芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

ディズニー蘇生計画!?本当なのか?

投稿日:

sponsoredlink

ディズニー蘇生計画!?本当なのか?

2013年に全米で公開され大ヒットしたディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』しましたね。

その原題が『Frozen(冷凍)』という、なんとも、

シンプル過ぎるタイトルだったことに何か違和感を感じませんか…?

日本では2014年3月に公開され、主題歌の「Let It Go」も大ヒットして、

“アナ雪現象”という言葉さえ生まれたディズニーアニメの、

『アナと雪の女王』になんと“陰謀論”が囁かれているとか…?

この“アナ雪陰謀論”には伏線があり、ディズニーの創業者としてまさに、

“レジェンド”な存在であるウォルト・ディズニー氏は1966年に、

肺がんで亡くなっていますが、彼の死後、不気味な噂が広まっていたのです。

盛大に行われた葬式の棺の中は実は空っぽで、

実際のところウォルト氏は人体冷凍保存されていて、

医学の進歩により将来息を吹き返す日がくるという風説です。

 

 

 

アナ雪陰謀論って…?どんな話?

この不気味な噂がどうして“アナ雪陰謀論”につながるのか?

原題の『Frozen(冷凍)』という、やや拍子抜けするほどの素朴なタイトルにあるのです。

つまり、ウォルトの“冷凍”保存が都市伝説となって以来、

インターネットの検索で興味本位に“disney(ディズニー)”と、

“frozen(冷凍)”でAND検索をするネットユーザーが増えてきたのです。

こうしてネット時代になっても一人歩きしてしまった、

ウォルト・ディズニーの冷凍保存説だが、レジェンドたる創業者の、

イメージの悪化をなんとしてでも回避したいディズニー側が放った、

起死回生のアイディアが、今後大ヒットし、ディズニーアニメ史に残ること、

間違いなしの作品のタイトルを“Frozen”にするという奇想天外の一手であったというのです。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

別の意味でもディズニーの“肝煎り”で製作された『アナと雪の女王』は、

ご存じのように世界中で大ヒットし主題歌の「レリゴー」…、

日本語版「レット・イット・ゴー~ありのままで~」)も、

世界中で口ずさまれるヒットソングとなりました。

そしてディズニー側の目論見も功を奏し現在では、

例えばグーグルで「disney」と「frozen」でAND検索すれば、

検索上位にくるのは軒並み“アナ雪”の話題ばかりですね。

冷凍保存の話題は、まんまと検索下位に押しやられてしまっているのです。

もしも“アナ雪”がウォルト・ディズニーの“名誉挽回”のために製作されたのだとすれば、

驚くばかりですが…実際にその甲斐があったのだとすれば、

この“アナ雪作戦”は実に見事なものといえるしかし、そんなことが本当にあり得るのか?

sponsoredlink

ディズニーは設立から今日まで、徹底した“イメージ戦略”を敷くことで、

今日の繁栄を築いてきたと言いますが、いわゆる、

“キャラクタービジネス”にいち早く着手して、

ミッキーマウスをはじめとする幾多の人気キャラクターを厳重に管理し莫大な収益を得てきたのです。

2019年…女性預言者の重大な予言

このキャラクタービジネスにおいて厳に戒められているのが、

キャラクターとそれに付随するものについてのイメージの低下らしいです。

実はウォルト・ディズニー氏は生涯を通じてのヘビースモーカーで、

生前の彼の姿をとらえた少なくない写真で、右手の指に紙巻タバコが挟まれていました。

 

 

ディズニーキャラに何か起きた場合…MIBが助けてくれる!?

ディズニーランドで撮影されたウォルト氏の写真の中にも、

指にタバコを挟んだ姿があったのだが、そうした写真をディズニー側は、

イメージダウンにつながるとして、写真を加工・修整して、

指から紙巻タバコを取り除く処置を施していたことが後に確かめられています。

映画情報メディアScreen RantのYouTube動画によれば、

初期のディズニーランドの敷地内には特殊任務を任され、

黒スーツに身を包んだMIB(メン・イン・ブラック)のチームが巡回していて、

園内でのディズニーのイメージダウンにつながる出来事に素早く対処して、

来場客の目になるべく触れさせないための徹底した隠蔽が行われていたらしいです。

これってもしかして?!宇宙人との繋がり?1600年前から?!

ディズニーアニメのキャラクターであるグーフィーは、

イベントの中でプールに浮かべたボートの上など水辺に立つことがあるのですが、

もし水に落ちて溺れてしまっても観客の前では着ぐるみを、

脱がすことができないと定められているそうです。

泳ぎの達者な者でも、着ぐるみを着たまま水の中へ落ちれば、

思うように身動きができずにかなりの確率で溺れてしまうでしょうね…。

そして、もし観客の前で救出されて着ぐるみを脱がされれば、

見ていた子どもたちはショックを受けると共に大きな失望を抱き、

イメージダウンに直結してしまう…そうした非常事態が起きた場合、

“MIB”が駆けつけてきて問題のキャラクターをすぐさま、

観客の目の届かないところへ運ぶというのです。

着ぐるみの中に入る者(キャスト)は、あらかじめ、

この条件を知らされて同意のサインをしなければならないとも言われているそうです。

こうした徹底したキャラクターイメージの管理が行われている、

ディズニーワールドだけに、今回の“アナ雪陰謀論”もあながち、

あり得ない話ではないと一部では囁かれているようですね。

因みに“アナ雪”の続編となる『Frozen2』は今年11月22日に全米公開を予定しています。

とすればますます、ウォルト・ディズニー冷凍保存説は風化していくのでしょうか…?

まさかこの“名誉挽回”のアイディアは、すでに蘇生した、

ウォルト・ディズニー氏によるものであったりして…ね…!?

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.