芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

退役したはずのあの戦闘機が…目撃!?

投稿日:

sponsoredlink

退役したはずのあの戦闘機が…目撃!?

F-117(通称:ナイトホーク)という航空機をご存知でしょうか…?

米ロッキード社が80年代に開発した、世界初のステルス攻撃機です。

黒い塗装とレーダーに映りにくくするための角張ったデザインが特徴で、

その姿はまさにUFOを想起させますが…、アメリカが、

UFOの技術を取り入れて開発したのではないか?と考える陰謀論ファンも存在する程なんです。

F-117は1989年の米軍パナマ侵攻時に初めて実戦に参加して、

それ以来湾岸戦争・ユーゴスラビア空爆・イラク戦争と数々の戦争に投入されてきました、

しかも、損害はユーゴ空爆時に撃墜されたただ1例があるのみので、

極めて優秀なステルス機ですが、しかしながら、同時にデリケートな機体でもあるため、

維持・管理コストがかさむことから2008年には全機が退役したと公式には伝えられてますが…。

 

 

存在しないはずの飛行隊で編成?アメリカ政府は非公式とか…

ところが昨今、退役したはずのF-117の目撃情報が相次ぐようになった。

航空機専門サイトThe Aviationist2019年2月27日付の記事によれば、

同日米デスバレー上空を飛行するF-117を複数の人物が目撃していて、

写真や動画撮影に成功しているそうで、デスバレーは、かのエリア51の近隣に位置しています。

プレスリー生存説…実は生きていた!?

更に、The Aviationist 3月2日付の記事によれば、

2017年にF-117が、4機がシリアにおいて密かに空爆を実施したとか…。

退役したはずのF-117がなぜ現在においても飛行し、

ましてや実戦に投入されているのでしょうか…?

軍事研究家である筆者は、米空軍はF-117を秘密裏に現役に復帰させて、

存在しないはずの飛行隊を編成していると分析するそうです。

極秘に存在し、公的にはその存在を認めない部隊は、

sponsoredlink

実は軍事の世界ではよく見られるもので、例えば、

米陸軍特殊部隊デルタフォースは、著名な部隊であるものの、

アメリカ政府は未だその存在を公的には認めていないんです。

こうした例は日本でもあり、北朝鮮工作船の対応にあたったとされる、

海上保安庁の特殊部隊SST(Special Security Team:特殊警備隊)は、

95年に発足したものの2000年代になるまで存在の公表はなされなかったんですよ。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

 

 

では何故…そんな機体で秘密裏に部隊を編成するのか?

ではなぜ、10年以上前に退役した機体で秘密裏に部隊を編成したのでしょうか…?

筆者は、F-117が、古く、かつ敵対国に情報が漏れている…からこそ、

投入しやすい事が理由であると分析し、F-117の角張った外観は、

80年代のコンピュータで設計された、古いステルス技術に基づいています。

より新しいステルス機であるB-2やF-22、F-35はより洗練された、

コンピュータで設計されており、滑らかな曲線のデザインを実現しています。

また、F-117の技術情報は既に中国やロシアといった、

アメリカの仮想敵国に既に流出していますが…ユーゴ空爆時、

F-117が唯一撃墜された事案において、中露はその残骸を分析する事で、

F -117ステルス技術を入手しているらしいですよ。

スゴい数の宇宙人と地球人が結婚!?

すなわち、F-117は米空軍にとって、仮に撃墜されても、

新たな技術流出の心配の少ない機体であり、より新しいB-2やF-22、F-35といった、

機体を空爆に投入するよりリスクが低い、使い勝手の良い機体なのでしょうね。

故に、あえて古い機体であるF-117で極秘に飛行隊を編成し、実戦に投入していのでは…。

核合意を破棄し、イランに対し経済制裁を含む超強硬な姿勢を取る米トランプ政権…。

仮にイランへの軍事攻撃に踏み切れば、そこにはF-117の姿があるかもしれないですね。

デンバー空港の壁画の謎が解けた!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.