芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アメリカのある火山が2ヶ月以内に大噴火!?

投稿日:

sponsoredlink

アメリカのある火山が2ヶ月以内に大噴

今朝のニュースにて、政府が東北太平洋側での…M7.0以上の地震が起きる確立を、

出したのですが、30年以内に90%の確立で起きるそうですね。

また、あの悪夢が起きるのでしょうか…、それに南海トラフも起きるというのに…。

ある予言では、日本列島が地震で真っ二つになるとか…いう話も…。

そして本日は、北アメリカ大陸最大の火山地帯で世界初の国立公園イエローストーンの、

大規模噴火が近いという噂が流れているようですね。

もしこの巨大火山地帯に噴火が起これば、地球が氷河期に突入するなど、

人類滅亡レベルともいえるほどの壊滅的な打撃を与える、

“スーパーボルケーノ”が現実のものとなるらしいです。

巨大掲示板「Reddit」で物騒な風説が駆けめぐっているようですね。

ユーザー名「oct29th1929」氏はイエローストーンの大噴火が近づいているのに、

米政府はそれを知りながらも意図的に口を閉ざしていると主張しているとか…。

同氏によれば、イエローストーン関連の話題がニュースで扱われる回数と、

同国立公園の地震活動は比例していて、大噴火を占う不気味な徴候になり得るそうです。

そしてイエローストーンが噴火するにしても、それは遅れに遅れていて、

我々の生きている間には起こらないと科学者たちが、

一様に言及していることに憤慨しているそうです。

 

 

 

何故…政府は国民に警告しないのか?

もし噴火が起こるとすれば、被災地域にいる人々には、

前もって2カ月前までには避難に関する警報や指示が出されていなければ、

全員が避難することは不可能…しかし2カ月前に皆に、

知らせないとなると何が起きるでしょうか…科学者は黙り、

政府は警告を発せず、ただ起こった後の“処理”だけをするということでしょうか。

政府は故意に知らないフリをしていると指摘するoct29th1929氏ですが…、

だとすればそこにはどのような理由が隠されているのでしょうか…。

政府は前もって警報を発しません。なぜなら生き残った人が少ないほど、

何かと対処しやすくなるからです…、とoct129th1929氏が言っています。

災害直後の救助活動や被災地域の復興に際しては、

生存者が少ないほうが取り組みやすいという理由から、

避難警報を出さないでいるのだとすれば万死に値する罪ということになるだろう。

人類削減計画を考えている、ある実業家とは?

彼の憤りに同意するユーザーは、本当のことを言えば、

たくさんの中流階級の人々を事前に避難させるよりも、

災害後に単純に遺体をかき集めるほうが政府の出費がはるかに少なくなるから…。

sponsoredlink

国民をクソ扱いにしている…と語気を荒げて書き込んでいる。

oct29th1929氏の見解はつじつまが合わないとして、

反対意見を述べている書き込みもあり、もしイエローストーンに明らかな異変があれば、

政府筋ではない独立した科学者や研究機関からも何らかの発表があるはずであるというのだ。

もし噴火が近いなら、個々の科学者たちはおそらく警報を発するでしょう。

もしあなた(oct29th1929氏) の仮説が正しいのであれば、噴火の前に情報がリークされると思います。

古代宇宙人?!シュメール人の謎…?!3

 

 

スーパーボルケーノが本当に起こるのか…?

oct29th1929氏の“陰謀論”が正しいのだとすれば…、

今後2カ月以内にイエローストーンに何らかの活動が見られるということにもなる。

昨年のハワイ・キラウエア火山の噴火もかなりの規模でありましたが…、

内陸部での大噴火、いわゆる“スーパーボルケーノ”が、

現実のものになるとすればその被害は計り知れない…。

もちろんイエローストーンのような巨大火山地帯に、

噴火が起こればその後の混乱は避けられないですよね。

経済は混乱するでしょう。そして火山噴火の影響は地球規模でしょうか…。

もしイエローストーン火山帯に噴火が起こった場合、

試算によれば8万7000人が即死し、アメリカの国土の、

3分の2が居住不可能になると見積もられているそうです。

スマホ見過ぎの女性の行く末は…

噴火により大量の灰が大気中に飛散すると日光が遮られ、

地表の生命に直接影響を及ぼすいわゆる“核の冬”と同様の現象が訪れるようです。

1980年に起きたワシントン州のセント・ヘレンズ山の噴火は、

11の州とカナダの5つの地域に灰を堆積させて57人の死者を出しましたが…、

それと比較してイエーローストーンの噴火は6000倍もの、

規模の破局的な被害になる可能性があるそうです。

また火山が爆発すると、火山が大量の二酸化硫黄を大気中に放出するため、

気候変動が起こり、それが太陽光を吸収する硫黄の霧を形成する可能性も出てくるとか…。

硫黄の霧に日光が遮られて極端な寒冷化が地球を襲い、

数々の生物を危機に晒し“大量絶滅”にもつながりかねないのです。

いずれにせよしばらくは、イエローストーンの、

火山活動の動向には注意を怠れないということになる…。

宇宙人とタイムトラベル!?元MLB選手が…?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.