芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

NASA現役科学者の怪しい会見

投稿日:

sponsoredlink

NASA現役科学者の怪しい会見

UFOやエイリアンについて何かを隠していると疑われ続けているNASAですが…。

“中の人”たちは日々どんな思いで任務に当たっているのでしょうか…?

最近公開された動画で、NASAのベテラン科学者が率直に思いの丈を口にしているそうです。

2017年にはペンタゴン(米国防総省)公認のUFO動画が公開されて、

2007年から2012年までの間に極秘UFO調査プロジェクトが、

存在していたことまでもが明らかになったのは記憶に新しいですよね。

それでは、NASAにもこのような我々には知らされない、

極秘のプロジェクトや組織があるのでしょうか…?

NASAのベテラン科学者で現在はNASAのゴダード宇宙飛行センター(GSFC)の、

管理職を務めているミッチェル・タラー氏が、

米オンラインメディアBigThinkの動画の中で、

人々からよく寄せられる質問や疑惑について気さくに回答しているそうです。

 

 

 

 NASAの科学者達がもし〇〇したら…地球は危ない!?

宇宙についてまず最も人々が懸念しているのは、

地球に衝突する可能性がある隕石や彗星、小惑星が、

近づいているのではないかという疑いですが…、

実はNASAは衝突する日をすでに知っているものの…、

我々には公表していないという疑惑を持つ人が実に多いそうですね。

はたしてNASAは地球に危機が迫っていることが判明した時、

そのことを我々に公表するのでしょうか? タラー氏は…、

イエス(公表する)と断言しているそうですね。

2019年…世界崩壊!?まず日本!?

実際に私たちは地球に衝突する可能性のある天体を毎日探しています。

そして、もし何かのリスクをはらむ物体を発見した場合、多くの人々にそれを伝える…。

空と宇宙は誰のものでもなく、すでに世界中どこにでも、

高性能の望遠鏡が設置されていることから、もし…、

NASAが隠したとしてもすぐに発見されるということです。

近い将来に何かよからぬことが起こることが科学的にわかった場合…、

サイエンティストはそれを正直に人々に教えてくれるのかどうか、

多くの人々が疑念を抱いているのは事実のようです。

2012年の“マヤ歴の終了”の件でも、地球が滅亡するというのは本当なのか?

という問い合わせがNASAに多く寄せられたそうです。

ある日NASAのすべての科学者がクレジットカードの限度額一杯まで、

高級ワインを買い占めてどこかへ姿をくらました時こそ、本当に心配すべきでしょうね。

sponsoredlink

都市伝説・富士山の4つの謎

 

 

 

地球最後の日が来る日…そして宇宙人が地球に居る事…真実は伝えて欲しい

これはもちろんジョークですけど、そんな日は金輪際、

起こらないとタラー氏は説明していて、そして、

もし地球に重大な危機が迫っているのであれば、

それを隠し続ける術はないと訴えているそうですよ。恐ろしいです。

そしてもうひとつ、多くの人々が抱いているのは、

NASAがエイリアンを隠しているのではないかという疑惑です。

ピラミッドの事がKGB極秘文書で記されていた?!

実は、米軍やNASAはエイリアンとすでに接触していて、

どこかに彼らがかくまわれているのではないかと疑う声は確かに多いみたいです。

一枚岩の情に欠けたグループ(陰謀論者グループ)は、

どういう訳か科学者たちは(エイリアンを)隠したいと思っていて、そして実際に隠していると言います。

タラー氏は、この件について陰謀論者たちとの間に見解の分断がある事を認めているそうです。

結局のところ、何を言ったとしても完全に彼らを説得する事は出来ないからです。

その代わりにタラー氏は公のメディアなどにできる限り関わって、

広く情報を共有することに努めているということです。

そうすることによって、逆に、何かがあるから必死になっているのだ…と、

陰謀論者たちの疑念を深めてしまう可能性も考ええられが、

いずれにしても今回の動画出演も、広く情報を、

共有することに努める…というポリシーからくるものなのでしょうか。

こうした活動が数々の陰謀論を論破するわけではありませんが、

私が科学について最も好きなことの1つは、それが誰にとってもアクセス可能である事です。

そしてもし、それが良からぬ事であったとしても…、

何かが起こりそうな時には我々はそれを皆さんにお伝えしますから…。

政府・科学者が分析した真の UFOについて

隕石や小惑星の接近など、地球に危機が及ぶ可能性を特定した時には、

NASAは我々にいち早く情報発信するとタラー氏は誓約しています。

もちろん、今後もずっとNASAからの緊急アナウンスがない事を祈るばかりですが…。

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.