出手術を15回行った人物がいる…

2009年5月13日にトルコ・クムブルガズ沿岸のマルマラ海で撮影されたのが、

その後…トルコ・クムブルガズUFO事件と名づけられたUFO目撃報告です。

オルタナティブ系メディアCollective Evolutionは、

この時にトルコ・クムブルガズで目撃・撮影されたUFOを、

“本物”であるとして改めて取り上げているそうですね。

ちなみに、トルコ政府筋の研究機関がこの動画を分析したところ、

映像には何ら手が加えられていない“本物”であると結論づけられています。

この映像を撮影したのはいわゆる“エイリアン・インプラント”の、

摘出手術を15回行った外科医、故ロジャー・レアー氏です。

当日はレアー氏のほかにも現地で目撃情報がいくつか報告されています。

どうして地球?超高度技術の人達が?!

残されているレアー氏の解説によれば、この精巧に作られた、

メタリックな質感を持つUFOの中央にある大型の“ウィンドー”には、

3体のエイリアンらしき“人影”が浮かび上がっていたという…。

ノルウェーのヘスダーレン地域で発生する謎の怪光、

“ヘスダーレンの光”については、今まで知られてこなかった関連情報が登場しているようですね。

この地にはノルウェー・エストフォル大学が設置した、

24時間のUFO監視施設Hessadalen Interactive Observatoryがあって、

多い時では週に20もの“怪光”が目撃されているそうです。

飛行速度が極めて速い個体もあり、最も速いもので時速3,000kmを記録したというから驚きです?

動画を撮影した同大学のアーリング・ストランド助教授のコメントは下記の通りです。

ノルウェーのヘスダーレンで発生した光の現象は、

1981年後半から目撃報告が増えてきました。多い時では、

週に20もの目撃があります。地元の人々は谷で“怪光”を見るようになったばかりか、

時おり彼らの家の近くでも目撃されるようにもなり、

これらがいったい何なのか頭を悩ませています。

動画の前半は1999年の9月にストランド助教授が学生たちと一緒にいる時に撮影されたもので、

人々の驚きの声も収められている。動画の後半の映像は、

1999年12月4日にヘスダーレンの観測施設から撮影された“怪光”です。

sponsoredlink

ピラミッドの事がKGB極秘文書で記されていた?!

 

今後…本当に UFO・エイリアン関連は受け入れていかなければならない!?

“怪光”あるいはUFOが着陸した光景も目撃されて、

同大学の調査チームがUFOが着陸したと言われる場所を検分しているそうです。

現場の地面では芝生の一部がゴッソリ剥ぎ取られいて、

数メートル先に投棄されていたということです。

これはおそらくUFOが放ったレーザー光線がなせる業ではないかということみたいです。

また“ヘスダーレンの光”として有名な画像は同じくヘスダーレンの観測施設から、

撮影されたヘスダーレン渓谷の上空に横に長く伸びた怪光らしいです。

この現象についてはいまだに決定的な説明はなされていません。

こうした“本物”のUFO動画をどう考えたらよいのでしょうか…?

都市伝説・富士山の4つの謎

UFOにまつわる現象だけでなく、我々は科学の蚊帳の外に置かれた、

トピックスについてこれまでいかに目に触れずにきていたのかを考えてみるのも興味深いことです。

結局のところ、こうした真実から隔離されていることは、

これらの話題について学ぶという意欲を妨げることに…。

我々は、これまでの人生で抱いてきた信念を脅かす存在を否定したり、

無視したりしがちであるが、安心安全、そして安定した生活を、

送りたい者にとっては無理もないことでしょう。

しかし現代を生きる我々がまずすべきことは、

UFO現象などのこうした受け入れざるを得ない物事の存在を、

認めるということに他ならないのではないのでしょうか…。

Collective Evolutionの記事では、もはや我々はこれまでと同じように、

この地球に住み続けることはできないと訴えています。

我々が前進し、平和、調和、そして豊かさの中で、

今後も生きていきたいのであれば、劇的な変化が求められているということです。

世界人口が70億を超えてなおも増え続ける将来において…、

環境問題やエネルギー問題、そしてUFOなどのこれまで、

サイエンスの蚊帳の外に置かれていた問題について、

抜本的に考えを改める時期に来ているのでしょうね…。

2019年…世界崩壊!?まず日本!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.