芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

古代人の流行り…巨石のアート!?

投稿日:

sponsoredlink

古代人の流行り…巨石のアート!?

古代ヨーロッパに存在した、ストーンヘンジをはじめとする巨石文明なんですけど…。

巨石文明は一体どこで生まれて、何故、そしてどのような方法で、

あのような巨大な石を使った構築物を造ったのでしょうか…。

長年の仮説では巨石文明は中東が一つの起点として挙げられていて、

そこからヨーロッパへ広がっていったという解釈が主流らしいですね。

また一説にはヨーロッパ各地に広がる巨石遺跡それぞれが、

独自の発展を遂げたものだともいわれているそうなんですよ。

だが最新の研究によって、どうやらはじまりはひとつの場所みたいで、

もともとはフランス東部ブルゴーニュ地方に存在していた、

狩猟民族コミュニティーを起源として広まったものであることが判明しつつあると…。

 

 

元々は…北西フランスから大西洋を経てスカンジナビア半島まで…

研究を続けている、スウェーデン・ヨーテボリ大学の、

ベティーナ・シュルツ・パウルソン教授のチームは、

もっとも初期のものは北西フランスから派生していること、

そしてそこから地中海及び大西洋海岸の海路に沿って広がっていったことを結論づけているのです。

教授らは実にヨーロッパ中の2410もの有史以前の巨石群全てを、

放射性炭素年代測定法にかけて調査を実施したそうです。

人類最古の遺跡?!ギョベクリテペの謎?

それは…、巨石群よりもさらに時代を遡る墓群も含むのです。

当時の建築技術や道具、埋葬の証拠などもかなり細かく調べたそうです。

その結果、巨石文明は紀元前4500年頃から北西フランスで、

200~300年の間に数多く造られていたことがわかったのです。

そこからは急激に南フランス、イギリス、地中海、スペイン、ポルトガルへと、

sponsoredlink

沿岸に沿って広がっていき、最終的にはスカンジナビアを含むヨーロッパ諸国へと波及していくわけです。

都市伝説・ブルービーム計画とは…?!

 

あれだけの技術とあれだけの巨石の運搬方法とは…?やはり…彼等なのでしょうか…?

これはつまり、海路利用の観点から、海上技術、船舶技術が、

従来の予想よりもかなり早くから登場していたと判断でき、

しかも巨石の運搬となればかなり優れた技術を有していたことを示す重要な証拠となるらしいです。

多くの人員や物資を運ぶと同時に、海上における長距離を移動可能にする、

高度な知識や技術の黎明期はこれまでの予想よりも2000年ほども早まる可能性があるとか…。

太陽空洞説…どういう事?!

著名な考古学者である英ダラム大学のクリス・スカール教授も、

ヨーロッパ全域の巨石文明概要や年代についてまだ調査も必要であり、

今回の結果が100%正しいわけではないが…と前置きしつつも、

非常にもっともらしい『新仮説』といっていいだろう…と強い興味と賛同を示しているそうです。

今より6000年以上も前のヨーロッパに起きた一大巨石ブームの中…。

石を切り出す技術や陸上における運搬方法など不明な点もまだ多々ありますが、

異なる地域が巨石文明でつながっていることは興味深いのでは…。

これこそは…あちら側の人(宇宙人)ではないでしょうか…?

キリストは…あの数学者の弟子だった!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.