芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

天皇家とユダヤ人の不思議な関係とは…?

投稿日:

sponsoredlink

天皇家とユダヤ人の不思議な関係とは…?

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツのユダヤ人迫害から、

大勢の難民を救った日本人が…その人は杉原千畝さん…。

東洋のシンドラーとも称される彼は、リトアニアのカウナス領事館の外交官という立場ながら、

当時の外務省からの訓令に反し、ユダヤ人の避難民たちに、

大量のビザを発行したことで知られていますが、

この勇気ある行動は今なおユダヤ人らの間で語り継がれていて、

近年は日本でも再評価が進んでますが、1月28日放送の、

「世界ナゼそこに? 日本人」(テレビ東京系)でも杉原千畝氏の偉業を取り上げます。

この件もあって、ユダヤ人と日本人の間には現在でも友好的な絆が生まれてます。

そのつながりは我々が思っているよりずっと古くて、

非常に深いものである可能性が指摘されています。

日本の天皇家と古代イスラエルにつながりがあるという、いわゆる日ユ同祖論です。

実は皇室の中にもそのつながりを知り、研究されてるとみられる人がいます。

2016年に薨去された三笠宮崇仁親王です。三笠宮崇仁親王と、

皇室の秘密について迫ったもので、古代ユダヤと、

皇室にいかなる関わりがあったのか? その謎に迫りたいと思います。

 

 

天照大神を祖先とする天皇家が何故か…古代イスラエルのユダヤ聖典を研究された!?

昭和天皇の末の弟君で天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下は、

古代オリエント史の学者としても知られますが、

当初から研究のメインテーマが聖書だったことは、あまり知られていないそうです。

天照大神を先祖とする皇族が、異国の宗教である、

ユダヤ教の聖典を研究されるというだけでも興味深いですが、

実は三笠宮殿下は、古代イスラエルと日本の皇室との関係、

つまり日ユ同祖論的な学説について多大な関心を持たれて、

調査されていた節があり、もしも日本の天皇家と、

古代イスラエルにつながりがあるとすれば、日本の歴史がひっくり返る事態に…。

第二次大戦時、三笠宮殿下は陸軍少佐として出征されてました。

その際、敵のことをよく知ろうとキリスト教について調べられました。

聖書に記述された内容が架空の物語などではなく、

歴史的事実に基づいている事を知った時、それから離れられなくなってしまったそうです。

そして終戦後は、東大の研究生として古代オリエント史を専攻されました。

しかも、旧約聖書は翻訳では真意がつかみにくいという理由からヘブライ語を学ばれて、

後にユダヤ人と普通に会話できるほど堪能になられたそうです。

2045年から来たタイムトラベラーの発言

やがて歴史学者になられた殿下は、昭和28年1月に、

日本とユダヤの関係を研究し親善を深める目的で結成された、

日ユ懇話会の会合に出席され、その席上、天皇家に伝わる、

三種の神器の一つである、八咫鏡(やたのかがみ)の裏に、

ヘブル語(ヘブライ語)で我は在りて有る者と書かれているという噂が話題になりました。

この話には、さまざまな逸話が残されてる、そうですね。

明治時代に文部大臣を務めた森有礼氏(ありのり)も関心を持ち、

伊勢神宮へと赴くと、天皇でも見ることを許されない、

八咫鏡を大臣の権限として特別に頼み込んで見せてもらったらしいです。

嵐の解散が現実に…?!原因は…?

すると、そこには実際に…我は在りて有る者を意味する文字が書かれていたらしいです。

この話に強い関心を持たれた三笠宮殿下は、いずれ調査すると語られました。

このエピソードは、同席していた東京イブニングニュースの支局長が、

スクープして話題となり、その後で実際に調査されたかどうかについては発表されてないそうです。

明治天皇の隠し子!?そして…古代イスラエルとは…関係があるのか?

この逸話を聞いて、大きな疑問を持たずには入られませんでした。

まず、このような八咫鏡に関する怪しげな噂話について、

三笠宮殿下はヘブル語に堪能なオリエント史学者として、

一笑に付すことが通常の反応ではないかと思いました。

しかし殿下は、そうなさらず、なぜ真相を調査すると語られたのでしょうか?

sponsoredlink

実は皇室に、古代イスラエルとのつながりに関する何らかの話が伝わって、

そのような可能性があり得ると判断されたのでしょうか?

それ以前の疑問として、そもそも三笠宮殿下はなぜオリエント史、

特に古代イスラエル史を研究されるようになったのでしょうか?

もちろん公式には、前述のような理由から聖書に惹かれたそうですが、

実は天皇家と古代イスラエルのつながりについて皇室内で秘密にされている事があり、

あらかじめ何らかの秘密をご存知だったのではないでしょうか?

