芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

イラク戦争の本当の理由とは…?

投稿日:

sponsoredlink

イラク戦争の本当の理由とは…?

イラク戦争は「スターゲイト」をめぐる戦争だったかもしれない…。

そんな陰謀論が囁かれている。UFOニュースAlien UFO Sightings.com(日付不明)によると、

イラクにはスターゲイトと呼ばれる、瞬間時空トラベル装置(マイケル・サラ博士)が存在するという。

簡単に言ってしまえばタイムマシーンだ。驚いたことに、

その存在が明らかになったのは1920年代とかなり昔のことで、

30年代には各国政府にまで知れ渡り、戦争まで勃発していたという。

たとえば、オルタナティブニュースのThe UFO Insight(2017年4月23日付)によると、

第二次世界大戦中の1941年に起こったアングロ・イラク戦争も、

表向きはドイツ・イタリアと手を組んだイラクにイギリスが侵攻したとされていますが、

実はイギリスがスターゲイト欲しさに起こした戦争だったらしいです。

 

 

 

シュメール人とかかわりがある土地…イラク

そして、2003年に勃発したイラク戦争も、米国がイラクのスターゲイトを、

窃取するために引き起こされたとのことらしく、確かに、

当時ブッシュ大統領はイラクに大量破壊兵器がある事を戦争の理由に掲げていましたが、

今となってはアメリカの詭弁だったことが分かっています。

すると、ブッシュ元大統領の本当の狙いはイラクのスターゲイトにあったのでは…?

多数の目撃者、アラスカ上空に… UFOか!?

そもそも、なぜイラクにスターゲイトがあるのでしょうか…?

それはイラクが宇宙人と関わりの深いシュメール人の土地だからでしょうか…。

シュメール文明は紀元前5000年頃に興った最古の都市文明とされ、

楔形文字や暦など当時としては考えられないほど高度な技術と知識を有していましたが、

シュメール神話によると彼らのそうした知恵を授けたのは、

“アヌンナキ”と呼ばれる神々で…そして、彼らは、

約40万年前にアフリカで金を採掘するため太陽系第10惑星の、

ニビルから地球にやってきた宇宙人だとされているのです。

sponsoredlink

彼らアヌンナキであればスターゲイトを作ることもできた事でしょう…。

地球で採掘した金を母星まで送るにはうってつけの装置ですから…。

スターゲイトの所在地は、紀元前21世紀頃に建設された、

エ・テメン・ニグル(通称:ウルのジッグラト)だと言われています。

米軍UFOファイルを読んだ人がいる?!

 

当時では考えられない規模の建築物…エ・テメン・ニグル

長さ64m、幅46m、高さ30mという当時では考えられない規模の建築物ですね。

この中にスターゲイトが鎮座していると噂されているが、

サダム・フセイン治世に“最下層のファサードと階段”の部分的な改築工事が行われていることから、

すでにフセインがどこかに持ち去ってしまっているとも言われています。

というのも、エ・テメン・ニグルは3層から成りますが、

紀元前21世紀に建築されたのは最下層だけであり、

2層、3層は後世に建築されたものだからです。

一方、すでにアメリカが入手している可能性もあるとか…。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

というのも、今年その存在が暴露された極秘プログラムの、

先進的航空脅威識別プログラムの研究項目一覧に、

横断可能なワームホールとスターゲイトという項目があったからです。

米国はイラクのスターゲイトのリバースエンジニアリング(逆行解析)を行っているのかもしれません。

イラクのスターゲイトは“噂”に過ぎないけどシュメール神話に宇宙人が登場する事実、

フセインがエ・テメン・ニグルの最下層を改築した事実、

イラク戦争開始の理由が嘘だった事実、アメリカが、

スターゲイトの研究を行っている事実を結び合わせると、

不思議と話の辻褄が合うのですが…、信じるか信じないかは…。

米軍がUFOを拘束したらしい…!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.