芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アメリカ超能力者がある不思議な体験を…!?

投稿日:

sponsoredlink

アメリカ超能力者がある不思議な体験を…!?

数々の偉業が語り伝えられる米軍史上最強の超能力者の、

インゴ・スワン氏はUFOを目撃していた!? しかも軍の導きによって、

半ば強制的にUFOに遭遇させられたというのです。

類いまれな透視能力を持っていたといわれ、超能力者として、

政府や米軍の極秘のプロジェクトに参加していた、

インゴ・スワン氏(1933~2013)がUFOにも、

関わっていたことが白日の下に晒されつつあるそうです。

米スタンフォード研究所の科学者、ハロルド・パソフ氏と、

ラッセル・ターグ氏のもとで25年間にもわたって遠隔透視(リモートビューイング)を、

はじめとする各種の超心理学実験に参加したスワン氏でしたが、

その期間中にはUFOや地球外生命体に関わる案件がいくつかあったことを、

後に出版した著作『Penetration: The Question of

Extraterrestrial and Human Telepathy』(1998年刊)で明らかにしています。

 

 

連れていかれたのはカナダ・アラスカ…そして大自然を歩き…美しい湖畔で事件は起こる!

スワン氏が関わった極秘のプロジェクトの数々は長い間…、

実に周到に隠蔽されており、後の時代からの追跡を防ぐために、

書類も極力残さないように申し合わせがなされていたそうです。

そして彼に接触し、連絡や指示をくれる人物はまったく素性の知れない、

“メン・イン・ブラック”(MIB)だったそうです。

スワン担当のMIBはアクセル(アクセルロッド、Axelrod)という名前(通名)の、

黒スーツの紳士で、常に双子の配下を従えていたらしいです。

マント姿の双子は背が高く共に金髪でブルーの瞳をしていて、

極めてミステリアスであったということなんですってね…。

UFOの2割は説明不可…!?何故?

ある日、研究室にやって来たこのMIBであるアクセル氏と双子はスワン氏を連れ出して、

全員でジェット機に乗り、ある目的地を目指したのです。

目的地の地名などは一切明かされなかったのですが、

到着した大自然の森はカナダ・アラスカあたりの大地であることを、

スワン氏は確信したそうで、ジェット機から降りた一行は、

森の中でかなりの距離を歩いて移動し、そして美しい湖畔にたどり着いたのです。

UFO研究家で作家のリチャード・ドラン氏が、

スワン氏がこの時に体験した話を詳しく聞き出して、

自著『UFOs and the National Security State:

The Cover-Up Exposed, 1973-1991』(2013年刊)の中で描写しています。

それによればこの湖畔でスワン氏たちは“UFO”を目撃し、以下がその描写の要約だそうです。

湖畔にいた彼らは、“何か”が近づいてくるのを感じました。

湖面を漂う霧は徐々に密度を増すと、輝くネオンブルーの光を放ち、

sponsoredlink

さらに“怒ったような”紫色になり、そして紫、赤、黄色の稲光を走らせたのです。

アポロ計画…本当は月に行ってない!?

 

 

 

その目撃したものは…なんと地球外由来のドローンだった…その目的は?

最初は半透明の霧であった“何か”は徐々に存在感を増し、

ついには三角形かダイヤモンド型の姿の物体として湖の上空に浮かんでいた。

まさに“UFO”ですよね…“UFO”は強風を巻き起こして周囲の松の木々を揺らし、

さらにはルビー色のレーザービームを放ちます。

双子の一人は「クソッ、奴らに制圧された。そのうち見つかるぞ!」と叫んだそうです。

次のレーザービームが自分たちに向けられるかもしれないと考えた一行は、

いつでも逃げられる体勢をとったが次の瞬間、

なんと湖の水が滝を逆にしたように上に向かって噴出して、

“UFO”に吸い込まれていったのだ。そして今が逃げる、

チャンスだと思った一行は、走り出して湖畔を後にしたのです。

2019年12月Xデーが来る!?人類が…?

湖から遠く離れたところまで来て一息ついた一行でしたが…、

そのときアクセル氏がスワン氏に、あの UFOから、

何か感じたかどうか質問してきて、そしてこの質問で、

スワン氏は自分がどうしてここに連れてこられたのかをおぼろげながら理解することになったのです。

政府と軍はこの場所に“UFO”が出没することを知っていて、

超能力者であるスワン氏に目撃させれば何かがわかるのではないかと期待していたことになります。

しかし、残念ながらスワン氏にはこの時に特に何かを感じたという事は無かったそうです。

それでもスワン氏の理解では目撃した UFOは地球外由来の、

ドローン(無人機)であり、“水を汲み”にこの湖にやって来たのだと述べています。

彼らエイリアンにとって地球は、喉が渇いていたり、

お腹が減った時に立ち寄る“近所のスーパーマーケット”のような存在であるとか…。

はたして、スワンたちが目撃したUFOは物資を補給しに湖に来たドローンなんでしょうか?

だとすれば今もこの地で頻繁に出没しているのでしょうか…?

記録には残されていない出来事だけに新事実が発掘される見込みは、

薄いかもしれないけど、関連する情報があればまた紹介します。

ビルダーバーグ会議、人類選別は始まっている…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.