芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

2029年4月…地球消滅!?

投稿日:

sponsoredlink

2029年4月…地球消滅!?

2029年4月13日(金)が人類滅亡の日になるかもしれないです…。

英紙Express(4月10日付)によると、福音主義の司祭ポール・ベグリー氏が、

2004年6月に発見された小惑星アポフィス(直径310m~340m、質量7200万t)が、その日に地球に衝突すると語ったとか…。

皆さん落ち着いて下さい。ディープインパクトに臨む準備はできていますか?

聖書の預言が実現する覚悟できていますか?などと…、言ったそうです。

そして、巨大な、巨大な小惑星が地球に向かっています。

事実、地球に真っ直ぐ向かっているのです。そして2029年4月13日、

地球はディープインパクトに見舞われます。…と。

 

 

 

ヨハネの黙示録の第8章の通りになってしまうのか?

ペグリー氏がそう確信する根拠は、ヨハネの黙示録の一節にあるそうです。

おそらく、第8章の記述のことだと思われます。

第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、

地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、

木の三分の一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

サクラダ・ファミリアの謎とフリーメイソン

第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている、

大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一は血となり、

第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、

たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。

そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた。

どれも空から降ってくる“何か”を指し示しています。

その被害の大きさや状況から隕石の衝突を指し示していると言えるでしょう。

アポフィスの存在はニューヨーク市立大学教授で未来学者のミチオ・カク博士も警鐘を鳴らしています。

sponsoredlink

アポフィスは『国潰し(country buster)』クラスの小惑星です。

炎の嵐、衝撃波、燃え上がるデブリの雨を降らし、

フランスやアメリカ北東部ほどの範囲を完全に破壊するでしょうね…。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

 

 

 

 

隕石のエネルギーは広島型原爆の10万倍で、なんと1000年に一度とか…

衝撃のエネルギーはざっと広島型原爆の10万倍です。

もし、大西洋に落ちたとしたら、巨大な津波を引き起こし、

アメリカやアジアの沿岸部が完全に飲み込まれます。

アポフィス規模の惑星衝突は、1000年に1度起こると計算されています。

アポフィスが地球に衝突するようなことがあれば、

ベグリー氏が危惧する預言通り、壊滅的な被害がもたらされることは必至です。

科学者らは2029年4月13日にアポフィスが地球に衝突する確率は、

ほぼないと試算しているそうだが、軌道を大きく、

変更する可能性も指摘されており予断を許さないとか…。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

また、映画『ディープ・インパクト』のように各国政府は、

すでにアポフィスが地球との衝突軌道にあることを知りながら、

パニックを避けるために公表を差し控えている可能性もあるでしょう…。

もし映画のように事が進むとしたら、一部の政府関係者、科学者、

芸術家だけが大規模シェルターで生き延び、大多数の人々は切り捨てられる…!?

10年後の話とは思わず、いまから心の準備だけはしておいた方がいいかも…。

悪魔狩りをするはずが…狩られる祓魔師!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.