実は、明治天皇の孫を自称する人物が語っている内容が、

天皇家と古代イスラエルとの関係を示唆しているそうですね…。

その人物とは小林隆利氏といい、大正14年に名古屋で生まれてますが、

母親は、仁(しのぶ)内親王という女性で、その父が明治天皇だと言っています。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

もちろん、公的にそのような名の内親王は存在しなませんが、

実際に明治天皇に何人の側室がいたかは極秘とされていて、

公表されていない内親王が存在した可能性は否定できないでしょうね。

小林氏がキリスト教系の雑誌『HAZAH(ハーザー)』(2001年2月号)の、

インタビューで明かしたところ…、小林氏の母は明治天皇から次のように聞かされたそうです。

仁、私は天皇の権限で日本という国を調べた結果、日本は神道である。

しかし神道は、本来はユダヤ教である。そしてキリスト教はユダヤ教を完成させるものだ。

と、話してますが、これがもし本当であるとすれば、実に驚くべきことでしょう。

明治天皇が自らの権限によって皇室の秘密を調べて、

このような事実がわかって、さらに明治天皇は、

仁内親王に対して次のように語ったそうです。

仁、おまえが結婚して男の子が与えられたならば、

キリスト教の牧師にするのだよ。きっと役に立つ時がくるぞ…と話してるそうです。

小林氏の母は天皇の遺言通りに、小林氏を牧師にさせました。

この話は、古代の天皇が何らかの形でユダヤ教あるいは、

キリスト教を日本にもたらしたとも受け取れるのでは…。

ところで、三笠宮殿下が1954年に提唱され、初代会長を務められた、

日本オリエント学会という学術団体があり、そして後に会長となった人物には、

騎馬民族日本征服説で知られる江上波夫氏(故人)がいました。

三笠宮殿下と江上氏は非常に親しい関係にあったようだそうです。

そもそも江上氏のような学説を唱える人物は、

皇室にとって好ましくない存在であるはずでしょう。

なにしろ騎馬民族日本征服説によれば、万世一系とされる天皇家のルーツが、

 

 

歴史を変えてしまうぐらいのこの真相は?日本にも基督教が伝わっていた!?

実は日本にはなく、東北アジアの騎馬民族が4世紀に日本を征服して天皇となったとか…。

その江上氏だが、東大時代には景教(中国のキリスト教、ネストリウス派)の研究で、

世界的権威である佐伯好郎(よしろう)氏に師事してました。

佐伯氏の学説によると、景教は古代日本にも伝わっていたそうです。

それをもたらしたのが景教徒であった古代豪族の秦氏だとか…。

その秦氏が、日本の神社にキリスト教的要素を取り込んだというのが、

いわゆる日ユ同祖論者の多くが語るところだそうです。

佐伯氏の弟子だった江上氏は、この景教渡来説を、

日常的に佐伯氏から聞かされていただろうしその説に多少なりとも影響を受けていたかも?

景教渡来説をもっとも精力的に展開している人物としては、

ケン・ジョセフ氏(ジュニア、シニアの父子)が挙げられますが、

2人の共著である『【隠された】十字架の国・日本』(徳間書店)には、

興味深いエピソードが記されてるそうですね。

それによると、ある時ジョセフ氏(ジュニア)は、

キリスト教が定説よりも早く日本に入っていたとする原稿を提出したけど、

出版社の編集長から、歴史的根拠がないため受け入れられないと言われたそうです。

しかし、ジョセフ氏がその説は正しいのだと執拗に食い下がるため、

編集長は大学時代の恩師である江上氏に電話で聞いてみることニュース…。

すると江上氏は、ケンの考えは、私の考えとは若干の違いがありますけれど、

否定はできません。また、もう一つケンに伝えてください。

二世紀に日本に入ってきた基督教は景教じゃなくて、

原始基督教が直接入って来たものです…と答えたそうです。

もっとも江上氏は、公の場では一切そのような発言をしませんでした。

しかしオフレコの場では、上記のような持論を語っていたそうです。

察するところ、江上氏は師である佐伯氏の学説である、

景教徒渡来説を認めていたことになる。晩年の佐伯氏は、

古代日本に景教をもたらしたのが景教徒でなく原始基督教徒だったと訂正しましたが、

その点も江上氏と同一でそうなると、江上氏が説いた騎馬民族日本征服説も、

実はそこまで公表しなかっただけで、原始基督教徒としての、

騎馬民族が前提にあったのではないでしょうか。

果たして、日本オリエント学会などでつながる、

三笠宮殿下と江上波夫氏の思想的共通点は古代イスラエルだったのでしょうか?

だが、三笠宮殿下の薨去とともに、それも叶わぬ夢となりました。

いずれにしても、今回紹介しました八咫鏡の噂は、

オリエント史学者である皇族までもが真剣に調べようとしていた経緯があり、

日ユ同祖論が必ずしも怪しい言説とは限らないということはおわかりになりましたか…?

2019年…女性預言者の重大な予言

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.