芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

スマホ見過ぎの女性の行く末は…

投稿日:

sponsoredlink

スマホ見過ぎの女性の行く末は…

スマホが電子レンジ化して、眼球を焼いてしまうという、

にわかに信じ難い事故が報告されたらしいです。

英紙The Sun(2月19日付)によると、台湾南部・高雄に住む、

女性チェンさん(25)は、秘書という仕事柄メールの返信などで、

スマホを頻繁に使用しており、外では文字を見やすくするために画面の明るさをMAXに設定していたそうです。

そんな日々を約2年間送るうちに、いつしか目の充血と霞みが、

毎日のように起こるようになったそうで、スマホを使用する時間が、

長いことは自覚していたが、市販の目薬などで一時的に対処するのみだったそうです。

しかし、症状は改善されず、ついに病院に駆け込んだところ驚愕の事実が判明しました。

 

 

なんと…角膜に500個もの穴が空いている!?

なんと、チェンさんの角膜に500個もの“穴”が空いていたというのです。

診察した医師によると、チェンさんが使用していたスマホの画面の明るさは、

625ルーメン(明るさの単位。600ルーメンはおよそ50Wの電球の明るさに相当する)もあって、

これを2時間も見続けると、電子レンジで焼かれるのと同じ効果を持つそうです。

チェンさんは3日間のステロイド治療を受け、角膜の損傷は、

回復したとのことですが…、視力の低下は治らないそうです。

ビルダーバーグ会議、人類選別は始まっている…?!

香港紙の蘋果日報(2月18日付)によると、推奨されるスマホ画面の明るさは、

300ルーメンほどであり、これ以上に明るい画面を何時間も見続けることは危険だそうですね。

目への影響を抑えるためには、環境によって画面の明るさが、

sponsoredlink

変わるように自動調整モードにするか、常に250ルーメンほどの、

明るさに設定しておくことが好ましいく、暗い部屋でのスマホの使用も控えるべきとのこと…。

また、スマホの危険は画面の明るさだけではないんです。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

 

 

PCやスマホの画面から発光するブルーライトは目の光受容細胞内で有毒な科学物質を生み出すことが明らかになっている!

米・トレド大学の研究で、PCやスマホの画面から発するブルーライトが、

目の光受容細胞内で有毒な科学物質を生み出すことを明らかになっているのです。

さらに、ブルーライトが皮膚の真皮まで届き、

肌の老化を早める事も先行研究で判明しているそうです。

PCやスマホがなければ仕事・生活がままならないというのが現代人でありますが、

使いすぎには注意したいものですね、専門家によると、

ブルーライトの影響を減らすためには、屋外では、

UVとブルーライトを遮断するサングラスを着用して、

室内では暗闇の中でスマホやタブレットを使用しないことが有効だそうです。

アポロ計画…本当は月に行ってない!?

ついつい外ではスマホの画面を明るくし、就寝前の暗い部屋で、

スマホやPCを見てしまう人は多いと思うが、手遅れになる前に、

今日から自分の目の健康を気遣ってみても良いのではないでしょうか…。

トランプ大統領暗殺計画…って?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.