芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

クローン人間…あの国が最先端!?

投稿日:

sponsoredlink

クローン人間…あの国が最先端!?

アニメ『ルパン三世』の原作者である漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)氏が、

4月11日に肺炎のため81歳で亡くなり…ルパン三世は1971年に、

最初のシリーズがテレビ放送されて以来シリーズを重ねています。

毎年のようにテレビスペシャルや劇場版が制作される日本でも指折りの人気アニメです。

ルパン三世シリーズを放映し続けている日本テレビ系列では、

この訃報を受けて、4月19日夜9時の金曜ロードショーで、

劇場版第1作のルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年公開)を急遽放映します。

さて、このルパン三世 ルパンVS複製人間という作品では、

そのサブタイトルが示す通り、クローニング技術が物語の中で重要な役割を担います。

作品が公開された1978年から40年以上が過ぎた今…、

現実はどのくらいこの物語に近づいたのか?今回は、

クローニング技術にまつわる興味深いトピックをいくつか話しています。

 

 

 

あの人やこの人も…クローン人間!?

公には人間のクローニングは未だ成功していないとされています。

しかし、世界のセレブの中にはクローン人間であると疑われる人物もいます。

その一人がメラニア・トランプで、言わずと知れた米トランプ大統領夫人です。

昨年6月、メラニア夫人のクローン疑惑が一部欧米メディアで報じられています。

顔立ちが以前と変わったというのがクローン説が囁かれる理由ですが、

不仲を隠すためや生命の危機を避けるためにクローンを影武者にしているという可能性もあるとか…。

2039年…人類は究極の進化をする?!

他には、自分が工場から逃げたクローンだと話す人もいます。

カナダ出身の人気ラッパーKidBuu(キッド・ブー)は、

自分がクローンエイド社の工場で極秘裏に作られたクローン人間だと主張しています。

ご存じの通り、日本はもちろん多くの国でクローン人間の研究は厳しく制限されています。

しかし…なんと北朝鮮でクローン人間の研究が進むられているというウワサが存在します。

sponsoredlink

しかも今では世界をリードするほどの技術力を持っているというから驚きです。

ある情報筋によると、金正恩はクローン人間の作成という夢にとり憑かれていて、

自分のクローンを作り出して永遠の生を実現させようとしているとか…。

そして、祖父の金日成や父の金正日をクローンで蘇らせて、

自国の力を民衆や他国にアピールしたいのだそうです。

すでにクローン兵士を開発しているとの情報もあります。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

 

 

皆さんご存知のあの動物までが…!?

この噂を北朝鮮当局は否定していますが、あの国ならもしかすると…、

という不気味さがあるのは否めないですよね。

科学界でクローンの研究が進んでいる分野の一つに古代生物学が挙げられるでしょう。

映画『ジュラシックパーク』のように、絶滅した過去の生物を再びこの地球上に再現しようという試みです。

今最も実現に近づいているとされるのが、あるマンモスの復活です。

ハーバード大学の生命科学者ジョージ・チャーチ教授は、

シベリアで発見されたケナガマンモスのミイラから体細胞を取り出して、

それを基に胚を作製、アジアゾウに産ませるというプロジェクトを進めているそうです。

都市伝説 ホピ族が予言する未来とは…?!

シベリアの永久凍土からはマンモスの他にも絶滅した生物の、

ミイラが多数発見されており、つい先日も42000年前の子馬のミイラから、

液状の血液が採取されたというニュースが飛び込んできたばかりですよね。

近いうち、我々は蘇った古代の生物たちを目にするかもしれないですね。

クローニング技術やクローン人間存在の噂は今も我々の興味を引いてやまない…。

40年前にこのようなテーマを取り上げて、今なお通用する、

エンターテインメントに仕上がっている、ルパン三世のルパンVS複製人間は、

モンキー・パンチ氏の追悼としてふさわしい作品でしょうね…。

宇宙人と地球人の共同作業で人を救う?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.