芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

UFOの2割は説明不可…!?何故?

投稿日:

sponsoredlink

UFOの2割は説明不可…!?何故?

今年1月8日から、米ケービルテレビのヒストリーで、

米空軍のUFO調査記録を題材にしたTVシリーズの、

Project Blue Bookが放送され、話題になっています。

題材となっているプロジェクト・ブルーブックは、

1952年から1969年まで続けられたUFO調査記録のことです。

UFO現象を少しでもマジメに勉強した人なら、

同プロジェクトで中心的な役割を担ったJ・アレン・ハイネック博士の名は聞いたことがあるでしょうかね…。

だが、ハイネック博士は当初UFO現象に対して極めて懐疑的だったことはご存知でしょうか…?

ハイネック博士は1910年5月1日、ハレー彗星が地球に最接近する直前に、

シカゴで生まれ、1986年4月27日ハレー彗星とともに75歳でこの世を去りました。

ハイネック博士は幼少期に猩紅熱(しょうこうねつ)にかかり、

病床でアメリカの著名天文学者であるサイモン・ニューカムのElements of Astronomyを、

読んだことで天文学への関心が芽生えたそうです。

1932年にシカゴ大学で天文学の修士号を取得して、

最初の妻マーサ・アレクサンダーと結婚しました。

天文学の博士号を取得後は、オハイオ大学で教鞭を取ったそうです。

 

 

8割は科学的説明可能ですが…やはり2割は不可!?

根っからの天文学者だったハイネク博士に転機が訪れたのはちょうどこの頃みたいです。

第二次世界大戦中から高速で飛行する奇妙な発光体の、

通称フー・ファイターの存在が報告され始め、

1947年には世界的なUFOブームの直接的なきっかけとなった、

ケネス・アーノルド事件が起こった頃らしいですね。

ケネス・アーノルド事件の翌年、1948年に米政府は、

プロジェクト・ブルーブックの先駆けとなるUFO調査プロジェクト・サインを始動します。

同プロジェクトが、オハイオ大学の勤務地からも、

近いオハイオ州の空軍基地に設置されたことで、

天文学の専門家であるハイネック博士に白羽の矢が立ちました。

2045年から来たタイムトラベラーの発言

当初、ハイネック博士はUFO現象に懐疑的な立場でした。

UFO現象は、真珠湾攻撃による国民のトラウマ、

あるいはソ連の爆撃に対する恐怖が生み出した錯覚に過ぎないと考えていたようてす。

sponsoredlink

ところが、米空軍のUFOレポートを分析するうちに、

8割は科学的に説明可能であるものの、2割ほど説明できない、

ケースが混じっていることが分かり、ハイネック博士はUFO現象の研究にのめり込んで行ったそうです。

数年間私は『UFO現象には何もない』と言い続けて来ました。

こんなものは全て一時的な流行に過ぎないと思っていたのです。

30年後の携帯電話ってどうなの?!

 

ハイネック博士の書はあの超有名人に大きな影響を与える!?

1952年までには忘れ去られているだろうと思っていましたが、

UFO現象は米国だけでなく世界中でも報告されるようになり、

ついに博士は興味を持つようになったそうです。

1969年にプロジェクト・ブルーブックが終了してからも、

ハイネック博士のUFOへの関心は衰えなかったみたいです。

大学で教鞭を取る傍ら1972年に数々のUFO現象を、

科学的に分析した本『The UFO Experience: A Scientific Inquiry』を出版します。

1973年には「Center for UFO Studies」を設立します。

同書はスティーブン・スピルバーグ監督に大きな影響を与えて、

1977年のSF映画『Close Encounters of the Third Kind』(未知との遭遇)では、

ハイネック博士がカメオ出演しています、また、

映画のタイトルにもなっているclose encounter(接近遭遇)は、

同書でハイネック博士がUFOとの接近遭遇を3段階に分類したことに由来しているとか…。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

こうしてUFO研究者として知名度を上げていったハイネック博士ですが、

彼のUFO現象に対する態度は常に科学的であったそうです。

2番目の妻との間にできた子どもポール・ハイネックさんは、

父親であるアレン・ハイネック博士について次のように語っています。

父はUFO研究で知られていますが、その前に彼は科学者であり天文学者でした。

よく私たちに科学への愛と世界を学ぶことの大切さを話していました。

父はUFO現象には何かあると思っていましたが、

地球外生命体の存在については断定していませんでした。

次元間の移動、あるいはもっと奇妙な現象だと考えていたようです。

世間では父がUFO懐疑論者から地球外生命体の信奉者になったと、

信じられていますが、これは大きな誤解みたいですね。

アメリカ…昔から宇宙軍はあった!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.