芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アメリカ…昔から宇宙軍はあった!?

投稿日:

sponsoredlink

 

アメリカ…昔から宇宙軍はあった!?

昨年6月18日アメリカのドナルド・トランプ大統領が、

宇宙軍の創設を指示する大統領令を発布し、同年12月には、

米国防総省に11番目の統合軍として宇宙軍の創設を命じたことは記憶に新しいですよね。

新たな時代の幕開けを予感させるニュースでしたが…、

オルタナティブサイトCollective Evolution(2月2日付)によると、

実のところ米国は宇宙軍をずっと以前から所有しているそうですが、一体どういうことでしょうか?

そのことを理解する上で欠かせないのが米国のUFOへの関心ですよね。

2017年12月、米国防総省が2007年〜2012年の5年間にわたり、

UFO調査プロジェクト先進航空宇宙脅威識別計画に2200万ドル(約25億円)の、

予算をつけていたことが明らかになり、米国主導の、

UFO調査は今に始まったことではないみたいですね。

 

 

 

プロジェクト・ブルーブックとはどんな…計画なのか…?

UFOの存在が初めて公式に認知された、ケネス・アーノルド事件(1947年)以来…、

アメリカ空軍はUFO調査を地道に行ってきた歴史があります。

特に有名なのは1952年から1969年まで続いたプロジェクト・ブルーブックですが…、

その前にもプロジェクト・サイン、プロジェクト・グラッジという名の、

UFO調査プロジェクトが存在していて、プロジェクト・ブルーブックは、

各地で起きた数々のUFO事件を詳細に分析して、12,618件のUFO事件のうち、

大部分は説明可能なものとして報告されていますが、

5.5%にあたる701件では、未解決・説明不可能なものと結論づけられています。

松本潤・葵つかさ…続いてる…?

そして現在も米政府や米空軍のUFO現象に対する興味は失われていない事が、

sponsoredlink

伝説的ハッカー、ゲイリー・マッキノン氏によって暴露されているとか…。

マッキノン氏は2002年から数年間に渡って米国の軍や国防総省、

さらにはNASAのコンピュータに侵入して、UFOの機密情報や、

米国の宇宙戦略に関わるデータを見たと主張しています。

2015年には、“地球外将校”という、タイトルと人名一覧が書かれたエクセルシート、

さらには艦船間の“物質移動”の情報も存在したと暴露しています。

松本潤に…第三の女性の影が…?!

 

 

やはり…米宇宙軍は昔から存在したのか?

さらに、マッキノン氏は宇宙ですでに米国の宇宙戦艦が、

活動していることも示唆していますが、これも見逃せないですよね…宇宙戦艦ですよ。

彼がハッキングを行っていたのは2002年頃、トランプ大統領が、

宇宙軍創設を宣言する16年も前の情報で、だとすれば、

その頃から、いや、それよりももっと以前から米国は、

宇宙軍を所有していたということになる訳でまた、

天皇家とユダヤ人の不思議な関係とは…?

米国がUFOをリバースエンジニアリング(逆行解析)していることは、

マッキノン氏も認めていることから、米国が宇宙戦艦を作ることができたのは…、

これまでのUFO調査に依るところが大きいと思われます。

おそらく、今回トランプ大統領が、公に宇宙軍の創設を指示したのは、

ライバルである中露を牽制するための政治的なパフォーマンスであり、

米国の宇宙戦略にとっては大きな意味を持つものではないのでしょうか…。

問題となるのは、米国が宇宙で何をしているのかという点ですが…、

これについてマッキノン氏は多くを語っていないため現時点では分からないんです。

今後の有力情報に期待したいところですが、いずれにしろ、

今後も米国の動きには注意しておいた方が良いらしいですね。

松本潤…葵つかさと復縁かも!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.