芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アメリカで救急ヘリが見たものとは…

投稿日:

sponsoredlink

アメリカで救急ヘリが見たものとは…

米・ネバダ州を飛行中の救急ヘリがレーダーに映らない…、

謎の飛行物体と遭遇、UFOコミュニティに衝撃が走っているとか…。

UFO探究ブログのUFO Sightings Daily(3月17日付)によると、

遭遇事件が起こったのは今月16日午後9時で、救急ヘリMercy Air 21が、

ラスベガスの15マイル西方を飛行していた際に、

パイロットが“奇妙な物体”を目撃したらしいですね。

暗視ゴーグルを装着していたため、はっきりとその物体を目視できたそうで、その時の管制塔とのやり取りが残されています。

 

 

パイロットと管制塔の一部の会話には…?!

パイロットが、サザンヒルエリアになんらかの物体を確認した。

高度は約7000フィート。ライトらしきものが確認できないので、注意されたし…と。

管制官は…OK。ただ、その空域のレーダーには何も、

映っていないようだが、君が見たというなら…という、返答したそうです。

そしてパイロットが…、暗視ゴーグルでは確認できる…と、

そして、管制官がなんてことだ…というやり取りでした。

ディズニー蘇生計画!?本当なのか?

状況からバルーンということも考えられますが、

世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏によると、

バルーンはレーダーに映るため、その可能性はないそうです。

また夜間にライトを点けていないバルーンが飛んでいるとは考え難いそうです。

しかも何マイルも離れたところから目視できたということは、

かなりの大きさだったということでしょうかね…では、この物体は何なのか?

sponsoredlink

退役したはずのあの戦闘機が…目撃!?

 

 

トールホワイト…って何者?

実はこの区域の近くにあるネリス空軍基地には白人そっくりの宇宙人の、

“トールホワイト”の基地が存在すると言われています。

というのも、ネリス空軍基地に勤務していたチャールズ・ホール氏が、

宇宙人と働いていた…と過去に暴露しているそうですよ。

ホール氏によると、トールホワイトの乗り物はスーパーコイル状の、

光ファイバーのような極めて複雑な構造を有していて、

重力に逆らって空を飛ぶことができるらしいですよ。

2019年…世界崩壊!?まず日本!?

今回のUFOと同一のものかは分からないが、少なくとも、

トールホワイトが宇宙船を所有していることは間違いなさそうですね。

興味深いことに航空情報ニュースThe Drive(3月17日付)によると、

パイロットに直接話を聞くためMercy Airのオペレーション基地に連絡を取ったところ、

パイロットへのいかなるアクセスも禁止されていると告げられたそうです。

その後も繰り返し情報の提供を訴えたそうですが、

関係者らは今回の出来事を口にすることを積極的に避けている様子が窺えるそうです。

この奇妙な沈黙は一体なにを意味しているのでしょうか…?

より怪しさが増すだけに感じるが、やはりネリス空軍基地の、

宇宙人と何らかの関係があるのでしょうか…?

イタリアの空にキリストが復活する!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.