芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

ローマ教皇…宇宙人も洗礼する!?

投稿日:

sponsoredlink

ローマ教皇…宇宙人も洗礼する!?

2014年5月、ローマ・カトリック教会の教皇フランシスコの発言は全世界を震撼させました。

朝のラジオ放送において…地球外知的生命体の存在を示唆して、

すでに彼らを知っているかのように語ったのです。

(以下引用)

想像してください、子どもが描いたような大きな耳と、

鼻を持つ火星人が現われたとして、もし彼らが、

“洗礼”を受けたいと申し出たとしたら、あなたはどうしますか?

神学者は自然科学者の発見を待っています…。

これは、キリスト教会がUFOと地球外生命体の“真実”を握っているがゆえの発言だったのでしょうか…。

 

 

 

軍用サーチライトを使用したら…その先にはなんとUFOが…!?

キリスト教において、もっとも有名なUFO目撃談は、

パプア島の円盤騒動 ギル神父事件で、1959年…、

聖公会(イギリス国教会系)のギル司祭がパプア・ニューギニアで、

UFOを目撃した事件です。これについての最新の言及は、

ASIOS 超常現象の懐疑的調査のための会による、

UFO事件クロニクル(彩図社2017)があります。

同書によれば、著名なUFO学者アレン・ハイネック氏や、

ジャック・ヴァレ氏が、記録に残っているものの中で最も信用できる事例の一つと評価したそうです。

天災やテロなど…予告をしていた作品とは?

カトリック教会でもUFO目撃事件があり、オハイオ州グレゴリー・ミラー神父の報告です。

ケネス・アーノルド事件から2年後の1949年ミラー神父は、

地域福祉のため夏祭りを8月に開催し、夜間照明用として、

軍用サーチライトを使用したところ、照らされた先にUFOが目撃されたのです。

この後、数カ月にわたりUFO目撃が相次いだんです。

2017年7月、米国イエズス会の週刊誌アメリカは、

この事件について再び報じていて…、なぜ今さら報じたのでしょうか…?

教会は、基本的にUFOとE.T.(地球外生命体)の実在に否定的です。

たとえば1966年、カナダのノバスコシア州セントメアリー大学の、

天文学教授M.B.ガフニー神父は、UFOが科学研究に値するか否かで、

アレン・ハイネック氏と論争し、慎重な態度を取るよう諭しているそうです。

だから、2014年の教皇フランシスコの発言には世界が驚いたんです。

実は、この発言と前後してヴァチカン天文台は…、

太陽系外の生命探索に関する会議をアリゾナ大学と共催、

sponsoredlink

さらに、地球外生命体にも洗礼を授けますか?を出版したそうです。

2026年には…氷河期が来るかも…?!

 

 

宇宙人が“洗礼”を望むのか…?そして今後のコンタクトに注目!?

本書によると、ヴァチカンの天文学者である神父たちは、

地球外生命体と、また彼らと接触したという証拠は何一つないと確信して、

仮に地球外知的生命体がいたとして、もし彼らが、

洗礼を受けることを望むならば、当然、授けるであろう…と考えているそうです。

教会として、異星人も、異文化をもつ外国人も論理的には差がないのだとしたら、

すでに異星人に対する洗礼が行われていても、おかしくないのでは…。

ローマ教皇フランシスコの教会改革は、人類を超えた、

驚くべき段階に到達している可能性があるらしいです。

1959年、パプア島の円盤騒動と同じ年、SF作家ジェイムズ・ブリッシュ氏が、

悪魔の星(原題:良心の問題、井上一夫訳、東京創元新社1967)で、

ヒューゴー賞を受賞し、イエズス会神父が人類以外の、

“は虫類型”の知的生命体に出会う物語の作品になっています。

イヌイットがNASAに警告!太陽の位置が…?

また1985年、日本が誇るSF漫画家・星野之宣氏が、

おそらくブリッシュから着想を得た同名作品『悪魔の星』を発表します。

両者とも登場するローマ教皇はかたくなに人間の理解を超えた存在を黙殺しようとしています。

はたして、1959年、パプア島の円盤騒動とブリッシュ、

悪魔の星が同じ年に出たことは偶然の一致なのでしょうか…?

現・教皇フランシスコはイエズス会士であり、UFO研究を行ったナチスの逃亡先の、

南米の出身で、2014年の発言、ヴァチカン天文台の動向…。

これらはバラバラの事実なのでしょうか…?ブリッシュは真相を突き止め、小説として発表したのでは…?

ブリッシュは、教会が100年後には教義を変更すると予測しました。

事実、1960年代には第二ヴァチカン公会議が開かれて、

カトリック教会は大幅な刷新を行い、他宗教との融和路線へと転じたのです。

であるならば、第三、第四、第n次ヴァチカン公会議において、いかなる扉が開かれるのでしょうか…?

今度は、太陽系外へと目を向けて異星人との融和路線へと開かれる日が来るでしょう…。

異星人とのコンタクトを認める日もそう遠くないのではないのでは…。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.