芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アメリカの大女優の死と繋がる宇宙人事件とは?

投稿日:

sponsoredlink

アメリカの大女優の死と繋がる…宇宙人事件とは…?

いきなりですが…55年前の名作映画に登場する、

米軍の極秘司令基地“サイトY”とは?どんな事なんでしょうか?

この件には悲劇の大女優、マリリン・モンローも関係してくる、

大がかりな陰謀が横たわっている可能性があるというから驚きですよ。

2013年に公開されたCIA機密文書によって、その存在が確認された“、

エリア51”だが、逆に言えばそれまでの長い間、

公には存在しない施設であったことになりますね。

1960年代から本格化したUFO研究のムーブメント以降、

徐々に一般の人々にも知られるようになった“エリア51”ですが、

そもそもその疑惑の発端になった…ロズウェル事件が起きたのは1947年のことです。

そう考えてみれば、実に長い間“エリア51”は秘密にされてきたわけですね。

 

 

マリリン・モンローは自殺?それとも…他殺?しかも… UFOの大変な証拠を知っていた!?

ロズウェル事件で墜落したエイリアンの遺体(あるいは生体)を、

収容したとされている“エリア51”ですが、ではどうして、

“エリア51”のような砂漠の秘密基地が、人々が抱く、

ミステリアスな現象に関するイメージの中に登場することになったのでしょうか…。

この件に関して、1962年当時に奇妙な2つの出来事があったことを、

オルタナティブ系メディアMysterious Universeの記事が指摘しています。

1つは1962年に亡くなった女優、マリリン・モンローです。

したが、モンローの死因は睡眠薬のオーバードースであると結論づけられているのだが、

これが自殺なのかあるいは他殺(謀殺)なのかは今も議論が続いています。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

死の2週間前にモンローは電話で友人に…、私はUFOの秘密を解き明かす、

大変な証拠を知っているわ…と話していたといわれていて、

また後年に明らかになった当時のCIA機密文書には、

マリリン・モンローは危険な女である。国家を脅かす機密情報を知っている…と記されているらしいです。

マリリン・モンローが知っていたという“国家を脅かす機密情報”とは、

UFOにまつわる情報だったということになるのでしょうか…。

そしてそれは“エリア51”に関係しているのでしょうか…。

1962年に起こったもう1つの出来事は、後に映画化された、

ベストセラー小説『五月の七日間(Seven Days in May)』の出版です。

1964年に公開された映画のほうも大ヒットした『五月の七日間』は、

米ソ冷戦下のアメリカでソ連との間に核兵器廃絶協定を結ぼうと計画していた、

軟弱な政府に反発する米軍上層部が、極秘裏に、

クーデターを画策していたというストーリー設定です。

当時の大スターが結集した豪華出演陣の本作は、クーデターの首謀者である、

sponsoredlink

米軍トップのジェイムス・スコット統合参謀本部議長(バート・ランカスター)が、

政府の弱腰の対ソ外交に到底納得することができずに用意周到に、

策謀を張りめぐらせて軍事クーデターを画策します。

クーデター実行までの7日間を時系列に沿って描いた政治サスペンスドラマです。

軍内部の密告者からクーデター計画があることを知らされた、

ジョーダン・ライマン大統領(フレデリック・マーチ)は当初、

その話を真に受けていなかったのだが、念のために大統領に近しい、

レイモンド・クラーク上院議員(エドモンド・オブライエン)に、

クーデターの拠点となり司令部の役割を果たす秘密基地を探し出す任務を与えます。

2045年から来たタイムトラベラーの発言

 

何故…マリリン・モンローは情報を知っていたのか?

コードネーム“サイトY”と名づけられたその秘密基地の存在には、

クラーク議員も半信半疑でしたが、偶然とも思える展開でテキサス州エルパソの郊外で、

それまで完全にその存在が隠蔽されていたクーデターの拠点となる、

砂漠地帯の秘密基地“サイトY”を目撃することになります。

まさに“エリア51”を彷彿とさせる砂漠の米軍基地が映画の中でも描かれていますね。

この後のストーリーは関係する人物の不可解な死が続き、疑惑が錯綜して、

張りめぐらされた謀略が続々と明るみになりながら物語が急展開して、

ライマン大統領とスコット大将の最終決戦へとなだれ込んでいきます。

マリリン・モンローの死と、この『五月の七日間』の出版が、

同じ1962年の出来事だったのは単なる偶然なのでしょうか…?

2039年…人類は究極の進化をする?!

Mysterious Universeの記事で筆者のニック・レッドファーン氏は、

この時期に一部の著名人やジャーナリストに“エリア51”についての、

情報のリークがあった可能性を指摘しています。

このアメリカ国内に、完全に政府の管轄から外れた秘密の米軍施設が存在することが、

俳優やジャーナリストなど社会的影響力のある、

一部の人々に非公式に伝えられたのではないかということです。

小説『五月の七日間』の共著者であるフレッチャー・ニーベル氏は、

基本的に政府を信用しておらず、ほかの著作においてもさまざまな、

“陰謀論”を作中に登場させて、そしてまたニーベル氏は、

政府内の何人ものインサイダー情報提供者との接触があったらしいです。

“サイトY”の元ネタが“エリア51”についてのインサイダー情報であったかもしれないのです。

そして一方、マリリン・モンローが知り得たUFO情報も、

この砂漠の秘密基地である“エリア51”についての情報だったのかもしれません。

それまでは誰も意識することのなかった砂漠地帯の謎の秘密基地が、

こうして1962年以降に徐々に人々の意識に入り込むことに、

なったということなのでしょうか…謎は深まるばかりですね。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

 

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.